Twitterはこちら⇒@Blackeningcare

お問い合わせ⇒運営情報&フォーム

Twitterはこちら⇒@Blackeningcare お問い合わせ⇒運営情報&フォーム

ピンクインティメイト(ピンクインティメント)の効果の口コミは?

黒ずみの悩み解決方法 悩み解決方法

ピンクインティメイト(ピンクインティメント)

美容整形外科や皮膚科で施術や購入ができる「ピンクインティメイトピンクインティメント)」に関して、実際に黒ずみ改善効果があるのか?口コミ情報があるブログは?副作用は?などを『クロズミケア』が調べました。

購入に関しては価格は?楽天で買えるのか?東京ならどこで入手できる?といった情報もあります。

 

結論:ピンクインティメイトには黒ずみ解消効果はある

ワンポイント

結論から先に話すと、ピンクインティメイトを実際に試した人のブログの口コミでは「黒ずみ解消効果を感じている」と言えます。

しかし実際にピンクインティメイトを試した人たちの口コミ情報というのはかなり少ないです。

恐らく普通に市販されているものではなく、美容整形外科や皮膚科でしか手に入らないため、使用している人の数が極端に少ないからと判断します。

後ほど実際に使っている人たちのブログの紹介をしますが、黒ずみ解消効果があるとはいえ使用上注意した方が良い情報もあるのでじっくりご覧になってください。

 

500件の口コミをもとにした黒ずみケアクリームランキングはここ>>>黒ずみクリームランキングTOP3

「ピンクインティメイト」の口コミを知る前に正式名称はどっちが正しい?

「ピンクインティメイト(ピンクインティメント)」パッケージ写真

まず「ピンクインティメト」という表記と「ピンクインティメト」という表記に関して、どちらが正しいのかというと、

PINK INTIMATE

とパッケージには書かれており、N⇒ンの要素は無いので、「ピンクインティメト」の方が正しい呼び方、表記になります。

当記事では「ピンクインティメイト(ピンクインティメント)」という表記にさせていただきます。

ピンクインティメイト(ピンクインティメント)システムの効果・口コミが分かるブログ

Vラインの黒ずみをレーザーで治す

 

「ピンクインティメイト ブログ」や「ピンクインティメント ブログ」と検索される人が結構多いようですが、検索結果に表示されるブログは『クロズミケア』調べでは2つしか見当たりませんでした。

 

 

他は全て美容整形外科や皮膚科の商品紹介のブログか、企業タイアップ?された女性誌のブログしかしかありませんでした。

それでは実際に使った人の生の声がわからないので、特にアメーバブログの方に27件の口コミがあった内容をまとめました。

ピンクインティメイトに効果はある?ない?

「ピンクインティメイト(ピンクインティメント)」アメーバブログ

アメーバブログでは「#ピンクインティメイト」で27件の記事があったので全て確認しました。

ですが、中には「ピンクインティメイト(ピンクインティメント)」とはほとんど関係のないグルメ情報記事や、こちらでもクリニックの商品紹介の記事も何記事かありました。

スペースの都合上全てを紹介することはできないので、効果のあるなしや注意点などをかいつまんでピックアップしました。

効果を感じている口コミ

  • 塗ったそばから少し色素が薄くなる
  • 2回目でかなり美白されてビックリ
  • 皮がむけたところは、確実にクスミがない
  • くすみが抜けて色素がピンクに近い。皮がはがれなくても効果は目に見えて分かる
  • やはり、Iラインが1番反応する
  • 問い合わせの結果、皮がはがれなくても美白効果ある
  • 2回目は1回目より更に黒ずみがはがれてびっくり

回数に関する記述(1瓶3mlあたり)

  • VIOとバストトップ、ワキに3回ずつ塗れた
  • 伸びの良いテクスチャーで3回塗布できた
  • 朝晩やって、計4回くらいで液がなくなる感じ
ケアに関する記述
  • 皮がはがれやすいので保湿目的でデリケートゾーンの保湿ジェルを使っている
  • デリケートゾーンは部位的に皮がはがれやすいけどはがれた場合、保湿をしっかりすれば問題ない
  • 今はワセリンで保湿している(参照:ワセリンによる保湿ケアに関する記事

