Twitterはこちら⇒@Blackeningcare

お問い合わせ⇒運営情報&フォーム

Twitterはこちら⇒@Blackeningcare
お問い合わせ⇒運営情報&フォーム

クロズミケア デリケートゾーン(VIO)や乳首の黒ずみを解消

 

デリケートゾーン(VIOライン)や乳首、脇などに黒ずみが、、、。

黒ずみはどうしたら解消できるの?おススメのクリームや石鹸は何?3日で治す方法は無いの?

という情報が『クロズミケア』にはあります。

 

同じ情報は沢山ある

 

そ、そうですよね、、、。巷には同じような情報が沢山あふれかえっています。

なので『クロズミケア』では、ギョーカイの裏事情に切り込んで、

他では得られない情報を暴露しています

まず手始めに、あなたは全く同じ成分で作られているクリームが沢山あることを知っていますか?

 

【衝撃事実】Be89と成分がほぼ同じ黒ずみクリームは11個もある
デリケートゾーンの黒ずみに効果が有るというランキングサイトや、おススメ10選などでたびたび見かけるあのクリームとかこのクリームの成分が、『実はほぼ一緒だった』という衝撃的な事実が発覚しました。きっちり成分比較しているので、この記事は必見です。
【衝撃の事実】ピュア ピンク クリームとほぼ同じ成分のクリームは13種
今回デリケートゾーンや乳首の黒ずみケアでは定評のある『ピュアピンク クリーム』の成分を調べたところ、なんと合計13種類もの商品が全く同じ成分だったことが発覚しました。これってまさに『ギョーカイの闇』と言えるのではないでしょうか?以前紹介した11種類もの商品が全く同じ成分だったという記事と同様、今回も事実だけを大暴露しちゃいます。
enavis薬用ホワイトニングTAクリームとほぼ同じ成分の商品は5つ
今回は『ENAVIS薬用ホワイトニングTAクリーム』と同じ成分の商品が他にも無いか調べたところ、案の定5つの商品がどうやらほぼ同じ成分で作られていることが判明しました。

 

この3つの記事はたびたびランキングサイトでも紹介されているような、大人気の黒ずみケアクリーム(Be89やクラレス、ピュアピンククリーム、ENAVISなど)が、実はほぼ同じ成分(精製水や香料を除くと全く同じ成分)で作られているという内容です。

 

そ、、、そんなこと、、、あばいちゃって大丈夫なのかな、、、?

ガクブル~

『クロズミケア』では、今まで誰も教えてくれなかったようなギョーカイの裏事情もバッサバッサと切り込んで暴露しちゃってます。(ここまで暴露しちゃっていいのか怖いくらいです)

ステマサイトではない宣言

 

当然「これがおすすめ」という情報はありますけど(汗)。

 

ネットにはステマ・サクラ・嘘のサイトが沢山。

本当に黒ずみ解消効果が有る情報にはなかなかたどり着けないですよね。

そういう単に物を売りつけたいだけのステマサイトに騙されないためにも『クロズミケア』ではあらゆる観点からおススメできる商品、おススメ出来ない商品を紹介しています。

 

こちらの記事も参考になると思います。

デリケートゾーン(VIO)黒ずみクリームのステマ・サクラ・ウソの口コミ情報の見分け方
デリケートゾーン(VIOライン)などの黒ずみランキングを見ると、「これステマじゃないの?」と思いたくなるほど同じクリームが1位ばかりだったりしませんか?この記事を読めばそんなステマやサクラの黒ずみクリームランキングに騙されない方法がわかります。

 

『クロズミケア』は単に黒ずみ解消の情報だけじゃなく、業界に騙されて間違えた買い物をしないような情報も沢山あるんですね。

 

無料『クロズミケア』では全ての情報を無料で提供しています。
LINE@登録で限定情報を伝えて最終的に何かを買ってもらうということはしていません。

ですが、記事によっては【有料級】の情報が沢山あります。
是非ブックマークの上、あなたが求めている情報にたどり着けるまで、各記事をじっくり読んでいただけると幸いです。

 

 自己紹介

『クロズミケア』アシスタントです。

黒ずみケアに有効的な方法や成分などの説明や、間違ったケアをしないためのアドバイスなどをします。

麦ちゃんです。

あなたと同じ黒ずみに悩む女性側の視点で、黒ずみの改善を目指しています。

私はクマちゃん。

麦ちゃんと同じ視点で黒ずみをどうすれば改善できるか一緒に学ぼうね。

 

