Twitterはこちら⇒@Blackeningcare


お問い合わせ⇒運営情報&フォーム

Twitterはこちら⇒@Blackeningcare
お問い合わせ⇒運営情報&フォーム

デリケートゾーン(VIO)の黒ずみビフォーアフター写真は100%信じない方がイイ

知っておきたい情報

デリケートゾーン(VIO)の黒ずみビフォーアフター写真は100%信じない方がイイ

 

本気ですか?

あなたは今デリケートゾーンVIOライン)や乳首の黒ずみビフォアーアフター写真で比較している情報を探していますね?

 

でもあなたが探してるビフォアーアフター写真はほとんど『嘘』(※画像加工)の可能性が結構高いんです。
※画像加工とは、画像データをPCのソフトを使って改ざんすること。画像の一部を消したり、足したり、色変換、モザイク処理などができます。

 

デリケートゾーン(VIO)や乳首の黒ずみのビフォアー、アフター比較写真なんていくらでも加工ができちゃうんですって、、、

デリケートゾーンのビフォアーアフター写真に限らず、画像がデータ化されていればどんな写真だって加工できると思った方がよいです。

 

ワンポイント28年間、雑誌のグラビアや洋服カタログなどの画像処理関連仕事をしていた私が、デリケートゾーン黒ずみのビフォアーアフター写真比較はウソの可能性が高いということを、納得のいくようにじっくり教えます。

ちなみにこのページのトップ画像も私が加工した画像です。

 

デリケートゾーンの黒ずみビフォアーアフター写真は信用できないという決定的証拠を掴みました。

まずは次の項目を見てください。

 

『クロズミケア』は、デリケートゾーンVIO)や乳首ワキなどの黒ずみ解消がテーマ。気になる単語から検索できます。

どの黒ずみケアクリームが良いのか迷っているならTOP3ランキングを参照してください。

『クロズミケア』は、デリケートゾーンVIO)や乳首ワキなどの黒ずみ解消がテーマ。気になる単語から検索できます。

どの黒ずみケアクリームが良いのか迷っているならTOP3ランキングを参照してください。

【これは衝撃】デリケートゾーン(VIO)の黒ずみビフォーアフター写真が嘘だった決定的証拠

デリケートゾーンの黒ずみビフォアーアフター写真は嘘、ねつ造

ネットで公開されているデリケートゾーンの黒ずみビフォアーアフター写真なんて、加工された嘘の情報の可能性がかなりあるのです。

■ この決定的証拠はあなたもグーグル検索で見つけることができます(のちほど説明)

 

黒ずみビフォアーアフター写真はお仕事依頼サイトで集められた後に加工されている衝撃的事実発覚!

 

全部のビフォアーアフター写真の比較サイトが嘘とは言いません。

ですが、グーグルで以下の検索をした時にウソ、ねつ造であることが発覚しました。

 

 

検索結果の中にある仕事依頼をするサイト(ラ〇サーズ)の情報が引っ掛かりました。

 

リンクを張ろうと思いましたが、何かのタイミングでページが削除されるかもしれないのでスクショしています。

 

スマホは「ピンチアウト」で拡大できます。

PCは拡大表示か、DLして確認してください。

デリケートゾーンの黒ずみ写真ビフォアーアフター依頼

↑とあるお仕事依頼サイトの募集内容

 

スクショだと分かりづらいので、かいつまんで説明します。

【仕事依頼内容】

デリケートゾーンの黒ずみのビフォーアフター元素材の写真

※注意点
こちらで加工しますので、部位の色の変化は無くて構いません
・1セット計5枚(ビフォー写真1枚、アフター写真4枚)の撮影。
写真5枚とも下着を変える

【報酬】
5枚1セットで3000円
※1名あたり何セットでも応募可
※ただし、1セット目の写真と2セット目の写真が、同一人物だと分かる写真はNG

【募集条件】
年齢:20~30代
性別:女性

 

これがどのデリケートゾーンの黒ずみビフォアーアフター写真比較のサイトで使われているのかは不明ですが、ポイントは、

 

こちらで加工しますので、部位の色の変化は無くて構いません。

 

という文言。

 

部位の色に変化が無くても加工しちゃうんじゃないですか!

