デリケートゾーンの黒ずみを治す市販の安い商品はおススメできない件

黒ずみ解決

デリケートゾーンの黒ずみを治す市販の安い商品はおススメできない

デリケートゾーン黒ずみを治す市販安い石鹸やクリームはなぜおススメできないのかということに関して説明したいと思います。

 

デリケートゾーンの黒ずみ解消石鹸はほとんど効果なし

黒ずみ対策石鹸は効果なし

 

デリケートゾーンの黒ずみを治したくて石鹸やクリームなどで何が効果があるのか探しているあなたに教えてあげます。

 

しっかりこのページに書いてある内容を頭に叩き込んでください。

 

まずそういうことに詳しくない人が陥りがちなのが、

 

黒ずみ対策石鹸を選んでしまうということ。

 

このサイトでは再三にわたって石鹸は効果が無いという話をしていますが、それらの記事をまだ読んだことが無いというのであれば、是非読んでおいて欲しいと思います。

 

【決定版】デリケートゾーンや乳首の黒ずみ対策はクリームと石鹸どっちがいい?
デリケートゾーンや乳首の黒ずみ対策でクリームと石鹸のどっちがいいか迷っている人が多いですね。このページを読めばデリケートゾーンや乳首の黒ずみ対策に石鹸にはほとんど効果が無いことが分かります。ではクリームが良いのか?というと、、、、???

 

黒ずみ対策石鹸は大体が2千円以下と値段も安く、どういう物を買えばよいのか分からない人がまず最初に試してみようとするアイテムです。

 

上の記事で説明している通り、黒ずみ対策石鹸は皮脂汚れや角質の汚れを落とすだけなので、黒ずみの根本的原因の「メラニン」に対しては全く効果がありません

 

ウソだと思ったらまずは楽天の購入者レビューをよく見て判断してみてください。

 

黒ずみ解消と説明があり、2800件もの購入者レビューがある石鹸です。

 

 

「黒ずみ解消」といかにもこの石鹸を使えば黒ずみが治るかのような説明がありますが、購入者レビューを見ると、ほとんどの人が匂いが気にならなくなったという話ばかりです。

 

値段も1,650円 (税込)とお手頃なので、これで黒ずみ解消するならと飛びついてもほとんど黒ずみは解消されないでしょう。

 

ただ、臭いに関しては高評価なので、デリケートゾーンの臭いに悩んでいるなら1,650円 (税込)を払っても良いと思います。

 

黒ずみに関しては( ,,`・ω・´)ンンン?

 

 

ハイドロキノンなら効果があるのではないか?⇒市販は効果薄い

万能クリーム

 

デリケートゾーンの黒ずみを治したいので「ハイドロキノン」配合のクリームを探す人も多いです。

 

この「ハイドロキノン」配合の市販のクリームに関しては、こちらの記事

 

デリケートゾーンの黒ずみを治すのにオバジHQは絶対おすすめできない理由
デリケートゾーンの黒ずみを治すのにオバジHQは絶対おすすめできない理由を説明しています。 ヘタに使うとかぶれやヒリヒリ感、赤みといった副作用を起こす可能性だってありますよ。

 

で話していますが、ちょっと補足的な話をすると、ハイドロキノンはメラニン色素の合成に関わる酵素のメラノサイトの活性を抑制する作用、メラニンの産生細胞自体を減少させる作用もあります。

 

ですが、市販のハイドロキノン配合の割合は2%まで。

 

それ以上になると医薬品の扱いになり、医師による処方が必要になります。

 

ちなみに他の成分が合成された「安定型ハイドロキノン」配合10%という高濃度のクリームも市販されていますが、

 

純ハイドロキノン⇒美白効果が高い

安定型ハイドロキノン⇒効果がやや弱い

 

なので、結局は純ハイドロキノンの方が効果が高いのですが、市販できるのは2%まで。

純ハイドロキノンで高濃度で効果を求める場合は皮膚科に行った方が良いということです。

 

結局安いハイドロキノン配合のクリームは2%以下の配合なので美白効果は薄いでしょう。

それとハイドロキノンは非常に取り扱いが難しく、下手をすると逆効果で白くぬけてしまう現象(白斑)が発生したり、赤みや皮むけといった副作用が出やすいので当サイトでは値段が高かろうが安かろうがハイドロキノン配合の市販品は一切おススメしていません。

 

結局医薬部外品を選ぶのが無難になりますが、、、、

医薬部外品

私はこれまで数々のデリケートゾーンの黒ずみケア用クリームなどの口コミを見てきましたが、2千円~3千円台の安物ではイマイチ反応が悪い印象があります。

 

私自身はそんなに黒ずみには悩んでいないので、試そうにも効果のほどが分からないですが、数々の口コミの反応が良いのはやはり4千円台以降の商品ですね。

 

結局医薬部外品でトラネキサム酸やアルブチンといった有用成分を高配合するほど値段も上がりがちということになります。

 

安いクリームなどはそういった有用成分の配合率が低いので、結果的に効果が薄いと思ってよいでしょう。

 

1番効果が高いのが美容整形外科や美容皮膚科によるインティマレーザーによる治療ですが、

 

デリケートゾーンの黒ずみを美容整形外科で治すには?
デリケートゾーンの黒ずみを解決するためにはいろいろな方法がありますが、その中でもほぼ確実に黒ずみが改善できる美容整形外科の黒ずみ対策の治療方法に関して紹介しています。

 

の記事でも書いたように、1回3万円以上は覚悟した方がいでしょう。

 

中高生にはちょっと厳しい値段ですね。

 

次も美容整形外科や美容皮膚科のピンクインティメイトシステムによる美白治療。

 

こちらはクリニックにもよりますが、1回1万円~というのが相場です。

 

次に効果が見込めるのが、上で説明したハイドロキノンですが、市販の濃度が薄いものではなく、医師が処方した高濃度のものでないと効果は期待できません。(診療代と処方代合わせて4千円程度)

 

それで次に効果が見込めるのが、市販の医薬部外品です。

 

といっても2~3千円台の安物ではなく、少なくとも4千円台以上は覚悟した方が良いでしょう。

 

効果を選ぶのか、安いというだけの代物を選ぶのか?

 

当サイトで医薬部外品の黒ずみ改善クリームなどを色々調べたところ、アルブチンを配合しているのはイビサセラムPROだけでした。

 

こちらは9千円以上もするので、安い商品を探している人にはおすすめできませんが、口コミを見る限りではやはり効果を感じている人が多かったです。

 

色々な医薬部外品の成分、値段を調べた一覧表は以下の記事を参照してください。

 

デリケートゾーンや乳首の黒ずみ解決商品紹介
デリケートゾーンや乳首の黒ずみの解決商品の中でも効果があると口コミが多い商品はどれなのか?調べました。

 

タイトルとURLをコピーしました