 

『クロズミケア』は、デリケートゾーンVIO)や乳首ワキなどの黒ずみはどうしたら解消できるのか?がテーマになっています。

下の[サイト内を検索]欄からキーワードを検索するか、黒ずみ解消効果がある商品を手っ取り早く知りたいなら黒ずみケアクリームランキングが参考になるでしょう。

『クロズミケア』は、デリケートゾーンVIO)や乳首ワキなどの黒ずみはどうしたら解消できるのか?がテーマになっています。

下の[サイト内を検索]欄からキーワードを検索するか、黒ずみ解消効果がある商品を手っ取り早く知りたいなら黒ずみケアクリームランキングが参考になるでしょう。

クロズミケア 【人気の記事】

どの黒ずみケアクリームを買えば良いのか、迷っているなら迷わず読むべき記事。

黒ずみケアクリーム総合ランキングはこちら

 

クロズミケア 【コンテンツ紹介】

クリック(タップ)でそれぞれの情報が見られます。

スマホで観ている人は下にあるサイドバーボタン メニューボタン

から色々見られるよ

黒ずみ解消アイテム

人気の黒ずみ解消アイテムを紹介。

VIO黒ずみケアでは人気のイビサクリームの口コミと開発者インタビューを徹底検証
人気のイビサクリームは果たして本当にデリケートゾーン(VIO)の黒ずみ改善効果があるか?大手通販サイトや@コスメの実際の口コミ情報から『クロズミケア』が徹底検証しました。ほか、イビサクリームの開発者インタビューの内容なども含め、あらゆる観点からイビサクリームはデリケートゾーン(VIO)の黒ずみ改善効果と言えるのかどうかを説明。
【徹底検証】ハーバルラビットの黒ずみ解消効果が有るという口コミ
ハーバルラビットナチュラルゲルクリームはデリケートゾーン(VIOライン)などの黒ずみ解消効果がないのかあるのか、4大通販サイトの口コミ情報をもとに『クロズミケア』で徹底的に検証しました。「ハーバルラビット 嘘」と検索される人も多いハーバルラビットですが、なぜ嘘といわれてしまうのかもきっちり説明します。
イビサセラムProのウソの口コミ情報の見分け方と購入方法
イビサセラムProの口コミ情報を掲載しているサイトは他にもありますが、実はほとんどがウソで創作された口コミ情報の可能性があります。『クロズミケア』ではそういったウソの創作口コミ情報の見分け方と、イビサセラムProの最安値購入情報、黒ずみ解消効果がある成分に関して説明しています。
ピンキッシュボーテ@コスメで効果があるとの口コミ評判がすごい
ピンキッシュボーテの口コミ情報を探ってみると、特に@コスメではデリケートゾーン(VIOライン)や乳首の黒ずみ解消効果があると高評価だったことがわかりました。ピンキッシュボーテがどこで売ってるのか、最安値で売ってる場所も紹介しています。

他の記事を見る

 

VIOライン、脇、バストトップに使いたい黒ずみ解消クリーム特集

黒ずみケアで使える医薬部外品一覧です。

あまりおススメではない物は公式サイトのリンクはありません。

おすすめランキングはこちら⇒ランキングの記事

 

イビサクリーム

ランキング1位イビサクリーム黒ずみケアでは知らない人がいない?ほど大人気のイビサクリーム。ブラジリアンワックス専門店スタッフが開発しているのが強み。

 

関連記事
公式サイト

 

ハーバルラビット

ランキング2位ハーバルラビットナチュラルゲルクリームイビサほど有名ではないが、内容量が同じ35gなのに値段はこちらの方が安いので、実は隠れた人気。(株)ビズキ販売の安心感がある。

 

関連記事
公式サイト

ピンキッシュボーテ

ランキング3位ピンキッシュボーテ@コスメの口コミ評価平均点は7点中6.2点という高得点。イビサ、ハーバルに比べ10g少ない上に値段がちょっと高いのがネック。

 

関連記事
公式サイト

イビサセラムPro

イビサセラムProイビサクリームの上位版。公式サイトでしか手に入らないので、知らない人は多いが、効果はイビサクリーム以上のため、価格もまあまあ高い。

 

関連記事
公式サイト

 

