SNSフォローボタン
Twitterはこちら⇒@Blackeningcare
お問い合わせ⇒運営情報&フォーム
Twitterはこちら⇒@Blackeningcare お問い合わせ⇒運営情報&フォーム

Iラインの黒ずみの原因メラニンの排出とターンオーバー周期との関係

黒ずみの原因 黒ずみの原因

黒ずみクリーム

 

日本人のIラインの黒ずみは平均的に赤黒いと言われているけど、デリケートゾーンや乳首の黒ずみクリームを使っても、1週間とか1か月とかでなかなか治らないのはなんでなんだろう?

使ってるクリームが悪いのかな?

1週間とか1か月では黒ずみクリームの効果を得ることは難しいです。

そういうことを前面に押し出したステマサイトに騙されないようにしてください。

なぜならそれには皮膚ターンオーバー周期が密接に関わっているからです。

この記事であなたが得られるメリット

  • 皮膚の構造がわかる
  • メラニン発生のメカニズムがわかる
  • 皮膚のターンオーバーの知識が身に付く
  • ステマサイトに騙されなくなる

 

皮膚のターンオーバーってなあに?

ターンオーバー
ターンオーバー (turnover)は物事の入れ替わりやその速度・割合などを意味する単語。

出典:Weblio辞書

 

Weblio辞書によると上記のような説明がありましたが、皮膚のターンオーバーに関してはちょっと意味合いが違います。

 

皮膚の構造とメラニン

デリケートゾーンや乳首が黒ずむメラニンのメカニズムの記事で、メラニン発生に関しては詳しく説明していますのでそちらも参照していただきたいのですが、ここではメラニン発生に関して簡単に説明します。

 

皮膚とメラニン

 

表皮細胞(ケラチノサイト)に紫外線、摩擦、女性ホルモンやなどの刺激があると、メラノサイト

 

メラニンを発生させて皮膚の表面を守ってください。

 

という情報が伝えられます。

 

メラノサイト内でつくられたメラニンが、表皮細胞(ケラチノサイト)に次々と受け渡され、蓄積すると黒ずみやシミになります。

 

海でナンパ待ち

「日光浴をすると日焼けをする」というのが分かりやすいと思います。

 

皮膚の奥に紫外線や刺激が伝わらないようにメラニンが皮膚表面にカーテンを作ってくれるんですね。

なので、メラニンは人間にとってなくてはならない大切なものです。

 

しかしメラニンは放っておくとシミや黒ずみの原因になるため、できるだけ日焼けなどはしない対策が必要です。

若いうちは目立ちませんが、年齢を重ねていくとシミが増えるのは、このメラニンが皮膚の中に残存してしまうからです。

デリケートゾーンや乳首の黒ずみの原因はこのメラニンのせい

お尻のイメージ

デリケートゾーンや乳首、ワキなどの黒ずみの原因もこのメラニンによるものです。

ジャムウ石鹸や、黒ずみソープなどの商品は、「皮脂汚れ、角質汚れ」を落とすだけなので、メラニンによる色素沈着には効果がありません。

また、「男性経験が無いのにデリケートゾーンや乳首が黒ずんでしまってどうしたら良いのかわからない」といった悩みを抱える中高生が多いですが、ここまで説明したようにデリケートゾーンや乳首が黒ずんでしまう原因はメラニンなので、男性経験の数は関係ありません。

メラニンが発生してしまう原因を簡単に説明すると、

  • 紫外線
  • 摩擦
  • 刺激
  • ホルモンバランスの乱れ

が関係していると言われています。

詳しくはデリケートゾーンや乳首が黒ずむメラニンのメカニズムの記事を参照してください。

 

皮膚のターンオーバー周期を知る

前置きが長くなりましたが、黒ずみの原因はメラニンであることと、メラニン発生の原因もなんとなく分かったと思います。

例えば夏場に日焼けして、そのうち皮がむけていずれは元の皮膚の色に戻りますが、これが皮膚のターンオーバーによるものです。

 

皮膚の構造とメラニンの関係

 

