Twitterはこちら⇒@Blackeningcare

お問い合わせ⇒運営情報&フォーム

Twitterはこちら⇒@Blackeningcare お問い合わせ⇒運営情報&フォーム

デリケートゾーン・乳首・脇などの黒ずみを本気で治したい?

黒ずみの悩み解決方法 黒ずみの原因 悩み解決方法

本当の黒ずみケア

 

絶対に知っておきたいデリケートゾーンや乳首、脇などの黒ずみケアに関する情報をわかりやすく解説しました。

各項目では簡潔に説明しているので、より深く知りたいなら関連記事に詳細説明があります。

じっくり本気で黒ずみを解消したいなら、この記事をブックマークし、関連記事を少しずつ理解することが、結果的にあなたの黒ずみの悩みを解決する最短の近道かもしれません。

 

500件の口コミをもとにした黒ずみクリームランキングはここ>>>黒ずみクリームランキングTOP3

そもそも黒ずみが発生する原因をわかっていない

なぜ黒い

  • 石鹸ランキングに騙される
  • 間違えた検索の仕方をしている
  • 原因を知ることこそ重要

順番に解説します。

石鹸ランキングに騙される

黒ずみ石鹸は全く効果が無い

 

石鹸ランキングに騙されます

 

「水泳の授業で着替える時、自分だけ乳首が黒くて引いた」とか、「友達と温泉に行ったらビキニラインやIラインなど、自分だけやたらと黒いことに気づいた」など、黒ずみに気が付いて次にとった行動が

「○○ 黒ずみ」と検索

これだけだと、検索結果で「黒ずみに効果がある石鹸25選」などが表示され、それを信じてジャムウ石鹸などを使い続ける人が結構多いのです。

 

  • 1個二千円以内で買えるので、安くケアできると思ってしまう
  • 販売ページの説明文通り皮脂汚れや角質汚れを落とせば治ると思ってしまう
  • 楽天などでかなりの口コミ件数があるので効果があると信じてしまう
  • インドネシアのジャムウやアーユルヴェーダが効果があるという文言に騙される

 

このページを最後まで読めば理解できますが、皮脂汚れや角質汚れを落としただけでは、黒ずみは解消されません

楽天などの通販サイトでは購入者の口コミ件数がかなり多いため、『効果ありそう』と錯覚してしまいますが、その口コミをよく読む実際に黒ずみが改善されたという口コミは殆どありません

なぜなら石鹸には黒ずみの根本原因を治す効果は無いからです。

 

どうしても黒ずみ石鹸を試したいなら、購入者の口コミをもう一度よく見てください。

黒ずみが改善されたという口コミは殆ど無い事に気づくはずです。

 

関連記事

デリケートゾーンの黒ずみ対策はクリームと石鹸どっちがいい?
デリケートゾーンや乳首の黒ずみ対策でクリームと石鹸のどっちがいいか迷っている人が多いですね。このページを読めばデリケートゾーンや乳首の黒ずみ対策に石鹸にはほとんど効果が無いことが分かります。ではクリームが良いのか?というと、、、、???

 

間違えた検索の仕方をしている

ランキング1位だったクリームが黒ずみ改善効果が無い

 

「黒ずみ クリーム」や「黒ずみ 石鹸」と検索している

 

上の石鹸の話と共通し、黒ずみに気が付いて次にとった行動が、

  • 「〇〇 黒ずみ クリーム」
  • 「○○ 黒ずみ 石鹸」

という検索をし、解決策をすぐに探そうとする人が多いです。

 

  • 「黒ずみ 石鹸」では効果が無い
  • 「○○クリームを実際に試したレビュー」のようなレビューサイトは100%ステマ
  • 「クリームランキング」も全く順位根拠説明がないステマが多い

 

「黒ずみ クリーム」や「黒ずみ 石鹸」という探し方をすると「黒ずみ石鹸25選」「〇〇クリームを実際に試した30女のレビュー」「クリームランキング35」などのサイトが検索結果にでてきます。

ですがそれらは、効果のない石鹸や、単なるステマ(ステルスマーケティング)のレビューサイト、大企業がタイアップ商品をランキング上位にしているステマランキングばかりが検索上位に出てくるので、それを鵜呑みにして使っても効果が無い可能性があるのです。

 

【要注意】ステマレビューサイトに気を付けて!

よくある商品購入レビューサイトでは、「コックリとしたテクスチャーがうんたらかんたら 」と購入者の感想が述べられていますが、100%ステマです。

ステマレビューサイトの例

単にその商品をあなたに売りつけたいだけのサイトなので、そういうサイトの情報を鵜呑みにしてはいけません。

また、そういうレビューサイトの感想は、使ったその人だけの主観なので、あてになりません。

良い商品でも悪い商品でもあなたに売りつけたいがためにホメることしかしません

 

関連記事黒ずみの原因をなぜ探さないの?

