SNSフォローボタン
Twitterはこちら⇒@Blackeningcare
お問い合わせ⇒運営情報&フォーム
Twitterはこちら⇒@Blackeningcare お問い合わせ⇒運営情報&フォーム

イビサクリームとイビサセラムProの違い(全成分・価格)を徹底比較

イビサセラムプロ イビサクリーム 黒ずみクリームの違いを比較。買うならどっち?
イビサセラムプロとイビサクリームの成分を比較

 

知っていましたか?イビサセラムPro

 

イビサクリームは色々なサイトで黒ずみケアNO.1と紹介されてるけど、実はその上位版のイビサセラムProがあることを知らない人は多い。

 

日本人のIラインの黒ずみは平均的に赤黒いと言われているけど、黒ずみケアのイビサクリームとイビサセラムProはいったい何が違うの?

この記事を読むことであなたが得られるメリット

  • イビサセラムProとイビサクリーム両方の全成分の効果がわかる
  • イビサセラムProとイビサクリームの口コミ情報がどうなのかがわかる

 

それでは早速両方の商品の成分を見てみましょう。

イビサセラムProとイビサクリームの違い⇒全成分を比較

イビサセラムProとイビサクリームの公式サイトで公表されている全成分表を元に比較表を作成しました。

イビサセラムプロとイビサクリームの成分を比較

 

イビサセラムProとイビサクリームの違い 【全成分比較表】

イビサセラムとイビサクリームの全成分比較

 

    • イビサセラムProとイビサクリームの【有効成分】と【その他成分】でそれぞれ分けて、【同じ成分】と【違う成分】で並べました。
    • 全成分比較表内の成分は主な成分で分類。上にあるからといって分量が多いということではありません。
    • 色々な効果が見込める成分もありますが、その中でも主な効果として1つだけ挙げました。

 

イビサセラムProとイビサクリームの違い 全成分比較
 イビサセラムPro主な効果イビサクリーム主な効果
     
同じ
有用成分
グリチルリチン酸2K抗炎症グリチルリチン酸2K抗炎症
     
違う
有用成分
アスコルビン酸
2-グルコシド
黒ずみ改善トラネキサム酸黒ずみ改善
 アルブチン黒ずみ改善  
     
同じ
その他成分
1,2-ペンタンジオール保湿1,2-ペンタンジオール保湿
 濃グリセリン保湿濃グリセリン保湿
 フェノキシエタノール防腐フェノキシエタノール防腐
 カモミラエキス-1抗炎症カモミラエキス-1抗炎症
 BG保湿BG保湿
     
違う
その他成分
プルーン酵素分解物黒ずみ改善アルピニアカツマダイ
種子エキス
黒ずみ改善
 キウイエキス黒ずみ改善ウメ果実エキス黒ずみ改善
 チンピエキス抗炎症党参抽出物
加水分解液
黒ずみ改善
 マロニエエキス抗炎症油溶性甘草エキス(2)黒ずみ改善
 加水分解コラーゲン末抗炎症オウゴンエキス抗炎症
 タイムエキス-1保湿ローズ水保湿
 グリコシル
トレハロース・
水添デンプン
分解物混合溶液 
保湿大豆エキス保湿
 サクシニルアテロ
コラーゲン液
保湿乳酸Na液保湿
 ヒアルロン酸Na-2保湿シクロヘキサンジ
カルボン酸
バリア機能
 ビスエトキシジ
グリコール 
保湿ジラウロイル
グルタミン酸
バリア機能
 オウバクエキス抗菌ステアロイルフィト
スフィンゴシン
バリア機能
 無水クエン酸抗酸化天然ビタミンEバリア機能
 ピロ亜硫酸Na抗酸化メチルフェニル
ポリシロキサン
ベース
 カルボキシ
ビニルポリマー
増粘軽質流動
イソパラフィン
ベース
 キサンタンガム増粘サクラ葉抽出液抗アレルギー
 ヒドロキシエチル
セルロース
増粘ポリアクリルアミド増粘
 POE(60)硬化ヒマシ油乳化水添大豆リン脂質乳化
 リシンナトリウム液乳化  
 クエン酸Naph調整  
 水酸化Kph調整  
 ジエチレントリアミン5
酢酸5Na液
キレート  
 ヒドロキシエタンジ
ホスホン酸液
キレート  
 ジイソステアリン酸
グリセリル
ベース  
 スクワランベース  

 

ただ成分を見ただけでは何のことか良く分からないですね。

イビサクリームとイビサセラムProの【有用成分】の説明

それぞれに入っている有用成分の説明です。

 