皮膚は、外側から「表皮」「真皮」「皮下組織」の3層構造となっています。

表皮はさらに、「角質層」「顆粒層」「有棘層」「基底層」の4つの層に分かれ、基底層で随時新しい細胞が生まれ、表面に押し上げられていきます。

そして、最終的には古くなった細胞が垢として皮膚表面からはがれ落ちていきます。

これが「皮膚のターンオーバー」です。

皮膚のターンオーバーは個人差があり、約4週間~6週間の周期でターンオーバーが繰り返され、つねに新たな細胞に入れ替わっています。

 

年齢を重ねるごとにターンオーバー周期は長くなるため、年を取るとニキビや怪我の治りが悪くなります。

 

顔などにシミができてしまう原因

顔のシミ

主に顔に現れるシミの原因は、長年紫外線を浴び続けることで肌がダメージを受け、皮膚の再生能力が低下してしまうから。

若いころに「日焼けした肌がカッコいいから」と日サロや海などで日焼けを繰り返していた人ほど、年を取ってからシミだらけの顔になったりします。

皮膚の再生能力が低下してしまうことで皮膚のターンオーバーのサイクルが乱れ、本来はがれ落ちるはずのメラニンを貯めこんだ細胞がそのまま滞ってしまうことで「シミ」になってしまうのです。

 

シミの大きな原因としては2つ

  • 紫外線、摩擦、ホルモンの異常などによる刺激によって、メラニンがたくさん作られてしまう
  • ターンオーバーが正しく行われず、メラニンを貯めこんだ細胞が滞ってしまう

 

皮膚のメラニンの排出とターンオーバー周期との関係【まとめ】

日焼けとメラニン

 

ここまでの内容を整理すると以下のようになります。

  • 皮膚が黒ずんでしまう主な原因はメラニン
  • メラニンが発生する原因は「紫外線」「摩擦」「刺激」「ホルモンバランスの乱れ
  • 皮膚はターンオーバー4週間~6週間)で生まれ変わる
  • 度重なる紫外線や刺激によってターンオーバーが正しく行われず、メラニンを貯めこんだ細胞が滞ってシミ黒ずみになる

 

妊婦さんの乳首やデリケートゾーンが黒ずむ原因は同じで、性ホルモンのエストロゲンの分泌が激しくなり、メラニン色素の生成を促進するからと考えられています。

出典:性ホルモンと性ホルモン結合蛋白による皮膚メラニン産生の検討

 

成長期もこのエストロゲンの分泌が激しいので、デリケートゾーンが黒ずんで悩んでいる中高生の女の子が多いのもそのためだと思います。

出典:成長のしくみと最近の成長ホルモン治療の進歩 – 小児保健研究

 

皮膚は放っておいてもターンオーバーによって新しい皮膚に生まれ変わりますが、度重なる紫外線や刺激によってターンオーバーが正しく行われず、メラニンを貯めこんだ細胞が溜まってシミや黒ずみの原因になることはわかりましたね?

だから黒ずみクリームを使って1週間では黒ずみは改善されないんですね。

最低でも4週間~6週間は必要だということがわかりました。

 

ですので、黒ずみクリーム(メラニン抑制効果がある医薬品や医薬部外品)は使用開始から1~2か月は様子を見ないと効果が分からないということです。

もう少し余裕をもって3か月で効果が見られなかったら止めるという選択で良いでしょう。

あなたが使っている黒ずみクリームがそもそもメラニンを抑える効果が無い可能性もありますので、こちらのカテゴリも参照してみてください。

黒ずみの悩み解決方法

Iラインの黒ずみは平均的に赤黒いと言われていますが、「黒ずみの悩み解決方法」カテゴリではデリケートゾーン(Vライン、Oライン)やバストトップ、脇などの黒ずみを解決する場合に『使わない方がよい商品』や、黒ずみケアに失敗しない方法に関する記事を紹介しています。

黒ずみ改善クリームのおススメ

500件の口コミから選んだデリケートゾーン黒ずみクリームランキングTOP3+α
黒ずみ改善効果が全く見込めない「黒ずみ石鹸ランキング」やステマばかりのランキングサイトに騙されないためにも、ちゃんとした根拠説明がされた黒ずみケアのランキングを探した方が良いです。このページでは500件の口コミ情報を元に、価格や返金保証条件なども加味したランキングを紹介しています。

 

デリケートゾーンケアに関する気になる単語で探してみよう。
あなたが探している情報に出会えるかも?

 

 

タイトルとURLをコピーしました