500件の口コミをもとにした黒ずみクリームランキングはここ>>>黒ずみクリームランキングTOP3

黒ずみの原因を知ることこそ重要

デリケートゾーンの黒ずみの原因

 

「○○ 黒ずむ原因」と検索するのが正解

 

ここまで説明したように、結果をすぐに求めたがる女性が思いのほか多いので驚きです。

 

  • 「石鹸はどれがいい?」「クリームはどれがいい?」と探す人が多い
  • 黒ずみの原因を知らない人が意外と多い
  • 「デリケートゾーン 黒ずみ 石鹸」と調べる人月1300件、「デリケートゾーン 黒ずみ 原因」で調べる人月480件

 

デリケートゾーン・乳首・脇などが黒ずむ原因はメラニンなのです。

そのメラニンをケアしない限りはあなたが悩んでいる黒ずみはいつまで経っても解消されないでしょう。

 

黒ずみの原因のメラニンケアこそ本当の黒ずみケア

ターンオーバー

  • メラニンってなあに?
  • メラニンはなぜ増える?
  • どうすれば減少させられる?

順番に解説します。

メラニンってなあに?

メラニン発生のメカニズム

 

皮膚が黒ずむ原因はメラニン色素によるもの

 

乳首やデリケートゾーン、脇などの黒ずみは、石鹸の販売ページに書いてあるような、皮脂汚れや角質汚れだけではないはずです。

わかりやすい例では、中学生になるころから急に乳首が黒くなってしまったなど、毎日お風呂で洗っているのになぜ?ということがありますよね?

逆に言えば、お風呂に入る回数が毎日⇒2日に1回、3日に1回と減ったことで乳首やデリケートゾーンに黒ずみが多くなったのであれば、石鹸でも黒ずみがある程度は落ちるかもしれませんが、そうではありませんね?

 

  • 成長期とともに乳首が黒くなった
  • デリケートゾーン(VIOライン)がいつの間にか黒ずんだ
  • 脇がいつの間にか黒ずんだ
  • ヒジ、ヒザ、くるぶしなどいつの間にか黒ずんだ

 

特に乳首が黒くなったという例がわかりやすいですが、黒ずみが発生する原因は皮脂汚れや角質汚れなどではなく、メラニン色素によって黒ずみが発生してしまうということなら納得できるのではないでしょうか。

だから石鹸には黒ずみを解消する効果がほとんどないと言っているのです。

あと、乳首やデリケートゾーンが黒ずむのと、男性経験とは全く関係がありません。

 

関連記事黒ずむメラニンのメカニズム

 

メラニンはなぜ増える?

メラニン発生の原因

 

生活の中で増える理由と、増えざるを得ない『時期』があります

 

メラニン色素が増えてしまう原因は以下の内容。

 

  • 紫外線
  • 摩擦(刺激)
  • 不摂生(ストレス)によるターンオーバーの乱れ
  • 妊娠期や成長期のエストロゲンの増加によるメラニンの増加

 

日サロや日光浴による紫外線の影響、カミソリなどでの度重なるシェービングによる刺激や摩擦、ケヌキによる無理な脱毛による刺激、無理な姿勢や運動などによるヒジやヒザへの刺激や摩擦、体に合っていない下着の着用、生理用品などによる摩擦など。

これらは皮膚が体の奥の組織を守ろうとしてメラニンを発生させ、皮膚表面にカーテンを作るイメージで、海での日焼けが想像しやすいですね。

妊娠期や成長期には性ホルモンのエストロゲンが急激に分泌されるせいで、メラニンが生成され黒ずみの原因となります。

妊婦さんの乳首が真っ黒になったりするのが分かりやすい例。

中学生や高校生が乳首やデリケートゾーンの黒ずみを気にするのも同じ原因です。

 

関連記事黒ずみの原因メラニン生成を促進してしまう刺激とは?

 

どうすれば減少させられる?

ターンオーバー説明

生活の中で気を付けるポイント・対処方法があります

 

普段の生活で気を付けるべき点と、妊娠期や成長期で増えてしまう黒ずみは対策が違ってきます。

 

  • 紫外線、摩擦、刺激、不摂生(ストレス)によるターンオーバーの乱れを避ける
  • ターンオーバーによるメラニンの排出を待つ(約6週間)

 

紫外線、摩擦、刺激はなるべく避ける生活を送ること。

不摂生(ストレス)は、睡眠不足を避け、規則正しい生活を送ることで皮膚の新陳代謝を活発にし、正常な皮膚のターンオーバーを促します。

妊娠期はどうしてもメラニンの発生は避けられないので、産後ターンオーバーによって元に戻るのを待つしかありません。(約6週間)