ホスピピュア

ホスピピュア株式会社シーオーメディカルと湘南美容外科との共同開発のクリームのため、クリニック内でも黒ずみケアクリームとして販売されている。

 

関連記事
公式サイト

ホスピピュアVIO

ホスピピュアVIOホスピピュアの姉妹品。VIOで使うことに特化して開発。ホスピピュアとの成分比較ではこちらの方が黒ずみ解消成分が多い。

 

関連記事
公式サイト

 

VIOラインや乳首などの黒ずみをケアできるクリームを徹底比較しています。

これを読めば、迷っている黒ずみ解消クリームでもどちらを買えばよいかわかります。

人気ケアクリームの成分や価格など違いを比較

 

日本人のIラインの黒ずみは平均的に【赤黒い】

Iラインは平均的に赤黒い

日本人のような黄色人種の場合、Iラインの色は平均的に「赤黒い」傾向にあります。

皮膚の黒さはメラニン色素の量によって変わりますが、黒色人種ほどメラニンは濃く、続いて黄色人種、白色人種とメラニン色素の量は少なくなっていきます。

 

メラニンの量は人種によって違う

 

自分のIラインが周囲の平均と比べて黒いのでは?と悩む女性は多いですが、実はそれほど悩むほどのことではありません。

 

成長期や妊娠期は特にIラインなどに黒ずみが発生する

中高生は安物クリームを選びがち

中学生~高校生と成長期の場合、性ホルモンの「エストロゲン」の分泌が急激に増えます。

そのエストロゲンのせいでIラインが黒くなる原因であるメラニン色素が増え、Iラインだけでなくバストトップや脇の下などもメラニン生成が加速する傾向にあります。

妊婦さんも妊娠期間中にエストロゲンの分泌量が増えるので、バストトップ、Iライン、脇の下が黒くなってしまいます。

ちょっと内容が難しいですが、「第 79 回日本皮膚科学会東京・東部支部合同学術大会 」の資料(PDF)に詳しく書かれています。

 

平均的にIラインが赤黒いと言われても、どうしても周囲と比べてみたくなっちゃう。

あと、彼氏に嫌われないか心配、、、、、。

 

平均的に赤黒いIラインの黒ずみの原因とその対策

デリケートゾーンの黒ずみが発生する原因

 

アジア人のIラインは平均的に赤黒いですが、普段の生活内容によってもメラニンの発生を促進させ、さらに黒ずんでしまう可能性があります。

  • 「Iライン 黒い クリーム おススメ」
  • 「デリケートゾーン 黒い イビサクリーム」

など、すぐに解決策を探そうとするのではなく、

 

  • 「Iライン 黒くなる 原因」
  • 「Iライン 黒くなるのはなぜ?」

といったように、まずはその黒くなる原因となるメラニンの発生のメカニズムを知ることが先決です。

多くの女性の場合、「Iラインが黒ずんでしまった=対策商品を探す」といった行動に陥りがちで、なぜ黒くなってしまうのか?ということは二の次になってしまっていることが多いです。

 

ケアクリームなどを探す前にIラインの黒ずみの原因を知ることの重要性

デリケートゾーンの黒ずみが発生する原因

 

Iラインに限らず、バストトップやワキ、ヒジ、ヒザ、くるぶしなどが黒くなる原因を知らずに対策をしてしまうと、結局根本的な解決にならないパターンが多いです。

これはジャムウ石鹸などの皮脂汚れや角質汚れを落とすだけの商品の購入者レビューなどを見ても明らかです。

 

まず知っておきたいのは「大陰唇・小陰唇(VIOライン)、バストトップや脇、ヒジ、ヒザなどが黒ずむ原因は「メラニン色素」によるものであるということです。

 

なので黒ずむ原因であるメラニン発生のメカニズム対策方法を知らないと、単に表面の角質汚れを落とすだけで終わってしまい、いつまで経っても黒いのが改善されないという事態になってしまうのです。

 

メラニンの構造

 

メラニン発生のメカニズムに関してはこちらの記事で詳しく説明しているので、必ず一度は目を通しておいてください。

デリケートゾーン(VIOライン)の黒ずみの原因と治す方法
デリケートゾーン(VIOライン)や乳首に黒ずみが発生してしまう原因は幾つか有りますが、『クロズミケア』ではその原因と治す方法を徹底的にリサーチし、情報を提供しています。