 

という部分と、

 

写真5枚とも下着を変える

 

1セット目の写真と2セット目の写真が、同一人物だと分かる写真はNG

 

というところ。

 

1セット目と2セット目が同一人物とわからなければ同じ人が何枚も下着を変えて写真を撮ればいいってことじゃん!

ただ単に下着を変えた写真を揃えたいってことね。

つまりあなたが探しているデリケートゾーン(VIOライン)の黒ずみ写真ビフォアーアフターは、下着を変えて5枚撮影した写真を加工して掲載されている可能性があるということです。

下着を変えて5枚写真を撮れば3千円もらえるなら楽な仕事ね。

 

同一人物とわからなければ下着を変えて何セットでも撮影すればいいだけなんですね。

例えば「イ●サクリームを使ったら100日後にここまで黒ずみが改善されました」といったようなビフォアーアフターの見せ方も簡単ということです。

 

だって写真は加工してしまえば良いのですから。

はっ!そういうデリケートゾーンの黒ずみのビフォアーアフターの写真ばかりを掲載しているサイトで、やたらと違う下着ばかりのサイトがありました。

考えてみると、同一人物なのに下着がいつも”絶対に違う”ということの方が不自然ですね。

 

デリケートゾーン写真ビフォアーアフター

黒ずみ写真もそうでない写真もかなり不自然です。

こういうデリケートゾーンの黒ずみ写真をビフォアーアフターで紹介しているサイトは注意した方が良さそうですね。

 

あなたはそれでもまだデリケートゾーンの黒ずみビフォアーアフター写真比較を信じますか?

 

デリケートゾーンの黒ずみ写真ビフォアーアフター(グーグル検索結果を表示)」←今話した内容は嘘ではないということがグーグル検索結果にまだ出てくるかもしれません。
(グーグル検索結果の中に【3,000円/撮影のみ】デリケートゾーンの黒ずみのビフォー・・・のようなタイトルがあると思います)(新しいタブで開きます)

 

嗚呼、ネットにはウソの情報が多いんですね、、、、。

 

『クロズミケア』はこのようなギョーカイの裏事情をバンバン暴露しています。

ウソ・サクラのステマ情報に騙されないためにも是非ブックマークして他の記事も参考にしてみてくださいね。

 

 

 

 

デリケートゾーン写真ビフォアーアフターがウソだということがわかった。

じゃあどんな製品を選べばいい?

その答えはココ

【4つの厳選基準】もう失敗しない黒ずみクリームランキングTOP3+α

 

写真どころか動画までも簡単に偽物が作れる時代

写真どころか動画までも簡単に偽物が作れるディープフェイクとは?

 

コンピューター技術(AI技術)が進歩し、専門の機器が無くても超簡単に偽物の動画が作れてしまうことをあなたは知っていますか?

動画の場合「ディープフェイク」というAIを使った技術で、いとも簡単に他人の顔をすり替えるといった偽物動画が作れてしまうのです。

 

ディープフェイク技術で簡単に顔を入れ替えた動画を紹介

わかりやすいのはアイアンマン役のロバート・ダウニー・ジュニアの顔をトム・クルーズに変えてしまったこのYoutube動画。

 

 

 

偽物(フェイク)動画と言われないと見わけがつきませんね。

 

写真編集加工技術が圧倒的に向上したAdobe フォトショップはご存じ?