成長期の場合も同じくメラニンが増える傾向にありますが、どうしても気になるようなら次の項目で紹介する内容を試してみてください。

 

ターンオーバーの関連記事⇒メラニンの排出とターンオーバー周期との関係

500件の口コミをもとにしたメラニンケアクリームランキングはここ>>>黒ずみクリームランキングTOP3

知っておきたいメラニンケア

メラニンケアの種類

  • 美容整形外科や皮膚科のレーザー施術
  • ピンクインティメイトでメラニンケア
  • 医薬部外品クリームを使う

順番に解説します。

美容整形外科や皮膚科のレーザー施術

クリニックのデリケートゾーンの黒ずみ施術

 

レーザー治療なら短期間でメラニンを減らせます

 

一番手っ取り早くほぼ確実にメラニンを除去できるのが、美容整形外科や皮膚科のレーザー治療です。

 

  • インティマレーザーなら小陰唇の黒ずみを3日で減少できます
  • レーザートーニングやピコレーザーは低価格ですが、時間がかかります

 

ですがやはり治療代は高く、相場は

  • インティマレーザー治療10万円~
  • ピコレーザー治療3万円~
  • レーザートーニング1万円~

ピンクインティメイトでメラニンケア

ピンクインティメイト(ピンクインティメント)

ピンクインティメイトも効果は高い

 

意外と知られていないメラニンケアの方法で、美容整形外科や皮膚科で施術、購入できる「ピンクインティメイト」があります。

 

  • 相場は1瓶(3ml)1万円以上するので高額
  • 利用者の口コミでは効果が無かったという話は無い
  • 皮むけする場合があるので必ず医師の管理のもと購入する

 

医療機関でしか施術か、購入できないので当然効果は高い。

しかし1回1万円以上と、高額なため実際に試した人の生の口コミが少ない。

皮むけするなどのリスクもある。

 

関連記事

ピンクインティメイト(ピンクインティメント)の効果の口コミは?
「ピンクインティメイト(ピンクインティメント)」に関して、実際に黒ずみ改善効果があるのか?口コミ情報は?などを調べました。楽天で買えるのか?東京ならどこに行けば買える?などの情報もあります。

500件の口コミをもとにしたメラニンケアクリームランキングはここ>>>黒ずみクリームランキングTOP3

医薬部外品クリームを使う

医薬部外品

 

医薬部外品じゃないとメラニン抑制効果がない

 

黒ずみに効果がありそうなクリームでもメラニン抑制効果が無い物は効果は薄いです。

メラニン抑制の成分が配合されているのは厚生労働省が「メラニン抑制効果があると認めた」成分が配合されている医薬部外品だけです。

 

  • クロキュアアットノンは医薬品ですが、メラニン抑制効果は無い
  • オロナイン、ニベアも同様。黒ずみ解消効果は殆ど見込めない
  • 海外製のハイドロキノンクリームはかなり危険なので使わない

 

TVでクロキュアやアットノンのCMを観て、黒ずみに効果がありそうと購入する中高生が多いですが、どちらもメラニン抑制効果がある成分は配合されていないので、ほとんど効果は見込めません。

オロナインやニベアもなんとなく効果がありそうに思えますが、メラニン抑制成分は全く入っていないので効果無し。

これらは2千円以下と安価なため中高生が試したがりますが、ほとんど効果はありません。

安価という理由から、海外製(インド製)のハイドロキノンクリームを試そうとする若者が急増していますが、ハイドロキノンは本来医師の管理のもと使うべき成分で、皮膚トラブルに見舞われる若者が多いのでやめた方が良いです。

 

関連記事

クロキュアやアットノンは股やVライン(VIO)の黒ずみに効果がある?
日本人のIラインの黒ずみは平均的に赤黒いと言われていますが、Vライン(ビキニライン)、Iライン、Oラインなどのデリケートゾーンが黒ずんでいる人が、股にアットノンやクロキュアを使ってみたという話をよく聞きますが、果たしてそれらに効果はあるのでしょうか?
オロナインやニベアは平均的に赤黒いIラインの黒ずみに効果はある?
日本人のIラインの黒ずみは平均的に赤黒いと言われていますが、デリケートゾーン(Vライン、Iライン、Oライン)の黒ずみを治すのにオロナインとニベアは効果があるのか?
【恐怖でしかない】海外製の黒ずみケアクリームの危険性【閲覧注意】
デリケートゾーンや乳首、ワキの黒ずみを治そうとして海外製の黒ずみクリームを使うのって実はかなりヤバいんですよ。知ってました?