両方に入っている有用成分説明

まずイビサセラムPro(イビサセラムプロ)とイビサクリームの両方に入っている有用成分で、グリチルリチン酸2Kに関して簡単に説明します。

 

グリチルリチン酸ジカリウム、グリチルリチン酸二カリウム、グリチルリチン酸K2、グリチノンK2とも呼ばれます。

 

グリチルリチン酸2K(グリチルリチン酸ジカリウム)・・・漢方の原料としても知られる甘草の根に含まれる成分で、炎症を抑え、肌荒れやニキビのケアに効果を発揮します。ほかにも見込める効果として、抗アレルギー、刺激緩和、抗瘙痒、バリア改善など多岐に渡ります。
 

次にそれぞれに入っている有効成分で違う成分に関して説明します。

イビサクリームに入っている有用成分説明 【トラネキサム酸】

イビサクリーム(比較用)イビサクリームに入っている有用成分のトラネキサム酸は、歯磨き粉のCMでもよく耳にする成分ですね。

トラネキサム酸は5,000円前後の黒ずみケア商品で、同じ価格帯の医薬部外品ではたびたび使われている成分です。

 

 

トラネキサム酸・・・アミノ酸の一種で、黒ずみの原因になるメラニン発生の要因のひとつと考えられるメラノサイト活性化因子「プラスミン」や「プロスタグランジン」をブロックすることで、メラニンの発生を抑制する作用がある

 

5千円前後だと美白成分としてトラネキサム酸を使うか、水溶性プラセンタエキスのどちらかを使った商品が多いです。

 

5,000円前後の価格帯で美白クリーム等を販売しようとするとトラネキサム酸か水溶性プラセンタエキスを使うのがコスト的に合うのでしょう。

 

黒ずみケアクリームの成分比較表を参照してみてください。

500件の口コミから選んだデリケートゾーン黒ずみクリームランキングTOP3+α
黒ずみ改善効果が全く見込めない「黒ずみ石鹸ランキング」やステマばかりのランキングサイトに騙されないためにも、ちゃんとした根拠説明がされた黒ずみケアのランキングを探した方が良いです。このページでは500件の口コミ情報を元に、価格や返金保証条件なども加味したランキングを紹介しています。

 

イビサセラムProに入っている有用成分説明

イビサセラムプロイビサセラムProに入っている有用成分は、アスコルビン酸2-グルコシドアルブチンでした。

 

 

このイビサクリームに入っていなくてイビサセラムProに入っている有用成分の違いが2つの商品の価格差を示しています。

 

このアスコルビン酸2-グルコシドアルブチンは、上で紹介した「黒ずみケアクリームの成分比較」の他の5〜6,000円台の黒ずみケア商品には含まれていない有用成分です。

 

全商品の全成分表を見ましたが、アルブチンは値段の安い黒ずみクリームには含まれていない成分ですね。

 

アスコルビン酸2-グルコシドがスゴイ

アスコルビン酸2-グルコシド・・・皮膚に存在する酵素で分解されてビタミンCになり、細胞内で生理的効果を持続的に発揮します。
紫外線や摩擦などの外部刺激、ストレスなどによってメラニンを生成するメラノサイトという細胞に「メラニン作って~」という情報伝達がされます。
情報を受け取ったメラノサイトはユーメラニン(黒化メラニン)を作り出します。
メラノサイト内でのメラニン生合成は、アミノ酸の一種のチロシンに活性酵素のチロシナーゼが結合してドーパドーパキノンへと変化し、最終的に黒化メラニンが合成されるのです。
アスコルビン酸2-グルコシドはこのユーメラニン(黒化メラニン)が作られる過程の中で、「ドーパキノンをドーパに還元 [色素沈着抑制作用]」と、「黒化メラニンを淡色メラニンに還元 [メラニン淡色化作用]」という働きをします。

1992年に林原生物化学研究所によって公開された技術情報によると、アスコルビルグルコシドには、有意な色素沈着の淡色化が認められています。

1997年の岡山大学薬学部の、「紫外線におけるアスコルビン酸の効果検証」においても、アスコルビルグルコシド配合クリームを塗って、紫外線照射後9日目の皮膚黒化度を比較したところ、15人中11人(73%)色素沈着抑制効果が示された研究結果が発表されています。

そう!このアスコルビン酸2-グルコシドこそイビサセラムProの公式サイトで紹介されている「ビタミンC誘導体」のことなんですね!