Adobe Photoshop

写真をデジタル技術で修正・補正・加工するということは、実は30年近くも前から一部の業種(出版・印刷など)では当たり前に行われていました。

当時は数千万円もする専門の機器でしか画像の加工はできませんでしたが、20年ほど前にAdobe フォトショップが世に出たあたりから誰にでも簡単に画像の加工ができてしまうようになったのです。

 

フォトショップの神職人といわれるジェームズ・フリードマンの写真加工技術の数々のYoutube動画をごらんください。

 

まあこれはお笑い動画ですが、フォトショップがあれば写真なんて簡単に修正、加工、偽造できてしまうということがよく分かったと思います。

 

あなたもフォトショップのような本格的な写真加工ソフトでなくても、「Foodie.」や「SNOW」「MakeupPlus」のようなスマホアプリで簡単に自分の写真の色を変換してインスタ映えを狙ったことはありませんか?

 

写真加工アプリ

 

カコジョアプリ(加工女装)などでも有名な『FaceApp』のようなアプリでも簡単に画像の加工ができる時代なのに、いまのご時世でデリケートゾーン写真ビフォアーアフターを探していたら、ステマサイトにだまされちゃいますよ!
カコジョアプリで有名なFaceApp

 

 

あるいはペイントソフトで簡単な書き文字などをしたことがあるかもしれません。

書き文字

こういうペイントソフトも写真加工と同じ技術を使っています

 

 

それでもまだ写真の加工など簡単にできてしまうということに気づいていない?
写真なんていくらでも加工できるんですよ。じゃあ何を信頼すれば良いかというと、口コミの評価ではないですか?

 

怪しいダイエット系やくすみやシミがとれたという化粧品の広告などはホント?

シミケアの写真比較

こんなにも簡単に写真は加工ができちゃうんです

 

TVショッピングやネットの広告などで度々見かける比較写真の広告。

「こんなにスッキリ」というダイエットの広告や、「くすみやシワが取れた!」という化粧品の広告など。

 

「え~!?撮影条件全然違うじゃん?」とか、「腹をへこませてるだけじゃないの?」とツッコんだことない?

 

まさか全て鵜呑みにしているなら、あなたはそういう広告を出している企業の「良いカモ」ですね。

全てがウソとは言いませんが、これまで説明した通り特に静止画像の写真の加工など簡単にできてしまうんです。

 

ちなみに先ほどの「あのしつこかったシミがこんなにも!」の画像は私が写真を加工しました。

 

まだまだ簡単に作れるビフォアーアフター比較写真の加工

ということで、写真の加工なんて簡単にできてしまうことが分かったと思いますが、

 

「デリケートゾーン 黒ずみ 写真 ビフォアーアフター」

 

という検索をしてこの記事にたどり着いたあなた向けに、もう3点ほどビフォアーアフターの比較写真をお見せします。

 

まずは「乳首がピンクになった!」という加工例。

乳首写真ビフォアーアフター

※アダルトサイトの判定をされないようにモザイク処理しています

 

「デリケートゾーンのビフォアーアフター写真比較」も、

ビキニライン写真ビフォアーアフター

このような写真の加工なんて10分足らずで簡単にできてしまうのです。

 

こういうデリケートゾーンの黒ずみのビフォアーアフター写真ばかりを掲載してるサイト見たことある。

そういえば全部派手な下着でなんだか不自然だと思ったんだよね。

 

もう少し凝(こ)った見せ方をするなら、皮膚の拡大写真などを付けるともっとそれっぽく見えます。(↓この写真も加工しています)

デリケートゾーンの黒ずみ写真ビフォアーアフター

 

しかもこれらの写真と先ほど紹介したシミが取れた顔の写真は、全てAdobeフォトショップのような高いソフトではなく、無料のソフト(PhotoScape(新しいタブで開きます))で加工しました。

 

Adobeフォトショップのようなお金のかかるソフトではなく、完全無料のフリーソフトでも写真の加工は簡単にできてしまいます。(他に写真の加工フリーソフトでは『JTrim(新しいタブで開きます)』なんかもかなり有名です)

 