 

メラニン対策ができる商品を選ぶこと

医薬部外品のイメージ

このメラニンが色素沈着してしまうと、表面の角質ケアだけではなかなか黒いのは改善されません。

『クロズミケア』でSNSやYahoo知恵袋などの女性の声をリサーチしたところ、価格が安いという理由で、以下のような医薬品や化粧品を選ぶ(特に中高生)傾向にあります。

  • クロキュア
  • アットノン
  • ピーリングジェル
  • ジャムウ石鹸
  • メラケアフォルテ、ユークロマクリームなどのインド製クリーム

これらは結局皮脂汚れや角質汚れを落とすだけの商品なので、根本原因のメラニンには効果がありません。

 

メラケアフォルテやユークロマクリームといったインド製クリームにはメラニンの生成を抑える成分としてハイドロキノンが配合されています。

ターンオーバー促進としてはトレチノインやステロイドが配合されていますが、日本の基準値と違う量の成分が配合されているため、トラブルが急増しています。

海外製クリームを使おうか迷っている人、すでに使っている人は以下の記事を絶対読んでください。

【恐怖でしかない】海外製の黒ずみ解消クリームの危険性【閲覧注意】
デリケートゾーン(VIOライン)や乳首、ワキの黒ずみを治そうとして海外製の黒ずみ解消クリームを使うのって実はかなりヤバいんですよ。知ってました?『クロズミケア』では海外製(インド製)の黒ずみケアクリームを使うと何が恐ろしいのかを説明します。

 

クロキュアやアットノン、ジャムウ石鹸などは効果が無いという記事はこちらを参照。

クロキュアやアットノンは股やデリケートゾーン(VIO)、乳首の黒ずみに効果がある?
アットノンやクロキュアは、VIOライン、股などのデリケートゾーン、乳首の黒ずみに効果はあるのでしょうか?これを読めばアットノンやクロキュアを黒ずみケアで使ってよいかどうかが分かります。
デリケートゾーン(VIO)黒ずみ石鹸ではほとんど効果無しなのです
デリケートゾーンや乳首の黒ずみ対策でクリームと石鹸のどっちがいいか迷っている人が多いですね。このページを読めばデリケートゾーンや乳首の黒ずみ対策に石鹸にはほとんど効果が無いことが分かります。ではクリームが良いのか?というと、、、、???

 

また、どの家庭にもあるような、

  • ニベア
  • オロナイン
  • ワセリン

も同様にメラニン抑制に対しては効果がありません。

 

オロナインやニベアに関しては、そもそもデリケートゾーンでの使用を想定されていないので、皮膚への刺激が強かったり、膣内の常在菌を殺菌してしまい、臭いの原因を作ってしまう可能性もあります。

ニベアは保湿にすぐれたクリームなので、使うとしてもVラインや脇の保湿で使いましょう。

 

ニベアやオロナインに関してはこちらの記事を参照してください。

オロナインやニベアはデリケートゾーン(VIO)や乳首の黒ずみに効果は無い
デリケートゾーン(VIO)や乳首、ワキなどの黒ずみケアを考えた時、真っ先に思い浮かぶのが『ニベア』と『オロナイン』ではないでしょうか?なぜ真っ先に思い浮かぶのかというと、たいていの家に常備してあり、値段も安いためこの2つが黒ずみケアに使えないか?と考える人が多いようですね。この記事ではニベアやオロナインがデリケートゾーンの黒ずみケアに使えるのかどうか、成分などから分析しました。

 

ワセリンは保湿効果があるので、全く意味がないかと言われれば多少メラニン発生を抑える効果はあるにせよ、すでに色素沈着してしまったメラニンには効果がありません。

 

ワセリンに関する記事はこちらです。

デリケートゾーン(VIOライン)の黒ずみ解消にワセリンで失敗しない方法
VIOラインなどのデリケートゾーンの黒ずみにワセリンを塗ると効果があるのでしょうか?メラニン抑制効果の無いワセリンはVIOに直接塗っても黒ずみ解消効果はありません。デリケートゾーンの黒ずみに対しワセリンはどう使えばよいかを説明します。

 

市販のメラニンケアクリームはどう選べばいい?

