SNSフォローボタン
Twitterはこちら⇒@Blackeningcare
お問い合わせ⇒運営情報&フォーム
Twitterはこちら⇒@Blackeningcare お問い合わせ⇒運営情報&フォーム

Iラインの黒ずみケアを市販品で失敗しない方法

おすすめできないケア

Iラインの黒ずみを治すのに選んじゃいけない商品

 

日本人のIラインの黒ずみは平均的に赤黒いと言われていますが、Vライン、Iライン、Oラインなどのデリケートゾーン黒ずみケア市販品で行う場合に、間違えた選択をしてしまうといつまで経っても黒ずみが改善されないなんてことに、、、、、。

 

当サイトでは市販品の黒ずみケアで失敗しない方法をお伝えしています。

 

デリケートゾーン(VIOライン)の黒ずみケアを市販品で行う場合に失敗しない方法それは?

黒ずみケアに失敗

 

まず最初に結論から話すと、市販デリケートゾーン(VIOライン)黒ずみケアをすることを考えると、選択肢は医薬部外品一択になります。

 

それを知らずに間違えた黒ずみケアをしてしまうと、黒ずみが改善されるどころか逆に悪化してしまうことだって考えられるので、ここから下はしっかり知識として蓄えてください。

 

デリケートゾーン(VIOライン)の黒ずみをケアする方法は色々

デリケートゾーン(VIOライン)の黒ずみケアを考えた場合、色々な方法があります。

 

一番良いのは美容整形外科や皮膚科によるレーザー治療になり、その次も同様で、美容整形外科や皮膚科のピンクインティメイトシステム(薬品塗布)による治療です。

 

ですがクリニックでのケアは何かとお金がかかるので、市販品でなんとかならないか?と悩んで今この記事を読んでいますよね。

 

クリニックによる治療も含んで効果の出る順番が知りたければこちらの記事を参照してください。

Iラインの黒ずみがひどい場合に失敗しない方法とは?
日本人のIラインの黒ずみは平均的に赤黒いと言われています。デリケートゾーン(Vライン、Iライン、Oライン)やバストトップ、脇などの黒ずみがひどい場合の対処法としてネットには様々な情報がありますが、中にはウソで適当な情報も多々あります。あなたはそんなウソの情報に振り回されたくはないですよね?

 

今回の記事の内容をかいつまんで話すと、黒ずみケアの効果の順番としては、

 

  1. 美容整形外科や皮膚科によるレーザー治療
  2. 美容整形外科や皮膚科のピンクインティメイトシステム
  3. 美容整形外科や皮膚科で処方されるハイドロキノンとトレチノイン
  4. 市販品では医薬部外品(薬用)に限る

 

という順番になります。

 

今回の記事は「市販品黒ずみケア」ということが大前提なので、その話をしていきます。

ニベア、オロナインは論外。使っているなら即刻止めるべき

デリケートゾーンの黒ずみにオロナインやニベアは効果が無い

ニベア⇒保湿

オロナイン⇒殺菌消毒

 

どちらも黒ずみの原因のメラニンの生成を抑える成分は配合されていないのと、デリケートゾーンへの使用は想定されていないので、下手に使うとかぶれたり赤みなどが生じる可能性があります。

 

オロナインに至っては殺菌消毒の効能があるので、膣内のデーデルライン桿菌(乳酸菌)も殺菌してしまい、臭いの原因を作りだしたり、膣内への病原菌の侵入を許してしまい、思いもよらぬ病気にかかるリスクがあります。

 

グーグルで「デリケートゾーンの黒ずみ ニベア、オロナイン」といった検索数が結構あるので一応注意喚起としてこの話をしました。

 

もし使っている人がいたら即刻止めるべきです。

 

オロナインやニベアは全く効果が無いという記事は以下を参照してください。

オロナインやニベアは平均的に赤黒いIラインの黒ずみに効果はある?
日本人のIラインの黒ずみは平均的に赤黒いと言われていますが、デリケートゾーン(Vライン、Iライン、Oライン)の黒ずみを治すのにオロナインとニベアは効果があるのか?

 

 

石鹸やワセリンはあくまで防止策として考える

黒ずみ対策石鹸は効果なし万能クリーム

 

当サイトで何度も説明していますが、「黒ずみ改善」と銘打って販売されている石鹸も黒ずみ改善効果が全く無いと思ってよいです。

 

詳しくは、

デリケートゾーンの黒ずみ対策はクリームと石鹸どっちがいい?
デリケートゾーンや乳首の黒ずみ対策でクリームと石鹸のどっちがいいか迷っている人が多いですね。このページを読めばデリケートゾーンや乳首の黒ずみ対策に石鹸にはほとんど効果が無いことが分かります。ではクリームが良いのか?というと、、、、???