超有名芸能人の写真集やグラビアでも、ムダ毛、ニキビ、ホクロ、シワ、ぜい肉、ブラ線、ニプレス消しなどの画像修正・加工は当たり前に行われてるんですって。知らなかった。

私はかなり有名なタレントやAV女優さんのアンダーヘアーを増やしたり、消したりといった画像修正・加工もやったことがありますよ。

宮沢〇え(当時18歳)のヘアヌード写真集がバカ売れしたことがきっかけで、ヘアヌード写真集を出版する芸能人が一時期多発したけど、撮影時のアングルによってはアソコが見えちゃうから、アンダーヘアを増毛する加工が当たり前だったんだよね。

ちなみに当サイト『クロズミケア』で使用している写真は、全てさきほど紹介した『PhotoScape(新しいタブで開きます)』で文字や丸印などの画像の加工をしています。(フォトショップ使うのは高いですから)

 

デリケートゾーンの黒ずみ写真比較は100%信じない方がイイ【まとめ】

PCで簡単に写真を加工

ここまで説明したように写真の加工なんてド素人でも簡単にできてしまうということを知っておく必要があります。

 

TVショッピングやネットのビフォアーアフター写真のすべてがウソだとは言いませんが、

信じるか信じないかはあなた次第です

 

そもそもデリケートゾーンの黒ずみビフォアーアフター写真を個人の趣味で掲載しているようなブログは存在しないと思った方が良いですよ。

 

こういったビフォアーアフター写真で消費者を騙そうとする業者に対し、薬機法の医薬品等適正広告基準では効果効能を保証する表現は禁止されているのです。

(6)効能効果等又は安全性を保証する表現の禁止
医薬品等の効能効果又は安全性について、具体的効能効果等又は安全性を摘示して、それが確実である保証をするような表現はしないものとする。

 

仮にそういったビフォアーアフター写真を掲載しているサイトがあったとすれば100%ステマと思って間違いないでしょう。

 

ビフォアーアフター写真の紹介の後に必ずイビサクリームなどの公式サイトへのリンクボタンがありますからね。

 

ほかにも、いわゆる購入者の商品レビューのサイトも全てステマと思って間違いないでしょう。

 

購入者レビューサイトは100%ステマ

(参考記事:VIO黒ずみクリームのステマ・サクラ・ウソの口コミ情報の見分け方

 

では現代社会において黒ずみケアクリームを購入する場合、何を信じたら良いのでしょうか?

 

どうすればホントに効果が有る黒ずみケアクリームにたどり着けるの?

どうすればホントに効果が有る黒ずみケアクリームにたどり着けるの?

 

『クロズミケア』では、数多くの黒ずみケアクリームの中で、どれが最も効果が有るのか?ということを以下の方法で絞り込んでいます。

  • 黒ずみ(メラニン)抑制効果が有る医薬部外品に限定
  • 公式サイトがある、商品開発力がある商品に限定
  • 大手通販サイトの口コミ件数や内容と平均評価点

 

出典元がちゃんとわかる口コミ情報は、信ぴょう性は高いですね。

でも口コミ内容によっては単なるプラシーボ効果の情報も多いので、見極めが重要ですね。

 

逆に全く参考、信用をしていない情報としては、

  • 購入者レビューのサイト
  • 出典元へのリンクが全く無い口コミ情報を紹介しているサイト
  • ビフォアーアフター写真を掲載しているサイト
  • @コスメの無料モニターによる口コミ情報
  • インスタグラマーによるモニター投稿
内容が薄っぺらいインスタグラマー

すでにオワコン化しているインスタグラマーのモニター投稿

あ~こういうインスタグラマー、イラっ!とする。

 

デリケートゾーン・乳首・脇などの黒ずみケアに効果が有る医薬部外品を22商品からピックアップし、3つまで厳選するとこのランキングのようになります。

黒ずみケアクリーム総合ランキングはこちら

 

タイトルとURLをコピーしました