ランキング1位だったクリームが黒ずみ解消効果が無い

 

上で紹介したようなクリームはほとんど効果が見込めないと思ってよいでしょう。

クロキュア、アットノンで効果が無いという話はYahoo知恵袋で結構見るよ。

 

ジャムウ石鹸は楽天などでかなりの種類が販売されていますが、何千件もある購入者レビューを見ても、匂いがイイという話ばかりで、実際に黒ずみが改善されたという口コミはまず見当たりません

石鹸だけではメラニン対策はできない

それもそのはず。メラニンに効果が無い物を何か月、何年使っても効果が出るわけが無いですから。

ジャムウ石鹸ってメラニン抑制善効果はほとんどないんですよね。

 

市販されているメラニンケアクリームで唯一信頼できるのは、メラニン抑制成分が配合された「医薬部外品」しかありません。

なぜなら医薬部外品はメラニンに対して効果が見込めると厚生労働省が認可した成分が配合されているからです。

 

なので、メラニンケア(黒ずみケア)を考えるなら、まず医薬部外品かどうか?が一つの判断基準になると思ってよいでしょう。

 

メラニン改善効果が見込める医薬部外品に関しては以下の記事を参照。

デリケートゾーン 黒ずみ解消の医薬部外品クリームを7つに厳選
デリケートゾーン(VIOライン)や乳首、ワキなどの黒ずみを解消できる商品の中でも、「効果がある」という口コミが多い商品を7つまで『クロズミケア』で厳選しました。

 

「市販の黒ずみクリームなんて効果ない」、「ウソ」というYahoo知恵袋など根拠のないアンサー

ヤフー知恵袋のアンサーは結構適当

Iラインやバストトップが黒いことに悩み、どのようなクリームが効果があるのか?とYahoo知恵袋で質問をする女性はかなりいます。(特に中高生)

その質問に対し

  • そんなクリームは無い
  • クリームなんて効果は無いよ
  • 黒いママでも心配しないでOK
  • 黒い方が逆に魅力的

といった無責任な回答がなんと多いことか。

まずこういった無責任な回答をするのは男性がほとんどだけどね。

 

何のための回答なのか悩める女性に対して非常に失礼だと思いますが、その回答をそのまま信じてしまっている女性が多いのも事実。

「そんなクリームは無い」という回答は、何を根拠に言っているのか不明なところが多いです。

そもそもヤフー知恵袋の回答などは、回答者に何の責任も無いので無責任な回答が多いのです。

 

効果が無いと言っている人の回答として一つ考えられるのは、皮膚のターンオーバー周期を無視して1週間~1か月以内しか使っていない人の意見の可能性があります。

 

皮膚のターンオーバー周期に関してはこちらの記事をよく読んでおいてください。

デリケートゾーン(VIO)の黒ずみの原因メラニンの排出とターンオーバー周期
デリケートゾーン(VIOライン)や乳首、ワキなどの黒ずみクリームはなぜ1週間では効果が分からないの?なぜ皮膚は黒ずみが発生するの?皮膚のターンオーバーってなあに?『クロズミケア』の記事の中でもターンオーバー周期に関する情報は超重要ポイント。黒ずみケアをするなら絶対知っておきたい情報です。

 

『クロズミケア』ではこれまで何千件という口コミ情報をリサーチしてきました。

その結果、医薬部外品で3か月以上使った人の口コミはかなりの確率で改善効果があったという話が多いです。(半年使っても効果が無かったという人も中にはいますが)

もしも3か月以上使っても全く効果が無かったという口コミしかないようなら、当サイト自体開設はしなかったでしょう。

 

無責任なYahoo知恵袋のやり取りを幾つか紹介するので、気になる人は一度見ておいてください。

Yahoo知恵袋は無責任な回答が多いということは覚えておいてください。

 

Iラインの黒ずみにハイドロキノンはどうなの?