 

ビタミンC誘導体

 

アスコルビン酸2-グルコシド(ビタミンC誘導体)にはメラニン発生を抑える黒ずみ改善効果がありますが、他にも皮膚に塗った際に生体内にアスコルビン酸として吸収され、コラーゲン産生作用を示すことも確認されています。

コラーゲン産生増強によって皮膚内の水分量が維持されて、肌のハリのある若々しい抗老化作用もあるという研究結果(2003年・林原生物化学研究所)が出ています。

 

でもそんなにメラニン抑制効果やコラーゲン産生増強効果があるなら、副作用とかはないの?

 

アスコルビルグルコシドは副作用はない?

アスコルビルグルコシドの現時点での安全性は、

  • 医薬部外品有効成分
  • L-アスコルビン酸とα-グルコシル糖化合物などとを経口摂取することにより生体内で生成および代謝される物質
  • 10年以上の使用実績
  • 皮膚刺激性:ほとんどなし
  • 眼刺激性:詳細不明
  • 皮膚感作性(アレルギー性):ほとんどなし

これらの結果から、化粧品配合量および通常使用下において、一般的に安全性に問題のない成分であると考えられます。

(参考文献:化粧品成分オンライン

じゃあ心配いりませんね。

あともう一つのアルブチンはどんな成分なのでしょうか?

 

イビサセラムProのもひとつの有用成分【アルブチン】とは?

アルブチン・・・『アルブチン』は資生堂が開発した成分で、メラニンをつくる「チロシナーゼ」という酵素の働きを阻害する作用によって、過剰なメラニンの生成を抑制。
シミ・ソバカスができるのを防ぐ効果が期待されています。特許期間が終了したため、現在は多くのメーカーの美白化粧品にも使用されています。

なんと資生堂が開発した美白成分だったとは!多くの美白化粧品でも使用されている成分。

資生堂が開発した成分。もう少し詳しく知りたいな。

 

メラニンがメラノサイトという細胞で作られる話は先ほどしましたが、アミノ酸のチロシンに活性酵素のチロシナーゼが結合し、チロシンが酸化することでドーパ、ドーパキノンへと変化して、結果的に黒化メラニンが合成されます。

アルブチンチロシンとチロシナーゼが結合することを阻害することでメラニンの発生を抑える効果があります。

1990年の資生堂のヒトに対する有用検証では、40名の被験者に対し3%のアルブチン配合エッセンスを塗布(1日3回、6日間の合計18回)し、紫外線を1日1回⇒連続3日間照射。

21日後に黒化度を肉眼判定したところ、全体の90%が皮膚の黒化を抑えることができたと報告されています。

 

アルブチンには副作用とか無いのかな?

 

アルブチンは副作用などはあるか?

アルブチンの現時点での安全性は、

  • 医薬部外品有効成分
  • 10年以上の使用実績
  • 皮膚刺激性:10%以下濃度においてほとんどなし
  • 眼刺激性:10%以下濃度においてほとんどなし
  • 皮膚感作性(アレルギー性):10%以下濃度においてほとんどなし

これらの結果から、化粧品配合量および通常使用下において、一般的に安全性に問題のない成分であると考えられます。(参考文献:化粧品成分オンライン

アルブチンも問題なさそうですね。

 

イビサセラムProとイビサクリーム成分比較ではイビサセラムProが勝ち

全成分比較表を見ると、一見イビサクリームの方が黒ずみ改善効果がある成分が多く入っているように思いますが、「アスコルビン酸2-グルコシド」と「アルブチン」は医薬部外品(薬用)の有用成分として配合されているので、黒ずみ改善効果がある成分の配合量は多いということです。

そもそも定価が倍以上違うので、イビサセラムProの方が成分的に勝っているのは当たり前といえばそれまでですが。

ビタミンC誘導体のアスコルビン酸2-グルコシドや、高級美白化粧品でも使われているアルブチンが配合されているイビサセラムプロは、5000円台の価格帯の商品に配合されていない成分が配合されているので、デリケートゾーンの黒ずみケア商品の中でも値段がちょっと高いのかもしれません。

 

イビサセラムProに関する詳細は公式サイトで確認できます。

イビサセラムPro公式サイト

口コミや最安値情報などのレビューはこちらの記事を参照してください。

イビサセラムProの効果と口コミと最安値の買い方
日本人のIラインの黒ずみは平均的に赤黒いと言われています。この記事ではイビサセラムProはVライン、Iライン、Oラインなどのデリケートゾーンの黒ずみに効果があるのかどうか、口コミ情報があるか検証しました。

 