 

皮むけに関する記述

  • 2回目が終わり、Iラインだけ少し皮むけ
  • 前回はVIOのIラインしか皮むけはしなかった
  • 3日目、Iラインが皮むけはじめる
  • 4、5日目くらいにIライン の部分はポロポロと剥けた
  • 翌日~乾燥して少しずつ剥がれる
  • 昨日2回やったのでなんとなくVIOは、ゴワゴワしてきた

副作用?に関する記述

  • ヒリヒリが凄くてちょっと間を空けてみた
  • 私のデリケートゾーンって、ホントにデリケートだったらしく、痛ってぇぇ
  • 我慢出来なくて秒で拭き取りました。
  • 私には刺激が強かったので少し間を空けて2回目をチャレンジしようと思います

 

500件の口コミをもとにしたメラニンケアクリームランキングはここ>>>黒ずみクリームランキングTOP3

ピンクインティメイト(ピンクインティメント)システムの効果・口コミ【まとめ】

ワンポイント

後ほど「ピンクインティメイト(ピンクインティメント)」のスペック詳細、使い方などは説明しますが、口コミの内容からわかるのは、「皮むけ」が起こる人「皮むけ」が起こりやすい部位があるということ。

口コミの内容を見ていると「皮むけ=黒ずみが取れる」ということを前提条件のように感じている人が多いようです。(皮むけは必ずしも想定されている仕様ではありません)

「ピンクインティメイト(ピンクインティメント)」効果の口コミ【まとめ】

  • 3日前後で皮がむける可能性がある(Iラインの皮むけが多い)
  • 1~2回で黒ずみ改善効果を感じやすい
  • 1瓶あたりVIOとバストトップ、ワキに3回ずつくらい塗れる
  • 塗った後にワセリンなどで保湿はした方が良い
  • 刺激が強くヒリヒリを感じる場合がある

 

アメブロでは「#ピンクインティメイト」で27件のブログ記事が検索結果に出ていましたが、実際に使った感想が述べられていたのはせいぜい5~6名の口コミだったので、全く鵜呑みにしてしまうのは注意が必要。

あくまでも参考程度にとどめておいた方が良いでしょう。

口コミ件数が圧倒的に少ないですが、「使ったけど効果を感じない」という人はいませんでした。

そもそもピンクインティメイト(ピンクインティメント)とは?

ピンクインティメイト(ピンクインティメント)

このページに来られたのはあくまでも効果や口コミを知りたい人だと思いますが、一応ピンクインティメイト(ピンクインティメント)に関して成分や使い方なども紹介します。

ピンクインティメイトの成分は?

ピンクインティメイト(ピンクインティメント)は主にこれら4つの成分で構成されています。

読むのが面倒なら太字の部分だけでも参考にしてもらえばと思います。

コウジ酸:黒ずみを解消する成分

メラニン生合成の段階で、チロシンというアミノ酸がチロシナーゼという活性酵素によって変化し、最終的に黒化メラニンになりますが、コウジ酸はチロシナーゼを阻害することでメラニン生合成抑制と、TRP-2という活性酵素を抑制することでメラニンの色素沈着を防止する効果があります。(参考サイト:化粧品成分オンライン

クロロ酢酸:ピーリング作用のある成分。肌の活力アップ

皮膚を薬剤で処理して再生させるケミカルピーリングの薬剤として、美容整形(皺消し)、イボ(疣贅)や尖圭コンジローマの除去などに、モノクロロ酢酸同様に用いられる。(出典:Wikipediaトリクロロ酢酸より一部抜粋

ビサボロール:皮膚の柔軟作用

キク科植物カモミールに含まれ、抗炎症作用、製品自体の抗菌・防腐作用があり、ボディ&スキンケア化粧品などに使われる。(参考サイト:化粧品成分オンライン

バイオ刺激因子:皮膚再生プロセスの再活性化

バイオ刺激因子という単語では情報が出てきませんでしたが、おそらくは、「顆粒球コロニー刺激因子」の説明が最も多かったので、それを指すのだと思われます。ただしその説明内容は素人では難解でした。一応引用分を貼り付けておきます。