 

ハイドロキノンは欧米では主な美白剤であり、濃度が2%以下であれば市販で容易に入手が可能で、4-5%以上の濃度でも医師の処方で用いることが可能。

院内製剤・薬局製剤として使用されていますが、ハイドロキノンは医薬品として承認されているわけではなく、医療現場においては患者の病態やニーズに合わせて医療上必要と判断された場合に医薬品として収載のない薬物を製剤し患者に提供することがあり、ハイドロキノン配合製剤の提供はそういったケースに該当します。

出典:ハイドロキノンとは…成分効果と毒性を解説

 

ハイドロキノンはメラニンの漂白効果が高いという話をよく聞きますが、化粧品に配合される場合はチロシナーゼ阻害による色素沈着抑制作用ということなので、医薬部外品では「水溶性プラセンタエキス」と同じような働きを持つと思ってよいでしょう。

(参考HP:プラセンタエキスの成分効果と副作用

 

注目すべきは

ハイドロキノンは医薬品として承認されているわけではなく、医療現場においては患者の病態やニーズに合わせて医療上必要と判断された場合に医薬品として収載のない薬物を製剤し患者に提供することがあり

出典:ハイドロキノンとは…成分効果と毒性を解説

という部分で、ハイドロキノンは医薬品でも無ければ医薬部外品でもないというところです。

 

結局市販されているのは化粧品のレベルでしかなく、副作用もあり不安定な成分のため、使用する場合は医師の管理のもとに使用するのが望ましいとされています。

ですので、『クロズミケア』的には、ハイドロキノンを使うなら皮膚科で処方されたもののみを使うというスタンスをとっています。

 

結局市販品のハイドロキノンは濃度が薄いため、その分メラニン改善効果もそれほど見込めないという判断をしています。

 

ハイドロキノンに関する記事はこちらを参照してください。

市販ハイドロキノンはVIO(デリケートゾーン)の黒ずみに使ってよい?
『クロズミケア』ではVIO(デリケートゾーン)の黒ずみを解消するのに市販のハイドロキノン配合のオバジHQは絶対おすすめできない理由を説明しています。ヘタに使うとかぶれやヒリヒリ感、赤みといった副作用を起こす可能性だってありますよ。

 

海外のハイドロキノンクリームなら濃度が濃くて効果が高いのでは?

ユークロマクリームは危険

先ほどちょっと説明しましたが、海外製のハイドロキノン+トレチノイン+ステロイドが配合された「メラケアフォルテ」や、ハイドロキノン4%配合の「ユークロマクリーム」を海外製品の輸入サイトから購入し、乳首やデリケートゾーンに使おうとする若年層が多いようです。

上で説明したように、ハイドロキノンは不安定な成分のため、医師の管理のもとに使うべきと考えます。

メラケアフォルテはインド製です。

もう一度言います。

インド製ですよ?

 

アメリカの安全基準すら知らない(日本国内でも知らないことが多い)のに、ましてインド製なんてもってのほかでしょう。

 

インドがどんな国かもよく知らないのに、そんな国のクリームをIラインやバストトップに塗るなんて信じられない。

 

メラケアフォルテの口コミを探すと、「皮膚が剥け始め、テカテカになったから皮膚が生まれ変わって黒いのが改善されつつある」という話が多いです。

 

皮膚が剥ける=生まれ変わっている」といった素人判断の口コミが多いので、特に注意したほうがいい。

 

それと、一番覚えておきたいのは「メラケアフォルテ」は粘膜への使用は禁止されているということ。

Iライン(小陰唇)、Oライン(肛門)、バストトップも粘膜なので覚えておきましょう。

 

皮膚がボロボロになってもよいのですか?

もしあなたが、それでもインド製のメラケアフォルテやユークロマクリームを使いたいと思うなら、以下の記事を読んでから決めてください。

ちょっとグロテスクですが、ユークロマクリームを使って上腕がボロボロになった人の例を紹介しています。

【恐怖でしかない】海外製の黒ずみ解消クリームの危険性【閲覧注意】
デリケートゾーン(VIOライン)や乳首、ワキの黒ずみを治そうとして海外製の黒ずみ解消クリームを使うのって実はかなりヤバいんですよ。知ってました?『クロズミケア』では海外製(インド製)の黒ずみケアクリームを使うと何が恐ろしいのかを説明します。

 

Iラインの黒ずみを早くすぐ治す方法はあるの?