 

医薬部外品でもおススメとそうでもない物がある

研究・開発

  • 公式サイトが無いような商品はおすすめできない
  • 楽天やAmazonのおススメ商品はプラシーボ効果の可能性がある
  • 公式サイトがあり、開発に力を入れている商品こそおすすめ

順番に解説します。

公式サイトが無いような商品はおすすめできない

探す

 

その商品の公式サイトが無い=商品開発に力を入れてない

 

いくら探してもその商品やメーカーの公式サイトすらない商品は、商品開発に力を入れていない可能性があります。

 

  • Amazonや楽天で口コミ件数が多いからと言って必ずしも良品とは限らない
  • 公式サイトが無い商品はたいていどこのメーカーが作っているのかがわかりづらい

 

売れていそう、人気がありそうという商品でも、製造販売しているメーカーが分かりづらかったり、メーカーを調べても公式サイトすら無いような商品は「商品開発力が弱い」「商品開発に力が入っていない」「わけのわからないメーカー製」の可能性があります。

「とりあえず医薬部外品の成分を入れておけばなんとかなるっしょ」的な商品が多く、スキンケアなどの関連商品が無かったり、その商品の開発に至った経緯、コンセプトなども全く不明です。

 

あなたは自分の大事な皮膚に付けるクリームが、どこのメーカーがどういう考えをもって開発したか?ということには興味ありませんか?

 

500件の口コミをもとにしたメラニンケアクリームランキングはここ>>>黒ずみクリームランキングTOP3

楽天やAmazonのおススメ商品はプラシーボ効果の可能性がある

Amazon楽天人気商品で効果が無い

 

口コミ情報を精査してみると実際の効果は???

 

Amazonや楽天で売れ筋、おすすめと言う名目で売れていても、購入者レビューをよく見ると本当に効果があったのか?というのが結構怪しかったりします。

 

  • 売れている人気商品かと思いきや、単に[PR(広告)]枠の商品だったりする
  • 口コミをよく見ると、3日や1週間で黒ずみ改善効果を感じたというあり得ない内容が多い
  • 口コミ件数や評価点が高くても、効果と関係ない口コミが多い

 

Amazonや楽天で上位表示されているからと言って必ずしも効果がある商品とは限りません。

上位表示させるために[PR(広告)]枠というお金を払って上位で紹介される商品もあります。

口コミ件数が多い理由も「商品レビューを書いたらクーポンプレゼント」などのキャンペーンの可能性が大きいので、購入してすぐに書き込まれた口コミが多い。

上で説明した皮膚のターンオーバー周期を考えると、3日や1週間で黒ずみが改善された口コミというのはまずあり得ません。

こういう売れている商品、口コミが多い商品という先入観のせいで『プラシーボ効果』が働いている可能性があります。

そういう商品は「発送が早くて★5」「期待を込めて★5」といった忖度レビューが多い傾向にあり、効果に対してレビューがされているわけではありません。

 

関連記事

ピュア ピンククリームは黒ずみ解消の効果があるのか口コミ等から検証
「ピュア ピンク クリーム」は黒ずみケアクリームでは人気があり、口コミ件数も多くわりと平均評価点も高いようですが、本当に効果があるのか、配合されている成分や口コミを検証して効果があるのか探ってみました。
【徹底分析】enavisエナヴィスホワイトニングTAクリームの口コミ
「enavisエナヴィスホワイトニングTAクリーム」はデリケートゾーンや乳首、脇などの黒ずみ改善効果は本当にあるのか?使用されている成分と、口コミ内容を分析し、買いか買いではないかを探ってみました。
黒ずみclarice(クラリス)ホワイトクリームの口コミを調べたら衝撃の事実発覚
clarice(クラリス)ホワイトクリームはAmazonや楽天で販売されている黒ずみ対策のクリームです。Amazon、楽天ともにかなりの数の口コミ情報がありますが、本当に黒ずみ改善効果があるのか、徹底的に調べているうちに意外なことがわかりました。

 

公式サイトがあり、開発に力を入れている商品こそおすすめ

黒ずみケアクリーム

 

商品の公式サイトやメーカーの公式サイトがある商品は開発力がある

 

商品やメーカーの公式サイトがあり、関連商品もわかりやすいメーカーこそ信頼度が高いと言えるでしょう。

わかりやすい良い例としては、

  • ブラジリアンワックス専門店スタッフが開発に携わっているイビサシリーズ
  • スキンケア化粧品などを他にも販売している(株)ビズキ
  • 湘南美容外科クリニックと共同開発しているホスピピュア

 

開発にどのようなスタッフが携わっているのか?どのようなメーカーが作っているのか?ということがちゃんとわかる商品ほど信頼度が高いと言えるでしょう。

あなたは全く無名でどこのメーカーが、どんなコンセプトで作っているかもわからないような商品を、大事なデリケートゾーンや乳首、脇などに塗る勇気がありますか?

100均コスメで満足している程度ならそんなにこだわりは無いでしょうけど。

 

関連記事

 

タイトルとURLをコピーしました