顆粒球コロニー刺激因子(Granulocyte-Colony Stimulating Factor:G-CSF)
顆粒球コロニー刺激因子(G-CSF)は、主にマクロファージより分泌され、GM-CSFの作用を経て分化がより顆粒球系に方向付けられた前駆細胞を標的とするサイトカインである。もっとも、GM-CSFおよびG-CSFの標的細胞を一連の血球分化過程において明確に区分できるか、またそれが妥当であるかの判断には、なお今後の研究に待つところが大きい。いずれにしても、感染症時の白血球増加、癌化学療法後あるいは再生不良性貧血時の白血球減少などの病態下におけるこれらCSFの変動を追跡することは、生体の造血機構の解明に有用であり、CSFの治療薬としての可能性にも的確な理解を与える一助となると思われる。(出典:LSIメディエンス

500件の口コミをもとにしたメラニンケアクリームランキングはこちら>>>黒ずみクリームランキングTOP3

ピンクインティメイト(ピンクインティメント)の使い方

ここではピンクインティメイト(ピンクインティメント)の使い方を説明します。

 

  1. 黒ずみが気になる部位に塗布し、揉み込むようにして浸透させます。
  2. 2~3分間放置します。
  3. 水で湿らせたコットンで余分な薬液を拭き取ったあと、乾いたティッシュなどで軽く拭きます。
  4. 皮膚の状態に応じて2~3回以上、塗布を繰り返します。
  5. 鎮静および保湿作用のあるクリームで皮膚を保護します。
  6. 週に1回の塗布を4~5回行います。

(参考サイト:聖心美容クリニック(サイト内検索でピンクインティメイトで探すと確認できます)

 

ピンクインティメイト使用箇所

ピンクインティメイト(ピンクインティメント)が使用できる部位は以下。

恥丘大陰唇肛門周辺鼠径部乳首乳輪ワキひざくるぶし

 

ちなみに粘膜への使用は禁止となっているので、小陰唇には使えません

乳首、乳輪も粘膜の一種に該当しますが、使っても良いことになっています。

ただし口コミであったように皮むけや、刺激の強さを感じる人もいるので、使用の際は要注意し、医師の指導のもと使ってください。

 

副作用(リスク)

ピンクインティメイト(ピンクインティメント)の副作用(リスク)として美容整形外科、皮膚科のサイトを色々確認し、説明があったのは以下。

発赤灼熱感かゆみピリピリ乾燥色素脱失など

口コミでは皮むけすることが前提のような使われ方をしていましたが、そもそものコンセプトでは、

「痛みや負担がなく、腫れや皮むけなどのダウンタイムもない」

という設計がされているシステムです。

 

皮むけ黒ずみが改善されている

と勝手な素人判断は危険。

使用する場合は必ず医師の管理のもと使用してください。

使用上の注意

ピンクインティメイト(ピンクインティメント)を処方してくれるクリニックに使用上の注意説明があったので、引用します。

  • 塗布前の数日間は、剃毛またはワックス脱毛を行わないでください。
  • 粘膜に塗布すると、しみるような痛みが出ることがありますので、粘膜へのご使用は避けてください。
  • 薬剤は開封後48時間以内に使い切ってください。
  • 目に入らないようご注意ください。
  • 万が一目に入ってしまった場合は、すぐに大量の水で洗い流してください。
  • 湿気のない冷暗所に保管してください。
  • 飲み込まないでください。
  • 子どもの手の届かないところに保管してください。
  • 前回の診察から半年以上経過している場合は、改めて診察が必要となります

(参考サイト:聖心美容クリニック(サイト内検索でピンクインティメイトで探すと確認できます)

 

Q&A

ピンクインティメイト(ピンクインティメント)に関するQ&Aを美容整形外科や皮膚科で説明されている情報でまとめました。

過度に肌が白くなる(白抜け)することはある?

