SNSフォローボタン
Twitterはこちら⇒@Blackeningcare
お問い合わせ⇒運営情報&フォーム
Twitterはこちら⇒@Blackeningcare お問い合わせ⇒運営情報&フォーム

デリケートゾーンの黒ずみ対策はクリームと石鹸どっちがいい?

おすすめできないケア
Iラインの黒ずみに石鹸は効果が無い


ジャムウ石鹸を1年も使っているのに全く効果が無い!

この記事を読めばあなたは乳首やデリケートゾーンの黒ずみの悩みから解放されるかもしれません。

まず乳首やデリケートゾーンの黒ずみ対策の石鹸には黒ずみ対策効果は全くないと思って良いでしょう。

この記事であなたが得られるメリット

  • 黒ずみ石鹸には効果が無い理由がわかる
  • デリケートゾーンがなぜ黒ずむのかわかる
  • デリケートゾーンの黒ずみは医薬部外品が効果がある理由がわかる
  • 医薬部外品はどのくらいで効果が出るのかがわかる
  • 効果が出ているのか出ていないのか、比べる方法がわかる

 

かなりの長文になりますので、ブックマークをおすすめします。

デリケートゾーンの黒ずみ石鹸ってクリームより効果ないの?

役に立たない石鹸

 

当サイトはデリケートゾーン(VIO)や乳首の黒ずみ対策の商品を数々リサーチしています。

その中で、ジャムウ石鹸などの黒ずみ石鹸は全く効果が無いということが良く分かりました。

黒ずみ対策石鹸の大手通販サイトの口コミ評価は?

口コミ

乳首やデリケートゾーンの黒ずみ対策の石鹸を実際に使った人たちの口コミによると、特にジャムウ石鹸などの石鹸で黒ずみが改善されたという口コミは皆無でした。

 

もう一度言います。皆無ですよ~。

 

何百件という口コミ情報をみたところ黒ずみ対策石鹸では、黒ずみはほとんどというか全く改善されないことがよくわかりました。

 

楽天やアマゾン、Yahoo!ショッピング、アットコスメなどの購入者レビューによれば、ジャムウ石鹸を使って

 

  • 「明らかに黒ずみが改善された」
  • 「使用前、使用後の写真を比べたら黒ずみが改善された」

 

というような、明白な効果を実感した人の口コミは無く

 

  • なんとなく黒ずみが改善された」
  • 「ワントーン明るくなったような気がする

 

といった非常にあいまいな口コミしかありません。

 

ブログなどでの評価は単なるステマ

ステマサイト

 

一般人のブログと思わせるウェブサイトにも騙されないように気を付けたいです。

 

  • 「ジャムウ石鹸で黒ずみは解消されない?」
  • 「ジャムウ石鹸の黒ずみ対策効果はウソ?」
  • 「黒ずみ対策石鹸25選」

 

といったようなレビューブログが数多く存在しますが、そういったブログ形式のウェブサイトは全てアフィリエイターによるステマ(ステルスマーケティング)と思って間違いありません。
(ステルスマーケティングとは、実際は広告だけどそうとは思わないような内容の記事で最終的に広告サイトに誘導する販売方法)

 

アフィリエイターによるステルスマーケティングの流れは、

①タイトル名で「ウソ?」「効果なし?」「詐欺?」といったマイナスイメージで興味を惹きクリックさせる。
②自分が実際に購入した写真や使用感を紹介。
③良くないという口コミ「1か月使ったけど効果が無かった」
④良いという口コミ「3か月で効果が出た」
⑤総評「効果が無いと言っている人は使用期間が短いので効果が出なかったようです」といったプラスイメージの情報を植え付ける。
⑥最終的には「ジャムウ石鹸は黒ずみ対策に効果があります」私も効果を実感しています。
⑦おすすめ商品はこちら⇒楽天やAmazonなどへリンク

 

という流れで広告の商品を買わせ、その商品代金の何%かをブログの記事を書いている人間がもらうというビジネスです。

 

こういったレビューブログは全て単に広告料を稼ぎたいだけのブログなので、100%信用しないほうがよいです。

 

私は本気でジャムウ石鹸には黒ずみ対策効果が無いと思っているので、このブログの最後で

 

「やっぱり効果があるようです」

 

といったタイトルを覆すようなことは絶対にしません。断言します。ジャムウ石鹸に関しては次の項目で説明します。

 

ジャムウ石鹸のジャムウってそもそも何なの?

インドネシアのアーユルヴェーダ

まずここで「ジャムウ」とはなに?ということに触れてみたいと思います。

 

インドネシアの民間療法

アーユルヴェーダ

ジャムウはインドネシアの民間療法で使われる民間薬で、風邪やアトピーなど様々な効能があると信じられ、粉末タイプやティーバッグタイプ、サプリメントなど色々な形で商品化されて使用されています。

ジャムウは一種類のハーブというわけではなく、 ウコン、ショウガや、ユーカリ、タマリンド、シナモン、カルダモンなどのスパイスといった様々な 植物が使われ、配合する人や企業によっても成分が異なります。

なのでジャムウは一種の民間薬を現わすというより、民間療法の考え方そのものがジャムウと呼ばれています。

 

結局よくわからない「ジャムウ」

アーユルヴェーダ

インドネシア政府はこの「ジャムウ」という単語を商品化することで事業の拡大を狙っています。

ですが、日本国内においてはジャムウは医薬品でもなければ医薬部外品ですらありません

「ジャムウはインドネシアに古くから伝わるアーユルヴェーダのうんぬん、、、」という謳い文句で販売されているジャムウ石鹸が数多く存在します。

日本人には馴染みのない「アーユルヴェーダ」という単語を使い、いかにも効果がありそうと思わせるのが石鹸販売業者の戦略です。

 

あなたは「アーユルヴェーダ」とはなにか、ご存じですか?

詳しく説明できますか?

 

「ジャムウ石鹸」は黒ずみの原因に対しては全く効果が無いと思って間違いないと思います。

その理由は次の項目で説明します。

 

乳首やデリケートゾーンはなぜ黒ずむの?

デリケートゾーンの黒ずみ

「ジャムウ石鹸が良いっていうホームページが多いからジャムウ石鹸を試してみようかな!」

って、、、非常に短絡的な発想です。

 

まず乳首やIラインなどのデリケートゾーンがなぜ黒ずんでしまうのか?その原因も知らずにジャムウ石鹸を試そうという考えが間違っているのです。

 

Iラインなどのデリケートゾーンはなぜ黒ずみができるのか、その原因を知ることが大事

乳首やIラインなどのデリケートゾーンが黒ずむ原因は主に4つあります。

  • 紫外線
  • 摩擦・炎症
  • 乾燥
  • ホルモンバランスの乱れや 加齢、不摂生による黒ずみ。

 

これら4つに関わる主たる成分は「メラニン」です。

 

日焼けがメラニンによって起こるということは女性なら誰でも知っていることですね。

 

「紫外線」は、日焼けサロンにでも通っていない限り乳首やデリケートゾーンに紫外線が当たることは稀だと思います。

 

ということは「 摩擦・炎症」 や「乾燥」「 ホルモンバランスの乱れや 加齢、不摂生」がメラニンの生成を増やす主な要因と考えられます。

メラニン発生の原因

メラニンが増える原因それぞれの説明

メラニンの構造

メラニンが増えることで皮膚表面にカーテンをし、紫外線の侵入を抑え、皮膚の奥を損傷させないための防御と思えば分かりやすと思います。

摩擦・炎症」は、下着や生理用品との摩擦や、無理なシェービング、毛抜きによる皮膚への損傷などで起こる可能性が大きい。

カップの合わないブラや裏地の生地が粗悪で擦れて痛い、きついジーンズ、ショーツ、擦れ、痒みが発生しやすい生理用品などには注意しましょう。

乾燥」は刺激の強い石鹸やボディーソープを使うことで皮膚の脂分が減少し、乾燥しやすい皮膚になってしまうことが考えられます。

 ホルモンバランスの乱れや 加齢、不摂生」は加齢、不摂生によってもホルモンバランスが乱れやすくなり、メラニンの生成を助けてしまうのです。

 

メラニン発生のメカニズムに関してはこちらの記事で詳しく説明しています。

デリケートゾーンの黒ずみ改善はメラニンケアが鍵
日本人のIラインの黒ずみは平均的に赤黒いと言われていますが、Vライン、Iライン、Oラインなどのデリケートゾーンがずっと黒ずんでいて、どうしたら良いかわからないですよね?デリケートゾーンや乳首が黒ずんでしまう原因は幾つか有ります。

 

ジャムウ石鹸の販売サイトの説明文

ジャムウ石鹸の話に戻りますが、ジャムウ石鹸の販売サイトで紹介されている内容をよ~く見てください。(楽天などが分かりやすいと思います)

乳首やデリケートゾーンの黒ずみに対して、ジャムウ石鹸の効果は何と書いてありますか?

以下に黒ずみ対策の石けんの販売サイトで書かれていた説明文を抜粋してみました。

 

「 毛穴の目立ち・角質の汚れによる黒ずみの要因を抑制する働きが期待され、、、」
汚れや皮脂によるニオイや黒ずみ
古い角質による黒ずみ

 

この「皮脂汚れや角質の汚れを落とす」といった黒ずみ対策の石けんがなんと多いことか。

ひどい場合だと、「黒ずみ対策」と銘打っておきながら、何の成分がどのように作用して黒ずみを抑えるのかすら説明が無い商品も多数存在します。

 

性ホルモンのエストロゲンの分泌量が増え、妊婦の乳首が黒ずむのは当たり前なのに、「妊娠して乳首が黒ずんできたような気がする」というイラストで煽って商品を買わせようとする悪徳業者も存在します。

 

妊婦さんの乳首が黒ずむのは当たり前なのに、そこにつけこむ業者ってマジ信じられない!

 

もう一度言います。

 

黒ずみの原因は「メラニン」です。

 

ジャムウ石鹸や黒ずみ対策石鹸を買おうとして今この記事を読んでいるあなた!

 

もう一度よ~く、よ~~~~くその商品の黒ずみに対する効果を読んでみましょう。

皮脂汚れ、角質の汚れを落とす

って書いてありませんか?

 

デリケートゾーンや乳首の黒ずみは石鹸では改善されない?

効果が無い石鹸

デリケートゾーンや乳首の黒ずみの原因はメラニンによるものだということが分かったかと思います。まだよくわからないという人はもう一度上の項目をよく読んでください。

実際に使った人の口コミをたくさん見ると判断できる

冒頭で説明しましたが、当サイトではこれまで数多くの黒ずみ対策の商品を探すとともに、実際にその商品を使ってみてどうだったか?という口コミも何百、何千件と見てきています。

そのいくつもの口コミを見ている内にわかったことが、「メラニンの生成を抑える働きが無い商品は、黒ずみ対策にはならない」ということです。

つまり、ジャムウ石鹸や黒ずみ対策石鹸で、黒ずみに対する対策の説明が 「皮脂汚れ、角質の汚れを落とす」 となっている物は全く効果が無いことが分かりました。

 

メラニンを抑える効果があるクリームとかは効果は無いの?

メラニンを抑える効果がある商品はあるのか?というとあります

いわゆる美白化粧品などもそうですが、メラニンを抑えるための成分が入った商品とそうでない商品を見分けるにはどうしたら良いかというと、

 

医薬部外品または薬用と名の付く商品か否かということです。

 

商品名が「薬用○○」と頭に薬用と付くものや、医薬部外品という表記がある商品がこれに該当します。(一部の商品は商品名に薬用と付かなかったり、医薬部外品の表記が特にされていないものもあります)

デリケートゾーンや乳首の黒ずみ対策に石鹸より医薬部外品

 

 

 

次の項目ではこれら医薬部外品(薬用)の商品に含まれているメラニンに対して有用な成分について紹介します。

 

医薬部外品・薬用 のメラニン(黒ずみ)を抑える成分とは?

医薬部外品

上の項目で説明が不十分でしたが、まず医薬部外品・薬用とは何か?について説明します。

 

医薬部外品って何?

デリケートゾーンの黒ずみに悩む女子

まず「医薬部外品」という表現と、「薬用」という表現がありますが、2つとも同じ物です。

薬用○○=医薬部外品ということです。

医薬部外品(薬用)とは、医薬品と化粧品の中間的な分類で、人体に対する作用が緩やかなもので、機械器具ではない物を指します。

医薬部外品(薬用) は 薬事法 のもと、厚生労働省が認可した有用成分が配合されています。

医薬品よりは作用が緩やかだけど、化粧品よりは作用が見込めるということですね。

効果を表すと

医薬品>医薬部外品(薬用)>化粧品

という図式が成り立ちます。

 

メラニンの生成を抑える医薬部外品の成分

医薬部外品(薬用)で乳首やデリケートゾーンのメラニンの生成を抑える成分として、商品で違いはありますが、以下の有用成分のどれかが必ず配合されています。

 

  • トラネキサム酸
  • アルブチン
  • ビタミンC誘導体
  • 水溶性プラセンタエキス

 

当サイトで調べたデリケートゾーンや乳首の黒ずみ対策クリームで、医薬部外品(薬用)には以上の成分のうちどれかが必ず配合されていました。

それぞれにメラニンの生成に対しての働き方が若干の違いはありますが、どれもメラニンの生成を抑える成分です。当然厚生労働省が認可している成分となります。

これらメラニンの生成を抑える成分に加えて、

  • グリチルリチン酸2K(またはグリチルリチン酸ジカリウム、グリチルリチン酸二カリウム)
  • グリチルリチン酸ステアリル

 

など、 抗炎症作用がある成分が合わせて配合されているクリームもあります。

 

メラニンの漂白効果が高いとされる成分に「ハイドロキノン」がありますが、ハイドロキノンは医薬品でも医薬部外品でもありません。

この項目では医薬部外品に関して説明するのでハイドロキノンに関しては以下の記事を参照してください。

【恐怖でしかない】海外製Iラインの黒ずみクリームの危険性
日本人のIラインの黒ずみは平均的に赤黒いと言われていますが、Vライン、Iライン、Oラインなどのデリケートゾーンの黒ずみを治そうとして海外製の黒ずみクリームを使うのって実はかなりヤバいんですよ。知ってました?

 

医薬部外品の表記に関して

医薬部外品

こうした厚生労働省が認可した成分が配合されている医薬部外品(薬用)は、商品説明のどこかに必ず、

  • メラニンの生成を抑え、色素沈着を抑える
  • メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ

という表記があります。

 

ジャムウ石鹸のように「皮脂汚れ・古い角質汚れを落とす」とは絶対書いてありません。

何故ならジャムウ石鹸の場合、厚生労働省が認可した成分が入っていないので、

「メラニンの生成を抑えることが見込める」

とは薬事法上絶対に表記できないからです。

 

医薬部外品の値段相場

黒ずみクリーム

こういった医薬部外品(薬用)のクリームは有用成分が入っている分価格も少々高めの傾向にあります。

だいたいが5千円前後から高い商品だと1万円くらいのものもあります。

値段が高いクリームほど、上で紹介した有用成分の種類や量が多く入っているようです。

ジャムウ石鹸などは1個千円前後と非常に安価なため、つい手が伸びてしまいますが、こうした有用成分が全く入っていないため、デリケートゾーンや乳首の黒ずみの原因であるメラニンに対しては全く効果がないことを覚えておきましょう。

 

口コミ情報でわかった、医薬部外品(薬用)クリームを使用してどのくらいで黒ずみ改善効果を実感できたか?

 

化粧品やサプリメントなどの商品の販売ページを見ると、

「効果を実感できるまでに3か月程度の使用をおすすめします」

という表記を目にします。

 

デリケートゾーンや乳首の黒ずみを抑える医薬部外品(薬用)クリームの効果が表れる時期

デリケートゾーンや乳首の黒ずみを抑える医薬部外品(薬用)クリームの口コミを見ると、実際に効果を実感される人が2カ月~3か月に集中していることがわかります。

なので、「 効果を実感できるまでに3か月程度の使用 、、、、」という表記は、単に長いこと商品を継続的に購入してもらうための謳い文句なのではなく、あながち嘘ではないのかもと思いました。

デリケートゾーンや乳首の黒ずみ対策の医薬部外品クリームの場合は2~3か月で効果がでてくるという根拠があります。

 

2~3か月で効果が表れる根拠

肌のシミ対策の美白化粧品を長年使われている高齢の女性はこのあたりをよく知っているようです。

メラニンの生成を抑える対策は肌のターンオーバーの周期によって、効果が表れるのが早い人で1カ月半くらいから、遅い人で3か月くらいを目安に考えた方が良いです。

若い世代の人はこのターンオーバー周期の知識が乏しいので、1週間や2週間で効果が無いとあきらめる人が多い傾向にありますが、黒ずみやシミ対策は時間がかかるということが使っていくうちに段々わかっていくのでしょう。

 

皮膚のターンオーバー周期に関してはこちらの記事を参照してください。

Iラインの黒ずみの原因メラニンの排出とターンオーバー周期との関係
日本人のIラインの黒ずみは平均的に赤黒いと言われているけど、Vライン、Iライン、Oラインなどのデリケートゾーンの黒ずみクリームはなぜ1週間では効果が分からないの?なぜ皮膚は黒ずみが発生するの?皮膚のターンオーバーってなあに?

使用前使用後は黒ずみに対しハッキリ効果が判る準備が必要

デリケートゾーンのかゆみの悩み体験談

医薬部外品(薬用)クリームにせよ、そうでないジャムウ石鹸にせよ、口コミ情報でたまに見かけるのが、使いだした翌日に、

「気持ちワントーン明るくなったかも」

ということを言っている人がいますが、まずありえません

 

単なる思い込みにならないようにすることが大事

よほど汚れが付いていたのならまだしも、肌のターンオーバー周期を考えた時に、翌日黒ずみが薄くなるという事は無いのです。

翌日、2~3日、1週間で「こげ茶から茶色に変化した気がする」という口コミをたまに見かけますが、気がするだけで実際はまるで変っていない可能性が大きいです。

残念ながら美白はそんなに早く効果はでませんから。

 

2か月であきらめるのは微妙

また、勿体ないのは、医薬部外品(薬用)クリームは高いので、2カ月程度で効果を感じないと止めてしまう人。

せめて3か月は使ってみないと効果は実感できないと思います。

3カ月使って、全く効果が無いのであればその時点で止めた方がよいでしょう。

ですが、医薬部外品(薬用)クリームの黒ずみ対策の商品の口コミを色々と見る限りでは、3カ月使えば大抵の人は効果を実感されている傾向にあります。

 

使用前使用後が分かる対策を!

 

デリケートゾーンや乳首の黒ずみ対策をするのであれば、使用前使用後が分かるように必ず同条件で写真を残すことです。

同条件とは、同じ時間帯、同じ場所、同じ温度(室温)、同じ光量(部屋の明かりやカメラのフラッシュの有無)、同じカメラの同じ条件設定で撮影することです。

風呂上りは体温が上昇しているので、お風呂に入る前の方が良いでしょう。

 

あいまいな口コミが多い

口コミレビューを見ていて、よくあるのが、

 

  • 心なしか明るくなった気がする
  • 「気持ちワントーン明るくなったかな?
  • 「前よりピンクになったと思います

 

といったような非常に曖昧な判断をされている人が結構多い。

 

あいまいな記憶

 

人間の記憶力を当てにしてはいけません。

 

そういう対策商品を使えば、プラシーボ効果が介在する可能性があります。

 

プラシーボ効果とは、「これを使えば効果がある」と事前に暗示することで、全く効果が無くても効果が出たかのように錯覚(あるいは精神病や睡眠薬などでは本当に効果がある)することです。

 

栄養ドリンクを飲んだから元気が出たというような場合もプラシーボ効果によるものが大きいといわれています。

エナジードリンク

 

明確に使用前使用後が分かるようにするためには、自分の記憶だけに頼らないようにすることも大事です。

 

黒ずみ石鹸の販売ページと購入者レビューを徹底的に調査しました

デリケートゾーンや乳首の黒ずみに石鹸は効果ない

 

黒ずみ対策石鹸を1年も使ったのに全く効果が無いのはなぜ?

 

デリケートゾーン(VIOライン)、バストトップ、脇などの黒ずみ石鹸はなぜ効果が無いのか説明します。

 

デリケートゾーン(VIOライン)の黒ずみ対策・改善の石鹸の効果はない

石鹸それともクリーム

 

デリケートゾーン(VIOライン)の黒ずみ改善といった名目で販売されている石鹸やボディーソープはその殆どが医薬部外品ではないということは上で説明した通りです。

 

次の項目では実際に販売されている黒ずみ対策の石鹸の販売サイトを検証して、なぜ効果が無いのか論破します。

 

黒ずみ対策石鹸の商品ページを検証

いくつか楽天で販売されているデリケートゾーン(VIOライン)やバストトップ、脇などの黒ずみ対策石鹸の商品説明と、購入者レビューを見てみましょう。

 

楽天の検索窓で「デリケートゾーン 黒ずみ 石鹸」でヒットした商品の中で、購入者レビューが多い商品をピックアップしました。

 

●医薬部外品ではない商品で「黒ずみ対策」を謳っている商品のみ
●石鹸以外でもボディーソープやジェルも含む
●「臭いケア」のみの商品は除外
 

黒ずみ対策ができる石鹸として唯一メラニンへの効果が見込めるクリームソープ

アノコイクリームソープ
 
「アノコイ」は数ある黒ずみ対策の石鹸の中で、「アルブチン」や「ビタミンC誘導体」などのメラニンに対して効果が見込める成分が配合されているクリームソープ。

 

このあと紹介する石鹸の中でも唯一黒ずみ対策ができる石鹸と言っても良いでしょう。

 

 

ここから下は、ほとんど黒ずみには効果が見込めない石鹸です。

ジャムウピュアホワイトソープ Jamu pure White Soap

ジャムウピュアホワイトソープ

 

注目すべきは以下の説明文「アーチチョーク葉エキスは、毛穴の目立ち・角質の汚れによる黒ずみの要因を抑制する働きが期待され、、、」

 

黒ずみ石鹸

つまりデリケートゾーン(VIOライン)やバストトップ、脇などが角質の汚れで黒ずんでいる場合は効果があるという事。

 

メラニンで黒ずんでいる人には全く効果が無いということですね。

 

「私のデリケートゾーンは角質が黒ずんでいる」

 

のであれば効果はあるのかもしれませんが、メラニンに対しては全く効果が無いということは認識しておく必要があるでしょう。

 

何度も言いますが、デリケートゾーン(VIOライン)やバストトップ、脇などの黒ずみの原因はメラニン色素であるということを覚えておきたいです。

 

しかし、購入者レビューを見てみると、「まだ1週間ですが、黒ずみが少し消えたような気がします。」などという口コミもあります。

 

通常メラニンによる黒ずみが原因であれば、肌のターンオーバーの周期に合わせてだいたい3か月くらいから美白効果が現われるのですが、このレビューした人はよっぽど角質が黒ずんでいる人なのでしょう。

 

1週間で黒ずみが改善されるなどということはそれだけ考えられない事態なのです。

 

ジャムウ デリケートゾーンソープ

ジャムウ デリケートゾーンソープ

デリケートゾーン(VIOライン)やバストトップ、脇などの黒ずみ対策と明確に説明していないのですが、ところどころに「デリケートゾーン」や「黒ずみ」といった単語が出てくるので、デリケートゾーンの黒ずみに効果があるかのような誤解を生みやすいページ構成だなと思ってしまいます。

 

ジャムウソープということだけでデリケートゾーンの黒ずみや臭いを解消できるという商品がなんと多いことか。

 

パパイヤエキス

 

商品名「敏感肌のジャムウソープ 「お客様の幸せを心から願う気持ちを石鹸に詰め込んで」ジャムウ デリケートゾーンソープ 【1個】 ジャムウ スキンバランスソープ ジャムウソープ 臭い 黒ずみ 保湿 背中ニキビ お尻 おしり 二の腕 デコルテ ブツブツ ニキビ予防 石鹸 洗顔石鹸 ワキ ニオイ 」

 

という長~い商品名を見るとデリケートゾーン(VIOライン)やバストトップ、脇などの黒ずみに効果があるのかな?と錯覚してしまいますが、デリケートゾーンの黒ずみに効果があるという説明は特にありませんでした。

 

購入者レビューは4.29 (1,766件)でかなりの高評価。半数以上が4点か5点なのですが、内容を見てみると、

  • 「臭いが気にならなくなった」←この評価がかなり多い
  • 「刺激が少ない」
  • 「泡立ちが良い」
  • 「保湿成力がある」

 

という口コミが多かったです。肝心の黒ずみに関しては

 

  • 「黒ずみはまだ効果は定かではない」
  • 「黒ずみについての効果はまだよくわかりません」
  • 「お尻の黒ずみが気になり購入しましたが、まだ効果は感じれません」
  • 「黒ずみは分かりませんが、」

 

といったように効果を実感している人はほとんどいなかったのです。

 

ただ、

 

「2週間で黒ずみも少し薄くなった気がします」

 

といったような口コミもありました。

 

上の項目でもターンオーバー周期に関して説明しましたが、2週間で乳首の黒ずみが薄くなるなんてまずありえません。

 

漂白効果が高いとされているハイドロキノンでも無理でしょう。

 

臭いに対して効果が高い分、黒ずみも改善されたという「プラシーボ効果」のような気もしますが???

 

サマーズイブ

「サマーズイブ」というアメリカで1番売れているデリケートゾーンケアブランドのボディーウォッシュと保湿ジェルとウエットシートのセット販売です。

 

医薬部外品ではない場合、メラニンの生成を抑える成分は入っていないので、デリケートゾーンの黒ずみの原因は

 

黒ずみ石鹸

 

汚れや皮脂によるニオイや黒ずみ

 

となっています。「あなたのアソコは皮脂で汚れているから黒いんです」と言われてますよ。

 

とはいえ購入者レビュー件数は少ないものの4.52(66件)と高評価。

 

  • 「確実ににおいがしなくなった」
  • 「香りが良い」
  • 「洗い上りがしっとり」
  • 「痒みや刺激がない」
  • 「しみない」

 

など香りや使用感が良いのでリピートする人が多いようです。

 

ですが、黒ずみに関しては

 

「黒ずみが薄くなるまではまだわかりませんが」

 

という口コミがかろうじて黒ずみに対して触れている内容で、他は皆無。皆無なんです!

 

「発送が早くて云々」はレビューに入れるな!と思うのですが、結構その口コミが多かったです。

 

デリケートゾーンのニオイケアと保湿には良い商品なのだと思いますが、黒ずみケアに関してはあまり期待しない方が無難と思われます。

 

純正ジャムウ石鹸

純正ジャムウ石鹸

ジャムウ石鹸としては本家本元だそうで、2004年から発売されているそうです。

 

・ ワキ、VIOラインなどのニオイが気になる
・ 黒ずみが気になる

 

という人向けに販売されていますが、肝心な「どの成分がどのような効果がある」といった説明は皆無です。

 

それでも購入する人は「何となく良さげ」と思って購入するのでしょうが、その時点で販売元の思うツボにはまっていると言ってよいでしょう。

 

黒ずみ石鹸

 

というシンプルな説明のほかに天然由来成分のみ使用という説明があるだけです。まさにジャムウのパワーのみでここまでのし上がった感があります。 

 

さすが本家本元というだけあって2004年から販売していることもあり口コミレビューは3.90(732件)とまずまずの件数と評価。

 

5評価を見てみると、

 

  • 「臭いやオリモノには良く効く」
  • 「本当に臭いがなくなります」
  • 「デオドラントは本当に効果があります」
  • 「ここまで安いのは初めてで嬉しい」

 

といったようにやはり臭いに関してはかなりの効果があるようですが、黒ずみに関しては明確に効果があったという口コミはほとんどありません。

 

  • 「黒ずみは効果はわかりませんが、臭いは確実になくなりました。」
  • 「やはり黒ずみが薄くなってきたような気がします」
  • 「黒ズミも改善されつつある」
  • 使った日から効果が表れ、黒ずみが薄茶に」(スゴイ!)

 

使った日から黒ずんだ乳首が薄茶になるなんて、もはや漂白剤じゃないですか!!それかよほど皮脂汚れか角質汚れが溜まっていたとか?

 

これはあまりにも思い込みが激しいかプラシーボ効果なのだと思います。

 

評価の平均点が3.9なので、1や2の評価もそれなりの件数がありました。

 

  • 「全く効果なし黒ずみ少しでも薄くなればと思い購入しましたが、私にはなんの効果もありませんでした」
  • 「レビュー見て買ってみたけど、とくにどこにも効果なし」
  • 「ビキニラインなどの黒ずみが気になっていたので、全く効果ありません」
  • 「値段高い割には、一切何も変わりませんでした」

 

低評価の中には「ヒリヒリする」という口コミも何件かありました。

 

結局この石鹸もニオイケアには効果はありますが、黒ずみへ効果は期待しない方が良いと思います。

 

私はどの成分がどんな効果があるのかちゃんと説明されていない商品には手を出したくないですね。

 

ディープスイートラブ

ディープスイートラブ

黒を基調としたパッケージと外国人のモデルをふんだんに使ってイメージアップを図っている「ディープスイートラブ」という石鹸。

 

デリケートゾーンの黒ずみが気になる人に使ってほしいということはチェックリストからも見て取れます。

 

黒ずみ石鹸

 

他にも黒ずみに効果がありそうな記述があります。

 

黒ずみ石鹸

 

でも、黒ずみの原因が何なのか?どの成分が黒ずみに対して効果があるのかが全く説明されていません。

 

天然由来成分と無添加がデリケートゾーンにやさしいということしかわかりません。この石鹸も「ジャムウを使っているのでそれでいいでしょ?」的な石鹸です。

 

ジャムウに頼りすぎです。そんなにスゴイ成分なの?ジャムウって。

 

あとは怪しげなフェロモンで男性の脳を刺激するそうです。

 

とはいえ口コミレビューは4.51(606件)となかなかの高評価。半数以上が5評価です。

 

  • 「嫌な臭いがしないので何度も購入」
  • 「おりものが多いせいで気になってにおいが、この石鹸でなくなりました」

 

口コミレビューの殆どが香りが良いという評価が多く、香りが気に入ってなんどもリピート買いしている人が多い印象。

 

中にはデリケートゾーンだけでなく全身洗いや頭までこの石鹸で洗っているという人もいました。

 

一方やはり黒ずみに対してはほとんど効果を感じているという口コミは見当たりません。

 

  • 「黒ずみはすぐにとれるものではないと思うので続けて洗っていきたい」(多分待っても無駄)
  • 「黒ずみが少し薄くなりました」(それって本当?)

 

という程度。「黒ずみが少し薄くなりました」というのも本当に?と聞きなおしたいくらい。

 

香りが好きでリピ買いする人が多い反面、低評価の口コミは「香りが安っぽい」「普通の石鹸と変わらないのに高い」という意見もあり、香りに関しては好き嫌いがはっきり分かれるようです。

 

ヒリヒリや痒みを感じる人も若干名いたようで、肌に合う合わないもあるようですね。

 

【デリケートゾーン(VIOライン)やバストトップ、脇などの黒ずみ対策の石鹸やクリームは効果があるのか?】まとめ

石鹸

10個ほどデリケートゾーンの黒ずみ対策の石鹸の販売ページを見てみようと思いましたが、5個見た時点で確信しました

 

デリケートゾーン(VIOライン)やバストトップ、脇などの黒ずみ対策の石鹸はメラニンの黒ずみに対しては全く効果が無い

 

いや、百歩譲って少しは効果があるのかもしれませんが、デリケートゾーンの黒ずみ対策の石鹸を販売している業者が言うように

 

「皮脂汚れや角質の汚れ」

 

が強い人に対しては効果があるのかもしれません。

 

皮脂汚れや角質の汚れってそんなに溜る物でしょうか?

 

1週間くらいお風呂に入らなければ汚れが目立ってくるのでしょうが、毎日お風呂に入って入れは皮脂汚れや角質の汚れでデリケートゾーン(VIOライン)やバストトップ、脇などは黒くならないと思います。

 

そう考えるとやはりデリケートゾーン(VIOライン)やバストトップ、脇などが黒ずんでいる人の多くは摩擦や刺激などによる「メラニンによる黒ずみ」がほとんどと考えて良いと思います。

 

デリケートゾーン(VIOライン)やバストトップ、脇などの黒ずみが石鹸では効果がほとんど期待できないことが分かったと思います。

 

結論:クリームと石鹸はどちらが効果があるのか?という疑問に対しては『医薬部外成分が入っているか否か?』が重要という事です。

 

つまりクリームであっても医薬部外品でなければ効果は見込めないでしょう。

 

次の項目で紹介しているリンクはその医薬部外品のクリーム・美容液のみを比較していますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

デリケートゾーンの黒ずみクリーム関連リンク

↓メラニンの生成を抑える『医薬部外品』クリーム・美容液のみ比較しているので必見です。

500件の口コミから選んだデリケートゾーン黒ずみクリームランキングTOP3+α
黒ずみ改善効果が全く見込めない「黒ずみ石鹸ランキング」やステマばかりのランキングサイトに騙されないためにも、ちゃんとした根拠説明がされた黒ずみケアのランキングを探した方が良いです。このページでは500件の口コミ情報を元に、価格や返金保証条件なども加味したランキングを紹介しています。

 

デリケートゾーン(VIOライン)やバストトップ、脇などの黒ずみケアに関する気になる単語で探してみよう。


あなたが探している情報に出会えるかも?


タイトルとURLをコピーしました