SNSフォローボタン
Twitterはこちら⇒@Blackeningcare
お問い合わせ⇒運営情報&フォーム
Twitterはこちら⇒@Blackeningcare お問い合わせ⇒運営情報&フォーム

Iラインの黒ずみを美容整形外科や美容皮膚科で治すには?

黒ずみの悩み解決方法 悩み解決方法

クリニックのデリケートゾーンの黒ずみ施術

デリケートゾーン(VIOライン)の黒ずみを美容整形や皮膚科でなんとかしたい、、、、

日本人のIラインの黒ずみは平均的に赤黒いと言われていますが、デリケートゾーン(VIOライン)の黒ずみ解決するためにはいろいろな方法があります。

 

その中でもほぼ確実に黒ずみが改善できる美容整形外科や皮膚科の黒ずみ対策の治療方法に関して紹介しています。

デリケートゾーン(VIOライン)の黒ずみを解決する美容整形外科・皮膚科治療の種類

デリケートゾーンの黒ずみを解決するための手術などはどのようなものがあるか、幾つかのクリニックで探してみました。

デリケートゾーン(VIOライン)美容整形外科色素沈着治療の概要

デリケートゾーンの黒ずみを治すための美容整形外科の内容は以下のとおり。

 

デリケートゾーン美容整形外科色素沈着治療の概要
クリニック名施術方法機器料金 小陰唇大陰唇肛門鼠径部乳輪
みずほクリニックインティマレーザーFotona(フォトナ)社80,000円40,000円30,000円40,000円30,000円
ガーデンクリニックインティマレーザーFotona(フォトナ)社エルビウムヤグレーザー90,000円90,000円40,000円
オザキクリニックインティマレーザーFOTONA(フォトナ)社YAGレーザー機器「SP Dynamis」110,200円110,200円
TCB東京中央美容外科ピンクインティメイトイタリアのPromoitalia社医療用ピーリング剤11,000円~
ゆかりレディースクリニックオリジナルピーリングオリジナルの薬剤を塗布22,000円~22,000円~30,000円~80,000円~
WCLINICピンクインティメント+PTPトーニングイタリアのPromoitalia社医療用ピーリング剤+TRI-BEAM10,000円~
聖心美容クリニックピンクインティメイトシステムイタリアのPromoitalia社医療用ピーリング剤15,000円~
ノエル銀座クリニックQスイッチYAGレーザートーニングConBio社メドライトC68,000円~

※~が付いている料金は回数や部位によって可変しますので、最低料金を表記しています。

 

殆どのデリケートゾーン(VIOライン)の黒ずみ施術に使われているレーザー

殆どの美容整形外科で採用されているのが、50年以上も続くヨーロッパ屈指の老舗レーザーメーカーFOTONA(フォトナ)社YAGレーザー機器によるインティマレーザーという施術がポピュラーです。

 

ほとんどの美容整形外科がデリケートゾーン(VIOライン)の黒ずみ改善で使用しているYAGレーザーとは

 

フォトナ社ヤグレーザー当サイトの調べでは30院ほどの美容整形外科がのうち25院ほどがこのFOTONA(フォトナ)社YAGレーザー機器によるデリケートゾーン(VIOライン)の黒ずみ施術を行っていました。

YAGレーザーとはイットリウム・アルミニウム・ガーネットを含む結晶にネオジミウムを添加して作られたレーザー媒質で、1064nmと532nmの2つの波長があり、症状に応じて使い分けることができるので幅広い施術に適応できます。

 

波長によってVIOラインの黒ずみの原因メラニン色素へのアプローチが違う

1064nm⇒メラニン色素に穏やかに吸収され、高い深達度が得られる。
532nm⇒メラニン色素への吸収が非常に高く、浅いターゲットに対して効率よく作用。

近年では1064nmでの低出力照射が、色素斑を徐々に改善させる治療法として、高く評価されるようになりました。

 

ダウンタイムや痛みもほとんどないので、このヤグレーザーを使い、デリケートゾーン(VIOライン)の黒ずみの色素沈着を改善する施術をする美容整形外科が増えています。

 

美容整形外科、皮膚科のもう一つのVIO黒ずみケア ピンクインティメイトシステム

ピンクインティメイトピンクインティメイトシステムは上で紹介したレーザー治療とは違い、デリケートゾーン(恥丘、大陰唇、肛門周辺)を含む色素沈着が気になる部分の黒ずみを改善する医療用のピーリング剤です。

デリケートゾーン(恥丘、大陰唇、肛門周辺)以外にもワキ、乳首、乳輪、鼠径部にも使用可能。

使用方法もいたって簡単です。

 