メラニンの生成自体を完全に止めることはないのでそこまでの心配はない。

1回でも効果を実感できる?

1週間に1回のペースで、3~5回が推奨されている。個人差はあるが、1回でも効果を感じる人もいる。

塗布した後にはどのようなクリームを使用すれば良い?

保湿作用・抗炎症(鎮静)作用のあるクリームが推奨されている。

痛み・ダウンタイムはある?

まれにピリピリ感や赤みを伴うことがあるが、一時的であり数分で治まる。腫れや皮剥けなどのダウンタイムもない。

 

一番下の「痛み・ダウンタイムはある?」の質問に対し、皮剥けのダウンタイムは無いという説明なので、やはり口コミ内容にあったような皮むけに関しては注意するべきでしょう。

皮がむけることが必ずしも黒ずみが改善されている兆候ではないということを覚えておく必要があります。

ピンクインティメイト(ピンクインティメント)はハイドロキノンを使ってる?

「ピンクインティメイト(ピンクインティメント) ハイドロキノン」と検索されることが多いのですが、その検索意図がいくつか考えられるので、おそらくこういうことを知りたいのだろうという想定で説明します。

ピンクインティメイト(ピンクインティメント)にハイドロキノンは配合されてる?

上の成分の項目で説明したとおり、ハイドロキノンは配合されていません。

ピンクインティメイト(ピンクインティメント)の成分は以下の4つ。

  • クロロ酢酸 ・・・・ ピーリング作用
  • コウジ酸 ・・・・・ 美白効果があり、黒ずみを改善
  • バイオ刺激因子 ・・ 皮膚再生を活性化
  • ビサボロール ・・・ 皮膚を柔らかくする作用

ピンクインティメイト(ピンクインティメント)とハイドロキノンの併用療法はOK?

美容整形外科や皮膚科のウェブサイトをいくつか確認しましたが、ピンクインティメイト(ピンクインティメント)と、ハイドロキノンを併用して使うという療法はありませんでした。

美容整形外科や皮膚科での療法ではピンクインティメイト(ピンクインティメント)を単体で使うか、ハイドロキノンを使う場合はトレチノインを併用して使う療法が多いです。

もしもあなた自身の判断でハイドロキノンとピンクインティメイトを併用しようかと考えているのなら絶対やめた方が良いでしょう。
併用して使いたい場合は必ずお医者さんに相談の上使用してください。

市販のハイドロキノン配合クリームを素人判断で使うととんでもないことになる記事はこちら⇒海外製Iラインの黒ずみクリームの危険性

500件の口コミをもとにしたメラニンケアクリームランキングはここ>>>黒ずみクリームランキングTOP3

ピンクインティメイト(ピンクインティメント)の購入価格は?

お金

ピンクインティメイト(ピンクインティメント)は1瓶に3ml入っています。

価格に関しては美容整形外科や皮膚科によっても違います。

クリニック内で施術してもらう場合と、自宅に持ち帰ってセルフで行う場合、その際のカウンセリング料金がかかるパターンと無料相談のパターンがあります。

病院で施術してもらう場合は部位の数によっても料金が違うのや、1回分の価格と、4回や5回セットになった価格などもあります。

以下の料金はあくまでも目安として捉えてください。

 

回数ごとに価格が違うパターン
回数ごと1回5回
病院で施術10,000~20,000円40,000円~
自宅セルフケア10,000~15,000円50,000円~

 

部位ごとに価格が違うパターン
部位ごと2部位3部位4部位5部位6部位
病院で施術11,000円~15,000円~20,000円~25,000円~29,000円~

 

ピンクインティメイト(ピンクインティメント)自体の1瓶あたり最低価格は10,000円が相場と思えば良いでしょう。

そこに美容整形外科や皮膚科の診療代が上乗せされたり、カウンセリング料の有無などによって1瓶10,000~20,000円という価格になります。

 

ピンクインティメイトは楽天で買える?

