デリケートゾーンのかゆみの悩み。なぜかゆみがするのか?その原因は。

かゆみの原因
かゆみの原因

デリケートゾーンのかゆみってなかなか人には言えない悩みのひとつです。このサイトではデリケートゾーンのかゆみの原因に関して説明しています。

デリケートゾーンのかゆみの原因を説明

デリケートゾーンのかゆみの悩み

デリケートゾーンがかゆい!

そのかゆみの原因には幾つか有り大きく2つに大別されます。

デリケートゾーンのかゆみ原因の一つ目は『感染症』によるものです。感染症には性的接触による感染の「性感染症(STD)」も含まれます。

デリケートゾーンの粘膜は弱く、細菌などが入り込みやすいのです。また高温で多湿になりやすく、皮脂や汚れがたまりやすいので、細菌などが非常に繁殖し易い環境といえます。

なので性行為などですでになんらかの感染症を持っている相手の粘膜と接触したりすると、感染症を発祥するリスクが非常に高い部位なのです。

デリケートゾーンにかゆみを引き起こす感染症には、「膣トリコモナス症」「性器カンジダ症」「性器ヘルペス」「性器クラミジア」「いんきんたむし」「毛ジラミ症」 等があげられます。

もうひとつデリケートゾーンにかゆみが生じてしまう原因としては『かぶれ』があります。

かぶれは、「接触皮膚炎」と呼ばれており、外部からの刺激によってデリケートゾーンの粘膜などが炎症を起こした状態です。

皮膚組織の一番外側の『表皮』のバリア機能でも防ぎきれない刺激があると、デリケートゾーンにかぶれが生じます。原因となる刺激は、「皮脂」「汗」「温熱」「乾燥」などが原因となり、「アレルギー体質」の場合も含まれます。

生理中のナプキンやタンポンのヒモなどによる接触や、経血による蒸れ、尿の拭き残しやおりもの、下着など肌に触れる繊維が合わないなどもかぶれの原因になります。

特に生理の際、デリケートゾーンがムレやすく敏感になっています。 生理中はこまめにナプキンを取り替え、デリケートゾーンの清潔を保つように心がければ、 かゆみは軽減されます。

デリケートゾーンを清潔に保つことは大切ですが、一般的な石鹸やボディーソープで洗うのは厳禁です。腟内にはデーデルライン桿菌(乳酸菌)がおり、普段は雑菌が入ってきても排除してくれますが、石鹸がデリケートゾーンの酸性を弱め、殺菌作用を弱くしてしまいます。ですのでかゆみ止め対策としては、デリケートゾーンを洗うときは、専用のソープを使うのがおすすめです

性交渉により以前より明らかにかゆみが生じていたり、デリケートゾーンや周辺から膿(うみ)が出ているなどの場合は、なんらかの性病に感染している可能性があるので早急に産婦人科の受診をした方がよいでしょう。

性交渉ではなくても風邪をひいたり寝不足などで免疫力が落ちた状態ではカンジダなどの感染もときどき起きます。

この場合皮膚科か産婦人科か迷う女性がいるようですが、まずは産婦人科で診てもらうという選択で大丈夫です。

市販の医薬品でかゆみを止めるというものもありますが、逆に悪化してよくないという話もよく聞きますので、「かゆみがガマンできないのが長引く」「かゆみの度合いがこれまでと違う」など感じるようでしたら、早めに受診した方がよいです。

 

タイトルとURLをコピーしました