 

ピンクインティメイトシステムの用法

  1. 黒ずみが気になる部分に塗布し、浸透させる
  2. 2~3分放置
  3. 水で湿らせたコットンで余分な薬液を拭き取り、乾いたティッシュなどで軽く拭き取る
  4. 皮膚の状態に応じ2~3回以上塗布を繰り返す
  5. 鎮静及び保湿作用のあるクリームで皮膚を保護
  6. 週に1回の塗布を4~5回行う

 

デリケートゾーン(VIOライン)の黒ずみを改善するピンクインティメイトシステムの主な成分

クロロ酢酸 ・・・・ ピーリング作用があり肌にハリを与える
ビサボロール ・・・ 皮膚を柔らかくする作用がある
バイオ刺激因子 ・・ 皮膚の再生を活性化
コウジ酸 ・・・・・ 美白効果があり、黒ずみを改善

 

メリットは外用としてホームケアができてしまうということと、高いレーザー治療器を導入できないような皮膚科でも簡単に導入できるので、最寄りの皮膚科で探しやすいというところ。

 

デメリットとしては粘膜には使えないので、小陰唇の黒ずみ改善はできません。

 

ピンクインティメイトシステムの料金

美容整形外科によって料金が違いますが、1回11,000円~15,000円くらいが相場です。

5回分など回数に応じて10%割引の美容整形外科もあるようなので、とりあえず試してみたいというひとは最寄りの美容整形外科か、皮膚科で探すと見つかるかもしれません。

 

聖心美容クリニックで探してみる

聖心美容クリニックのピンクインティメントシステムを探す

聖心美容クリニックのピンクインティメントシステムを探す

聖心美容クリニックで探してみる

聖心美容クリニックのピンクインティメントシステムを探す

聖心美容クリニックのピンクインティメントシステムを探す

 

美容整形外科に行くのはちょっと、、、、という方は当ブログで紹介している市販の医薬部外品を試してみることをおすすめします。

 

 

インティマレーザー治療の詳しい説明がある美容整形外科

インティマレーザーに関してはこれらの美容整形外科のホームページで詳しく説明がされています。

 

ガーデンクリニック女性器色素沈着ガーデンクリニック女性器色素沈着

レーザー黒ずみ除去 女性器 90,000円 乳首 40,000円

国内外103院展開【湘南美容外科クリニック】

乳輪、大陰唇、小陰唇、肛門まわり 81,270円

湘南美容外科のサイトはちょっとわかりづらく、以下の画像説明のところに施術内容があります。

湘南美容外科湘南美容外科

スマホの場合は右上のメニューボタンから、診療内容一覧⇒婦人科形成⇒部位悩み別を選択

湘南美容スマホ

 

Vラインの黒ずみは美容整形外科や皮膚科で治すことは可能か?

Vラインの黒ずみをレーザーで治す

 

Vライン黒ずみレーザー治療で治るのかな?

とりあえず幾ら掛かるのか知りたいな。

 

Vラインとはビキニラインのことですが、美容整形外科や美容皮膚科のレーザー治療で治ります。

 

この記事であなたが得られるメリット

  • 黒ずみ治療用のレーザーにはどんな種類があるのか?がわかる
  • いくらくらいかかるのか?がわかる

 

Vラインの黒ずみを治すレーザー治療の種類

黒ずみ治療用レーザー機器

上の項目でFOTONA(フォトナ)社YAGレーザー機器による黒ずみ改善治療に関する紹介をしましたが、さらに細かく調べ直し、情報を追加しました。

医療脱毛やホワイトニングなど、施術の内容によって様々なレーザーを使いますが、全てを説明しても意味がないので、ここではVラインの黒ずみを無くすレーザー治療のみ紹介します。

殆どの美容整形外科が、以下の3つのどれかを使った施術を行っています。

 

インティマレーザー

フォトナ社YAGレーザー

インティマレーザーは医療用レーザーのパイオニアで1964年に設立されたヨーロッパ屈指のレーザーメーカーFotona(フォトナ)社エルビウムヤグレーザーによる治療です。(上で紹介したものと同じです)

Vラインの黒ずみのホワイトニング治療の他にも色素性皮膚疾患・刺青治療や、膣縮小手術、膣のゆるみ、粘膜の若返りなど幅広く使えるため、このインティマレーザーによる施術をするクリニックが近年かなり増えています。

小陰唇の黒ずみは1回、大陰唇の黒ずみは3回程度のレーザー照射でホワイトニングが完了。

平均施術相場 80,000円/1回

 

 

レーザートーニング

レーザートーニング

レーザートーニングは1991年に会社が設立された、米国ConBio社「メドライトC6」による、 QスイッチNd:YAGレーザー治療です。

シミや色素沈着の症状を増幅させることなく改善するのが特徴で、シミ、そばかす、ニキビ跡などによる色素沈着、くすみ、開いた毛穴等にも効果があります。

色素沈着治療でのレーザートーニングの施術は、通常複数回必要で、一般的に3~4週間に1回の治療を、5~10回程度受けると効果的。
また、トランサミン等の内服や、ハイドロキノン等の外用との併用で、より高い治療効果が期待できます。

平均施術相場 10,000円/1回

 

 

ピコレーザー

ピコレーザー

ピコレーザーは2018年5月にアメリカで発売されて間もない、CUTERA社の「enLIGHTen(エンライトン)」を使って行われるレーザー治療です。

1兆分の1秒(ピコ秒)というわずかな照射時間でメラニン色素の粒子を細かく破壊する、ピコレーザーを用いた黒ずみ除去治療で、次世代のホワイトニング治療器として導入するクリニックが増えつつあります。

ピコレーザーは月に1回のペースで続けると効果が現れてきます。1~10回(症状により異なる)施術すると効果的。

クリニック処方の美白クリーム(ハイドロキノン+レチノイン酸)などと併用することでより早く効果が実感できる。

平均施術相場 33,000円/1回

 

 

Vラインの黒ずみをレーザーで治すと幾らかかるか?【まとめ】

足の付け根の黒ずみ

 

インティマレーザーを導入しているクリニックが増えている中、レーザートーニングによる施術を行っているクリニックもまだまだ多いです。

ガーデンクリニックガーデンクリニック女性器色素沈着など、インティマレーザーとピコレーザーを併用して施術を行っているクリニックも今後増えていくでしょう。

黒ずみ改善の効果を順番で表すと、

インティマレーザー>ピコレーザー>レーザートーニング

となり、料金もそれに比例しています。

インティマレーザーは料が高いですが、ピコレーザーやレーザートーニングも複数回の施術が必要なため、結局10万円~20万円くらいはかかると思った方がよいでしょう。

 

Iラインや足の付け根の黒ずみの美容整形外科や皮膚科での治療

Iラインと足の付け根のレーザー平均

 

 

Iライン足の付け根黒ずみレーザー治療をしたいけど、平均の料金ってどのくらいか知りたい?

 

ということでIラインや足の付け根のレーザー治療の平均の料金を調べました。

 

この記事を読むことであなたが得られるメリット

女医さんポイント

  • Iラインや足の付け根の黒ずみにはどのようなレーザー治療があるのかがわかる
  • そのレーザー治療の全国平均の料金が分かる

 

Iラインや足の付け根の黒ずみレーザー治療平均料金

足の付け根

まずはざっとこの表を見てください

Iライン・Vラインレーザー治療 一覧
クリニック名施術方法機器料金 小陰唇
(Iライン)
大陰唇
(Iライン)
鼠径部
(Vライン)
拠点
みずほクリニックインティマレーザーFotona(フォトナ)社80,000円40,000円40,000円池袋
ガーデンクリニックガーデンクリニック女性器色素沈着インティマレーザーFotona(フォトナ)社
エルビウムヤグレーザー
90,000円90,000円???池袋、新宿、品川、横浜、
名古屋、大阪、福岡
オザキクリニックインティマレーザーFOTONA(フォトナ)社
YAGレーザー機器
「SP Dynamis」
110,200円110,200円???新宿、目黒、羽村市
ノエル銀座クリニックQスイッチ
YAGレーザー
トーニング
ConBio社
メドライトC6
8,000円8,000円8,000円銀座
南青山スキンケア
クリニック
レーザーホワイトニング???12,000円12,000円12,000円南青山
アヴェニュー
ウーマンズクリニック
Qスイッチヤグレーザーや
ピコレーザー
???11,000円11,000円11,000円六本木
W CLINICインティマホワイトニング???100,000円50,000円???梅田
W CLINICPTPトーニング???10,000円10,000円10,000円心斎橋、梅田
パレスクリニックレーザートーニング???12,000円12,000円12,000円一ツ橋
湘南美容外科クリニックインティマレーザー???81,270円81,270円81,270円全国88院

 