 

の記事で説明していますが、黒ずみ対策と銘打って販売されている石鹸でも、メラニンの生成を抑える成分は全く配合されていないので、単に皮脂汚れや角質汚れを落とすだけの代物です。

 

「この石鹸を使えばいつかは黒ずみが改善される」と信じ切って使い続ける女性が思いのほか多いのが驚きですが、黒ずみの原因(メラニン)と、対策(メラニンの抑制)をしない限りは一生治ることが無い、原因と対策を間違えてしまっている例です。

 

いつかは脱毛が完了すると信じて、脱毛効果が弱いエステの光脱毛に何十回と通い、何十万円も損をしているのと似たようなもの。

 

医療レーザー脱毛なら毛根まで死滅するほど効果が高いので、5~6回もあればだいたい終了するのに。

 

話がそれましたが、結局黒ずみ改善石鹸なんてデリケートゾーン(VIOライン)の洗浄と保湿効果くらいしかないので、黒ずむ原因になる乾燥を防ぐくらいしか効果は無いのです。

 

ワセリンも保湿効果はありますが、メラニンの抑制効果はありません。

 

保湿としてワセリンを使う場合、グレードが低い黄色ワセリンは不純物が多いので、使うとしても白色ワセリン、プロペト、サンホワイトが望ましく、デリケートゾーン(VIOライン)の中でも粘膜への使用は避けた方が良いです。

 

ワセリンの他の使い方としては、デリケートゾーン(VIOライン)周辺のマッサージにより血行促進や免疫力向上、リフトアップなどの効果が期待でき、黒ずみを防止するには良いでしょう。

 

ワセリンに関する記事は、以下を参照してください。

デリケートゾーンの黒ずみ解決にワセリンで失敗しない方法
日本人のIラインの黒ずみは平均的に赤黒いと言われていますが、Vライン、Iライン、Oラインなどのデリケートゾーンの黒ずみにワセリンを塗ると効果があるといういい加減な情報が多いです。このページではデリケートゾーンの黒ずみにワセリンを塗っても失敗しない方法を説明します。

 

市販のピーリングジェルやクロキュア、アットノン、ワキレホワイトは効果なし

クロキュアアットノン、ワキレホワイト

 

まずピーリングですが、いくつか注意する項目があります。

 

ピーリングジェルでデリケートゾーン(VIOライン)のケアに使う場合の注意点

  • デリケートゾーン(VIOライン)専用を使う
  • 粘膜への使用はしない
  • アフターケアで必ずローションや乳液での保湿をする
  • 頻繁に使用しない

 

ピーリングは肌の角質を取る行為なので、皮膚の薄い粘膜への使用は厳禁です。

 

黒化した皮膚表面の角質を取るだけなので、メラニンの抑制という根本原因には効果がありません。

 

クロキュアやアットノンはデリケートゾーン(VIOライン)の黒ずみに効果なし

クロキュアは第3類医薬品でアットノンは第2類医薬品なので一見効果がありそうに思いますが、これも尿素が黒ずんだ角質を取り除いたり、傷あとのターンオーバー(新陳代謝)を促進するだけなので根本的な対策にはなりません。

 

使用上の注意としてクロキュアやアットノンも粘膜への使用はしてはいけないことになっています。

 

ピーリングやクロキュアは、あくまでも粘膜以外の部分の角質ケアでしか使えないということです。

 

ワキレホワイトをデリケートゾーン(VIOライン)に使おうとする中高生多数

ワキレホワイトはデリケートゾーンに使っても良い?

ワキレホワイトはロート製薬が販売しているワキ専用の黒ずみクリームです。

値段が千円ちょっとで買えるので、ワキレホワイトをデリケートゾーン(VIOライン)に塗っても黒ずみが改善すると考える中高生が多いようです。

 

ワキレホワイトの特徴は、

  • 医薬品、医薬部外品ではなくあくまで化粧品レベル
  • ワキ以外への使用は推奨されていない
  • 角質を柔らかくほぐし、角質層まで浸透。古い角質をオフという効果しかない
  • メラニン抑制はできない

 

これらから推察すると、デリケートゾーン(VIOライン)の黒ずみケアには使わない方が良いでしょう。ワキ専用ですから。

アットコスメブログのランキング記事で、「ワキレホワイトは敏感なワキに使えるからデリケートゾーンにも使える」という馬鹿丸出しの見解をしていましたが、デリケートゾーン(小陰唇)は粘膜で、ワキの皮膚は粘膜ではないので同じ扱いをしてはいけません。

 

馬鹿丸出しのアットコスメブログ記事に関してはこちらを参照

市販ハイドロキノンはデリケートゾーンの黒ずみに使ってよい?
日本人のIラインの黒ずみは平均的に赤黒いと言われていますが、デリケートゾーン(Iライン)の黒ずみを治すのにハイドロキノン配合のオバジHQは絶対おすすめできない理由を説明しています。ヘタに使うとかぶれやヒリヒリ感、赤みといった副作用を起こす可能性だってありますよ。