ここまでの説明だと、市販品では医薬部外品を選び、あとは皮膚科などで処方されるハイドロキノン(トレチノインと併用した療法が主)を使うしかないということが分かったかと思います。

若い世代ほど行動がアクティブな分、Iラインやバストトップが黒くなってしまったのを早くすぐ治す方法を探しがちです。

 

若い人ほど黒いのが気になるようね。

その希望する期間は早い人で3日

もう少し余裕を持っても1週間という短い期間でIラインを何とかしたいと願う若者が多いです。

 

上で説明したように、医薬部外品を使うにしろ、皮膚科でハイドロキノンとトレチノインを処方してもらうにしろ、皮膚のターンオーバー周期を加味すると、個人差はあれど早くても2か月は使い続けなくては効果の程はわからないというものです。

 

ですが、3日でIラインの黒ずみを治す唯一の方法があります。

 

それが、美容整形外科や美容皮膚科で施術される「インティマレーザー」による治療です。

 

最も信頼できるのは美容整形外科や皮膚科のレーザー治療

 

「インティマレーザー」による小陰唇のメラニン除去手術は、1回10万ほどかかるにしろ、施術1回で効果があり、しかも3日後からは性交渉もOKです。

「インティマレーザー」以外にも「レーザートーニング」や「ピコレーザー」による施術もありますが、「インティマレーザー」ほどの効果はありません。

 

1か月に1度のレーザー照射を何度か行う必要があり、「早くすぐ治す」という希望には当てはまらないでしょう。

 

その「インティマレーザー」ですら小陰唇以外の部分(大陰唇やVラインなど)の場合、3回くらいの照射が必要なので、結局は3カ月近くかかってしまいます。

なので、Iラインが黒いと悩んでも、それを治すためには結局3か月はかかると思った方が気が楽になりますね。

 

美容整形外科の関連記事は以下を参照してください。

デリケートゾーンや乳首の黒ずみを皮膚科や美容皮膚科で治すには?
デリケートゾーン(VIOライン)や乳首の黒ずみを解決するためにはいろいろな方法があります。その中でもほぼ確実に黒ずみが改善できる皮膚科や美容整形外科や黒ずみ対策の治療方法、施術に関して『クロズミケア』が紹介します。
ピンクインティメイトは楽天で買える?効果の口コミをブログから検証
「ピンクインティメイトシステム(ピンクインティメント)」に関して、「楽天、メルカリ、ヤフオクで買えるのか?」「東京ならどこで入手できる?」「口コミ情報があるブログは?」「実際に黒ずみ解消効果があるのか?」「ハイドロキノンとの併用は?それとも含まれてる?」「成分は?副作用は?」など紹介しています。

Iラインやバストトップの黒ずみが彼氏に嫌われないか不安

オトコはバカ

メラニンの量が比較的多いアジア人のIラインは平均的に赤黒いのです。

彼氏に好かれたい一心で、バストトップやIラインが黒いからと悩む女性が多いのもわかりますが、本来は黒かろうがピンクであろうが気にするべきポイントではないのです。

遊んでるオンナは平均的にアソコが黒い

遊んでいようがいまいがアジア人のアソコは平均的に赤黒いものなのです。

とはいえ「遊んでいるオンナはアソコが黒い」と本気で思っている男性は、知識や女性経験の少ない若年層に多い傾向にあります。(経験を重ねるうちに「平均的に黒いものだ」ということがわかる)

 

残念ながら年齢を重ねた男性でも知識の無い人や、女性経験が極めて少ない人はいまだにこの都市伝説を信じている場合もあるけど、、、。

もしあなたの彼氏が「君黒いね」とか「結構遊んでるんだね」と言ってきたら、そんな男とは即刻別れるか、メラニン発生のメカニズムの話を朝までこんこんと説教しつつ教えてあげましょう。

 

説教

私のどこが黒いって~!?

 

Iラインの黒ずみは平均的に赤黒いのだからそんなに悩まないこと

このページでは説明していませんが、実はストレスを溜めることもメラニン発生を促進させてしまう可能性があります。

何度も話しているようにアジア人は平均的にIラインが赤黒いのです。

 

アジア人はメラニン色素が多い

 

あなたは周囲と見比べてみましたか?

周囲と見比べてどうしても自分のIラインやバストトップなどが黒いと納得いかないのであればケアクリームで治すのも良いでしょうが、あまり悩みすぎる必要はありません。

ストレスを溜めないことが先決ですよ

「今日の晩御飯何食べようかな~、次の休みは何して遊ぼうかな~」などと出来るだけ楽しいことを考えることを優先しましょうよ。

 

黒ずみケアはストレスを溜めないことも大事

 

 

デリケートゾーン(VIO)や乳首などの黒ずみ解消ケアに関する気になる単語があれば検索ボックスにキーワードを入れてさがしてみてください。『クロズミケア』で解決できるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました