ピンクインティメイトの効果・使い方・Q&Aとハイドロキノンに関して

ピンクインティメイト

ピンクインティメイトの効果・使い方・Q&Aとハイドロキノンに関して

デリケートゾーンや乳首などの黒ずみケアができる、医療用のピーリング剤ピンクインティメイトシステムピンクインティメント)。

この記事には以下の項目があります

  • ピンクインティメイトの成分や効果
  • ピンクインティメイトの使い方
  • ピンクインティメイトに関するQ&A
  • ハイドロキノンとの併用は可能なの?

あなたがもし、「黒ずみケアで失敗したくない!」と考えているならこの記事はかなり参考になるはずです。

もう失敗しない徹底的に絞り込んだ黒ずみケアランキングTOP3

 

あなたがもし、「黒ずみケアで失敗したくない!」と考えているならこの記事はかなり参考になるはずです。

もう失敗しない徹底的に絞り込んだ黒ずみケアランキングTOP3

 

ピンクインティメイトの成分・効果・使い方を紹介

デリケートゾーンや乳首などの黒ずみケアができる、医療用のピーリング剤ピンクインティメイトシステムピンクインティメント)の成分による効果、使い方、使用箇所を説明します。

ピンクインティメイトを実際に使っている人のブログ情報や、楽天などの購入情報はピンクインティメイトカテゴリで特集しています。
ピンクインティメイトシステムカテゴリ
本物(正規品)で、使用期限が古くないピンクインティメイトを安心安全で確実に手に入れる方法はコチラで説明しています。

安心してピンクインティメイトを購入する方法はこちらでまとめたので、是非参考にしてください。
ピンクインティメイト(ピンクインティメント)の正規品の購入方法まとめ

ピンクインティメイトシステムの成分の効果は?

ピンクインティメイトの成分による効果

ピンクインティメイトシステム(ピンクインティメント)は主にこれら4つの成分で構成されています。

読むのが面倒なら成分の太字の部分だけ読んであとは飛ばし読みでもいいよ。

コウジ酸:黒ずみを解消する成分

メラニン生合成の段階で、チロシンというアミノ酸がチロシナーゼという活性酵素によって変化し、最終的に黒化メラニンになりますが、コウジ酸はチロシナーゼを阻害することでメラニン生合成抑制と、TRP-2という活性酵素を抑制することでメラニンの色素沈着を防止する効果があります。(参考サイト:化粧品成分オンライン

クロロ酢酸:ピーリング作用のある成分。肌の活力アップ

皮膚を薬剤で処理して再生させるケミカルピーリングの薬剤として、美容整形(皺消し)、イボ(疣贅)や尖圭コンジローマの除去などに、モノクロロ酢酸同様に用いられる。(出典:Wikipediaトリクロロ酢酸より一部抜粋

ビサボロール:皮膚の柔軟作用

キク科植物カモミールに含まれ、抗炎症作用、製品自体の抗菌・防腐作用があり、ボディ&スキンケア化粧品などに使われる。(参考サイト:化粧品成分オンライン

バイオ刺激因子:皮膚再生プロセスの再活性化

バイオ刺激因子という単語では情報が出てきませんでしたが、おそらくは、「顆粒球コロニー刺激因子」の説明が最も多かったので、それを指すのだと思われます。ただしその説明内容は素人では難解でした。一応引用分を貼り付けておきます。

顆粒球コロニー刺激因子(Granulocyte-Colony Stimulating Factor:G-CSF)
顆粒球コロニー刺激因子(G-CSF)は、主にマクロファージより分泌され、GM-CSFの作用を経て分化がより顆粒球系に方向付けられた前駆細胞を標的とするサイトカインである。もっとも、GM-CSFおよびG-CSFの標的細胞を一連の血球分化過程において明確に区分できるか、またそれが妥当であるかの判断には、なお今後の研究に待つところが大きい。いずれにしても、感染症時の白血球増加、癌化学療法後あるいは再生不良性貧血時の白血球減少などの病態下におけるこれらCSFの変動を追跡することは、生体の造血機構の解明に有用であり、CSFの治療薬としての可能性にも的確な理解を与える一助となると思われる。(出典:LSIメディエンス

ピンクインティメイトシステム(ピンクインティメント)の使い方

ピンクインティメイトの使い方

ここではピンクインティメイトシステム(ピンクインティメント)の使い方を説明します。

  1. 黒ずみが気になる部位に塗布し、揉み込むようにして浸透させます。
  2. 2~3分間放置します。
  3. 水で湿らせたコットンで余分な薬液を拭き取ったあと、乾いたティッシュなどで軽く拭きます。
  4. 皮膚の状態に応じて2~3回以上、塗布を繰り返します。
  5. 鎮静および保湿作用のあるクリームで皮膚を保護します。
  6. 週に1回の塗布を4~5回行います。

(参考サイト:聖心美容クリニック)⇒ピンクインティメイトの項目の探し方はこちらで説明

ピンクインティメイトの正規品(使用期限を過ぎていないちゃんとした製品)を購入する方法はこちらで説明しています。

ピンクインティメイトの本物(正規品)を確実に購入するなら?

ピンクインティメイトシステム(ピンクインティメント)使用箇所

ピンクインティメイトの使用箇所

ピンクインティメイト(ピンクインティメント)が使用できる部位は以下。

恥丘大陰唇肛門周辺鼠径部乳首乳輪ワキひざくるぶし

ちなみに粘膜への使用は禁止となっているので、小陰唇には使えません

乳首、乳輪も粘膜の一種に該当しますが、使っても良いことになっています。

ただしピンクインティメイトシステムのブログ情報の口コミであったように皮むけや、刺激の強さを感じる人もいるので、使用の際は要注意し、医師の指導のもと使ってください。

 

皮むけなどが怖いので低刺激なクリームの方がいいなら、こちらの記事が参考になると思います。

イビサクリームの開発者インタビューでわかったVIO黒ずみケアで人気の秘密

ピンクインティメイトの副作用や使用上の注意とQ&A

ピンクインティメイトの副作用や使用上の注意事項

ピンクインティメイトは皮むけや、刺激の強さを感じる人もいるので、使用の際は要注意し、医師の指導のもと使うのが望ましいです。

この項目では副作用や使用上の注意と、美容整形外科や皮膚科のQ&Aをまとめた内容に関して説明します。

副作用(リスク)

ピンクインティメイトの副作用

ピンクインティメイトシステム(ピンクインティメント)の副作用(リスク)として美容整形外科、皮膚科のサイトを色々確認し、説明があったのは以下。

発赤灼熱感かゆみピリピリ乾燥色素脱失など

口コミでは皮むけすることが前提のような使われ方をしていましたが、そもそもの設計では、

「痛みや負担がなく、腫れや皮むけなどのダウンタイムもない」

というシステムです。

皮むけ黒ずみが改善されていると勝手な素人判断は危険です

使用する場合は必ず医師の管理のもと使用してください。

使用上の注意

ピンクインティメイトの使用上の注意

ピンクインティメイトシステム(ピンクインティメント)を処方してくれるクリニックに使用上の注意説明があったので、引用します。

  • 塗布前の数日間は、剃毛またはワックス脱毛を行わないでください。
  • 粘膜に塗布すると、しみるような痛みが出ることがありますので、粘膜へのご使用は避けてください。
  • 薬剤は開封後48時間以内に使い切ってください。
  • 目に入らないようご注意ください。
  • 万が一目に入ってしまった場合は、すぐに大量の水で洗い流してください。
  • 湿気のない冷暗所に保管してください。
  • 飲み込まないでください。
  • 子どもの手の届かないところに保管してください。
  • 前回の診察から半年以上経過している場合は、改めて診察が必要となります

(出典:聖心美容クリニック)(ピンクインティメイトの詳細説明を読む場合はこの説明を参考にしてください)

Q&A

ピンクインティメイトのQ&A

ピンクインティメイトシステム(ピンクインティメント)に関するQ&Aを美容整形外科や皮膚科で説明されている情報でまとめました。

Q:過度に肌が白くなる(白抜け)することはある?

A:メラニンの生成自体を完全に止めることはないのでそこまでの心配はない。

Q:1回でも効果を実感できる?

A:1週間に1回のペースで、3~5回が推奨されている。個人差はあるが、1回でも効果を感じる人もいる。

Q:塗布した後にはどのようなクリームを使用すれば良い?

A:保湿作用・抗炎症(鎮静)作用のあるクリームが推奨されている。

Q:痛み・ダウンタイムはある?

A:まれにピリピリ感や赤みを伴うことがあるが、一時的であり数分で治まる。腫れや皮剥けなどのダウンタイムもない。

一番下の「痛み・ダウンタイムはある?」の質問に対し、皮剥けのダウンタイムは無いという説明なので、やはり口コミ内容にあったような皮むけに関しては注意するべきでしょう。

皮がむけることが必ずしも黒ずみが改善されている兆候ではないということを覚えておく必要があります。

ピンクインティメイトシステム(ピンクインティメント)はハイドロキノンを使ってる?

ピンクインティメイトとハイドロキノン

ピンクインティメイト ハイドロキノン」と検索されることが多いのですが、その検索意図がいくつか考えられるので、おそらくこういうことを知りたいのだろうという想定で説明します。

ピンクインティメイト(ピンクインティメント)にハイドロキノンは配合されてる?

成分の項目で説明したとおり、ハイドロキノンは配合されていません。

ピンクインティメイトシステム(ピンクインティメント)の成分は以下の4つ。

  • クロロ酢酸 ・・・・ ピーリング作用
  • コウジ酸 ・・・・・ 美白効果があり、黒ずみを改善
  • バイオ刺激因子 ・・ 皮膚再生を活性化
  • ビサボロール ・・・ 皮膚を柔らかくする作用

ピンクインティメイトシステム(ピンクインティメント)とハイドロキノンの併用療法はOK?

美容整形外科や皮膚科のHPをいくつか確認しましたが、ピンクインティメイトシステム(ピンクインティメント)と、ハイドロキノンを併用して使うという療法はありませんでした。

美容整形外科や皮膚科での療法ではピンクインティメイトシステム(ピンクインティメント)を単体で使うか、ハイドロキノンを使う場合はトレチノインを併用して使う療法が多いです。

もしもあなた自身の判断でハイドロキノンとピンクインティメイトを併用しようかと考えているのなら絶対やめた方が良いでしょう。
説明したように、併用療法の情報はどこにもなかったので、勝手な素人判断をするのは非常に危険です。
併用して使いたい場合は必ずお医者さんに相談の上使用してください。

ユークロマクリーム被害

↓海外製ハイドロキノン配合クリームを素人判断で使うととんでもないことになったという記事はこちら

海外製Iラインの黒ずみクリームの危険性(クリックして確認)

ピンクインティメイト(ピンクインティメント)正規品の購入方法

安心安全なピンクインティメイトの使い方をするため、当サイトでは必ず医師の管理のもとで使うことを推奨しています。

上で説明しているように海外製のハイドロキノンクリームを素人判断で使ったトラブルが急増し、厚生労働省も注意喚起をしています。

 

 

安心してピンクインティメイトを購入する方法はこちらでまとめたので、是非参考にしてください。
ピンクインティメイト(ピンクインティメント)の正規品の購入方法まとめ

 

ピンクインティメイトの効果・使い方・Q&Aとハイドロキノンに関して【まとめ】

ヤフオクやメルカリなどで購入し、勝手な素人判断で使うと皮むけや肌トラブルなどのリスクがあることは承知しておくこと。

あるブログの記事では唇に塗ってみたという話がありましたが、粘膜への使用は想定外の使い方なので絶対にやめた方が良いでしょう。あくまでも自己責任ということです。

また、「ピンクインティメイト ハイドロキノン」と検索される人が毎月何名かいますが、ハイドロキノンは配合されていません。

素人判断で海外製のハイドロキノンとピンクインティメイトを勝手に併用するのは大変危険です。あなたの大事な部分がボロボロになるかもしれないので、絶対に併用はしないでください。

発赤・灼熱感・かゆみ・ピリピリ・乾燥・色素脱失などの副作用のリスクもあるので、必ず聖心美容クリニックなどの美容整形外科の医師の管理のもと使うようにしてください。

ピンクインティメイトを実際に使っている人のブログ情報や、楽天などの購入情報はピンクインティメイトカテゴリで特集しています。
ピンクインティメイトシステムカテゴリ

 

安心してピンクインティメイトを購入する方法はこちらでまとめたので、是非参考にしてください。
ピンクインティメイト(ピンクインティメント)の正規品の購入方法まとめ

値段がちょっと高いし美容整形外科に行くのはちょっと、、、なら市販の黒ずみケアクリームで使った人たちの評価が高い物を使えばよいのです。

22商品から徹底的に黒ずみケア商品を3つにしぼると?

タイトルとURLをコピーしました