楽天ロゴ

ピンクインティメイト(ピンクインティメント)を楽天で探しましたが販売されていませんでした。

ここまでに何度も説明したように、使用の際は医師の判断のもと使う方が良いので、海外から直接取り寄せて使うとか、海外輸入サイトからの購入などはやめましょう。

過去に何度か美容整形外科や皮膚科で施術を受けたり、医師の指導のもと自宅セルフケアで使った経験があるなら海外から取り寄せて使うのもアリかもしれません。

ヤフオクやメルカリで買える?

ヤフオク

アメーバブログの記事ではヤフオクで購入しているという情報がありました。

ただしこの情報は過去に何度か使ったことがある人の情報です。

これも上で説明したとおり、過去に医師の指導のもと使ったことがある場合のみアリかもしれませんが、初心者はあまりおススメは出来ません。

ヤフオクやメルカリは個人間取引になるので、正規品かどうかも怪しいです。

そもそも日本国内においては美容整形外科や皮膚科などの病院でしか購入できないものです。

安さに目がくらんでヤフオクやメルカリで購入して、正規品ではないものを買わされたり、皮膚トラブルが起こった際のアフターケアをどうするかを考えた場合、リスクが大きいことを認識する必要があるでしょう。

海外製のクリームを個人判断で使って皮膚トラブルに遭う若者が急増している記事も参考にしてみてください。

【恐怖でしかない】海外製の黒ずみケアクリームの危険性【閲覧注意】
デリケートゾーンや乳首、ワキの黒ずみを治そうとして海外製の黒ずみクリームを使うのって実はかなりヤバいんですよ。知ってました?『クロズミケア』では海外製の黒ずみケアクリームを使うと何が恐ろしいのかを説明します。

 

ピンクインティメイト(ピンクインティメント)を東京で購入するなら?

クリニック

「ピンクインティメイト(ピンクインティメント) 東京」で探している人が多いようですが、東京以外でも拠点数が多いクリニックを調べました。

東京だけでなく、札幌、大宮、横浜、熱海、名古屋、大阪、広島、福岡、上海ともっとも拠点が多かったのが、聖心美容クリニック(サイト内検索でピンクインティメイトで探すと確認できます)でした。

外用(1本)15,000円、外用(4本)54,000円のプランのみなので、自宅でセルフケアができます。

 

クリニック内での施術しかプランが無いクリニックの場合、1回20,000円など高額な所も多いので、自宅セルフケアができるのはありがたいですね。

500件の口コミをもとにしたメラニンケアクリームランキングはここ>>>黒ずみクリームランキングTOP3

ピンクインティメイト(ピンクインティメント)の効果の口コミは?【まとめ】

結論

口コミから分かるピンクインティメイト(ピンクインティメント)の黒ずみ改善効果は「ある」と見て良いでしょう。(効果には個人差があります)

ただしヒリヒリするなどの副作用を感じる人や、皮むけといった状態になる可能性もあります。

1瓶3mlと内容量が非常に少ない割に、最低価格でも1万円はするので、あまりお金を持っていない若年層にはちょっと厳しいかも。

楽天、ヤフオク、メルカリなどで探して安く購入しようとする人が多いですが、初めて使う場合は必ず美容整形外科や皮膚科などの病院でカウンセリングを受けた上で使用した方が良いです。

 

拠点が多いクリニック⇒聖心美容クリニック(サイト内検索でピンクインティメイトで探すと確認できます)

ピンクインティメイト(ピンクインティメント)は高い!と思った方は、自宅セルフケアができる医薬部外品(5千円前後)を使うという方法の方が圧倒的に安く黒ずみ改善ができます。

デリケートゾーン専用のクリームはヒアルロン酸などが配合されており、保湿作用・抗炎症(鎮静)作用に優れた商品が多いので、ピンクインティメイト(ピンクインティメント)のアフターケアとして使うのも効果的。

500件の口コミをもとにしたメラニンケアクリームランキングはここ>>>黒ずみクリームランキングTOP3

 

デリケートゾーン、乳首、脇の黒ずみに関して、他にも気になるキーワードがあればサイト内検索で探してみてください。

 

タイトルとURLをコピーしました