 

デリケートゾーン(VIOライン)の黒ずみケアを市販品で行う最適解

ドラッグストア

 

ここまで説明した中では、クリニックで治療するくらいしかデリケートゾーン(VIOライン)の黒ずみケアをする方法がありませんでしたが、市販品で黒ずみケアをする方法はあります。

 

デリケートゾーン(VIOライン)の黒ずみケアには医薬部外品を使う

 

デリケートゾーン(VIOライン)の黒ずみケアには医薬部外品(薬用)のクリームや美容液を使うとことをおすすめします。

 

医薬部外品とは、厚生労働省が認可した成分が配合されている商品のことです。

 

厚生労働省が認可した成分に関しては、

デリケートゾーンの黒ずみを解決する成分は?
日本人のIラインの黒ずみは平均的に赤黒いと言われていますが、Vライン、Iライン、Oラインなどのデリケートゾーンや乳首の黒ずみ解決、対策を考えるなら、単にハーブが入っているだけの石鹸では駄目です。黒ずみ改善を考えるなら、ちゃんとメラニンの生成を抑える医薬部外品(薬用)の商品を選ぶ必要があります。

 

で徹底的に詳細を説明しているので是非一度ご覧になって頂きたいですが、ざっくりと説明すると、よく【薬用】歯磨き粉に入っている「トラネキサム酸」などがそれにあたります。

 

黒ずみの原因メラニン抑制成分配合=医薬部外品

メラニンの抑制効果が期待できる成分(有用成分)が配合されている=医薬部外品(薬用)ということになります。

 

ここまで話したように、デリケートゾーンの黒ずみの原因であるメラニンの生成を抑えるために市販品でケアするとすれば医薬部外品しかないということです。

 

その医薬部外品でどんな商品があり、それぞれにどんな成分が配合され、クチコミはどうなのか?ということに関しては、こちらの記事で詳しく説明しています。

Iラインや乳首の黒ずみ解決商品紹介
日本人のIラインの黒ずみは平均的に赤黒いと言われていますが、デリケートゾーン(VIOライン)や乳首の黒ずみの解決商品の中でも、「効果がある」という口コミが多い商品はどれなのか?調べました。

 

医薬部外品でも少し値段が高めの方が効果が高い

おすすめの黒ずみクリーム

 

当サイトではこれまで数々の商品の口コミ数百と見てきましたが、その中でも効果があったという口コミが多い商品のみ厳選して紹介しています。

 

価格帯としてはだいたい4千円以上になると、効果があるという口コミが多い傾向にありました。

 

それと医薬部外品を使ってのデリケートゾーン(VIOライン)の黒ずみケアは、少なくとも2か月以上は様子を見るべきです。

 

それはお肌のターンオーバー周期(6週間)と密接に関わりがあるため、1か月程度ではちょっと効果が分かりづらいからです(効果があるという口コミはだいたいが2か月以上使った人たち)。

 

その中でも特におすすめできる医薬部外品のランキングはこちらを参照。

500件の口コミから選んだデリケートゾーン黒ずみクリームランキングTOP3+α
黒ずみ改善効果が全く見込めない「黒ずみ石鹸ランキング」やステマばかりのランキングサイトに騙されないためにも、ちゃんとした根拠説明がされた黒ずみケアのランキングを探した方が良いです。このページでは500件の口コミ情報を元に、価格や返金保証条件なども加味したランキングを紹介しています。

 

デリケートゾーン(VIOライン)の黒ずみケアを市販品で行う場合に失敗しない方法【まとめ】

OK

 

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

この記事を要約すると、

 

市販品でデリケートゾーン(VIOライン)の黒ずみケアをする場合⇒医薬部外品のみ

クリニックで治療する場合⇒レーザー治療、ピンクインティメイトシステム、ハイドロキノン・トレチノイン処方

 

ハイドロキノンに関しては上で説明していませんでしたが、使うとすれば医師から処方されたハイドロキノンでないと効果は薄いということと、下手に市販品を使うと副作用の恐れもあります。

 

ハイドロキノンに関してはこちらを参照してください。

市販ハイドロキノンはデリケートゾーンの黒ずみに使ってよい?
日本人のIラインの黒ずみは平均的に赤黒いと言われていますが、デリケートゾーン(Iライン)の黒ずみを治すのにハイドロキノン配合のオバジHQは絶対おすすめできない理由を説明しています。ヘタに使うとかぶれやヒリヒリ感、赤みといった副作用を起こす可能性だってありますよ。

 

市販品で間違えた黒ずみケアをされないことを祈っています。

 

黒ずみケア成功

 

デリケートゾーンケアに関する気になる単語で探してみよう。

あなたが探している情報に出会えるかも?

 

タイトルとURLをコピーしました