Iライン・Vラインレーザー治療 一覧の説明

インターネットに公式サイトがある美容外科・皮膚科のうち、細かく料金体系や、治療方法が分かる説明があったクリニックのみ掲載しています。

とはいえどのような機器を使って施術されるのか?といった情報はちゃんと説明しているクリニックとそうでないところがありました。

金額は各ホームページの料金のママ掲載していますが、税込、税別の表記が無いところもあったので、そのまま掲載しています。

 

表をよく見ると結局インティマレーザーか、レーザートーニングかピコレーザーのどれかってことみたいだよね。

 

3種類のレーザー治療がある

ハッキリとどういったレーザー治療なのかが明記されているクリニックだけを集約すると3種類のレーザー治療があることが分かりました。

料金に関して、小陰唇、大陰唇、鼠径部という表記がされているクリニックと、Iライン、Vライン、Oラインといった表記がされているクリニックがあるので、「小陰唇・大陰唇=Iライン」「鼠径部=Vライン」としました。

 

レーザー別 治療平均の料金の説明

これらクリニックのレーザー治療の平均の料金を表にすると、

 

レーザー別 治療平均の料金
小陰唇
(Iライン)
大陰唇
(Iライン)
鼠径部
(Vライン)
インティマレーザー92,294円74,294円60,635円
レーザートーニング
(またはピコレーザー)
10,600円10,600円10,333円

※表内料金は1回あたり

 

インティマレーザーのIラインというくくりの中で、小陰唇の場合粘膜へのレーザー照射なので技術料も含め若干料金が高めなのかもしれません。

大陰唇⇒鼠径部と、粘膜から離れるほど料金は安くなる傾向にあります。

 

インティマレーザーとレーザートーニングだと結構料金が違うのはどうしてなんだろう?

インティマレーザーとレーザートーニングの料金がこれほど違う理由は次の項目で説明します。

インティマレーザーとレーザートーニングの違い

ビキニ

 

平均料金がこれだけ違うということは、恐らく施術回数に違いがあるのでは?ということで調べました。

レーザートーニング治療の説明

レーザートーニング(色素沈着治療)は、1回で終了しますか?

色素沈着治療でのレーザートーニングの施術は、通常複数回必要です。
一般的に3~4週間に1回の治療を、5~10回程度受けていただくことが効果的です。
また、トランサミン等の内服や、ハイドロキノン等の外用との併用で、より高い治療効果が期待できます。

出典:ノエル銀座クリニック 【よくあるご質問】

 

ノエル銀座クリニックのよくあるご質問の内容によると、レーザートーニングの場合複数回施術が必要で、「3~4週間に1回の治療を、5~10回程度」ということは最長で10カ月近くかかり、結局は10万円ほどかかると思った方が良いですね。

 

インティマレーザー治療の説明

ガーデンクリニック

基本的には一度色素が無くなればその後再発することはありません。レーザーにより破壊された黒ずみの原因のメラニン色素は体内に吸収されるため、ダウンタイムも感じにくくなっています。当院の採用しているレーザーでは小陰唇であれば1回大陰唇は3回程度で効果が見込めます。

出典:ガーデンクリニックガーデンクリニック女性器色素沈着

 

「小陰唇なら1回、大陰唇は3回程度」とのこと。Iラインや足の付け根というのは大陰唇のことを指すのか、小陰唇も含めた表現なのか?ということはありますが、Iライン=小陰唇ということであれば1回で終わるということです。

大陰唇は3回程度とのことですが、これは各人の黒ずみの濃さによってもまちまちだと思うので、そんなに濃くなければ1回や2回で終わるのかもしれません。

 

Iラインや足の付け根の黒ずみレーザー治療平均の料金【まとめ】

海でヨガ

 

これまでの内容をわかりやすくまとめると、

 

  • インティマレーザー・・・相場 10万円/1回~
  • ピコレーザー 3万円/1回~
  • レーザートーニング 1万円/1回~
  • ピンクインティメイトシステム 1万円/1回~

 

料金は安くても希望の色になるまでは数回の施術が必要なので、結局最低でも10万円は覚悟しておいた方が良いってことですね。

 

 

やはり美容整形外科の治療は高い!のであれば、市販の医薬部外品でもIラインの黒ずみケアができます。

500件の口コミから選んだデリケートゾーン黒ずみクリームランキングTOP3+α
黒ずみ改善効果が全く見込めない「黒ずみ石鹸ランキング」やステマばかりのランキングサイトに騙されないためにも、ちゃんとした根拠説明がされた黒ずみケアのランキングを探した方が良いです。このページでは500件の口コミ情報を元に、価格や返金保証条件なども加味したランキングを紹介しています。

 

気になるキーワードがあればサイト内検索で探せます。

タイトルとURLをコピーしました