イビサクリームに関する詳細は公式サイトで確認できます。

イサビクリーム公式

口コミや最安値情報などのレビューはこちらの記事を参照してください。

人気のイビサクリームはVIOラインの黒ずみへ効果なし?
日本人のIラインの黒ずみは平均的に赤黒いと言われています。脇やVIOの黒ずみに人気のイビサクリームは果たして本当に効果があるのでしょうか?ステマサイトが多く本当に効果があるのかどうかわからないという話も多いイビサクリームですが、「キュア デリケートゾーン」では実際に使った人たちの口コミ情報を徹底的に調べました。

 

徹底検証イビサクリームとイビサセラムProの口コミを比較

イビサセラムProとイビサクリームの口コミ比較  

イビサクリームイビサセラムPro口コミ比較して見れないかな?

 

イビサセラムProの口コミ情報に関して

残念ながら大手通販サイトではイビサセラムProは売り切れていた&購入者レビューも見つかりませんでした。

 

  • 「イビサセラムプロの口コミ・効果!34歳の私の黒ずみに塗った肌画像あり」
  • 「【効果ない?】イビサセラムProの口コミとイビサクリームの違いは?」
  • 「イビサセラムproの口コミ評価@イビサクリームとどこが違う?」

 

これらのようなレビューサイトには効果アリ効果なしといった口コミ情報が沢山書いてありますが、まあ多分創作の可能性が大きいでしょう。

そういう口コミの文章は幾らでも考えつきますから。

それを証拠にこれらサイトの口コミ情報には出典元が全く紹介されていません

いわゆるステマというやつですね。あまり信じない方が良いです。

 

アットコスメには口コミ情報がありましたが、全てモニターによる忖度レビューなのであんまり当てにはなりませんね。

 

アットコスメの忖度レビューを一応2~3掲載しておきます。(リンククリックで出典元の口コミレビューが見られます)

 

ちゃんと効果を感じられたので今後に かなり期待してます。
使用して2週間になりますが 少しづつ黒ずみが薄くなったように感じます。トロミのあるテクスチャーでしたが伸ばすと水のように軽いので 塗りやすいです。(アットコスメ★6・28歳モニタープレゼントレビューから一部抜粋

使用してまだ間もなくお肌のターンオーバーの周期もあるので、黒ずみの効果はまだわかりませんが、とにかく使用後すごくお肌がふっくらなめらかになります。
黒ずみのきっかけは乾燥もあると思うし、その点は早くから改善されている感じでお肌にハリと潤いが出ます。この状態をキープすることによって、黒ずみからサヨウナラでき、透明感のあるお肌になれそうでかなり期待がもてます!(アットコスメ★6・40歳モニタープレゼントレビューから一部抜粋

透明なとろみがある美容液でぬってすぐ浸透してるのがわかる。べたつきがなくすぐ服を着ても気にならない!
お肌のターンオーバーがあるから効果でるまで2、3ヶ月かかるみたいで使ってみてまだ1週間くらいだからまだ実感できてないけどお値段的にも期待ができるから毎日続けてみたい!(アットコスメ★4・25歳モニタープレゼントレビューから一部抜粋

 

ここには書いてないけど、「コックリとしたテクスチャー」と言っている表現の意味が分かりません!

「こっくりとした」=「色合い・味などに落ち着いた深みのあるさま」ということらしいですが、アットコスメの口コミでは度々使われる表現ですね。(ほかに「化粧品=この子」など)

実は私もよくわかりませんが、「トロッとしてる」みたいな感じではないでしょうか。

 

1つ目の忖度レビューでは「使用して2週間で黒ずみが薄くなった」とありますが、皮膚のターンオーバー周期を考えるとちょっとあり得ないでしょう。

2つ目3つ目はさすがアットコスメの忖度レビュアーだけあって、色々と美白化粧品を試した経験があるのか、ちゃんと皮膚のターンオーバー周期に関して触れられていました。

3つ目の忖度レビューにあるように、メラニン対策は2~3か月はかかるので、例え忖度レビューであっても勉強にはなりましたね。

 

イビサセラムProを実際に2~3か月使った人たちの「ガチの声」はネット上にはなかなかありませんでしたが、上で説明した成分の内容から考えると効果はかなり期待できると思います。

イビサクリームを実際に使った人たちの口コミ情報 【効果なし】

イビサクリームは実際に購入した人たちの口コミ情報が幾つかあったので、効果が無いという口コミと、効果があったという口コミに分けて紹介します。

出典元もはっきりさせてあるので、気になる人はリンク先を確認してみてください。

効果ない

インスタの広告で見て購入。
使い切りましたが、効果は感じられませんでした。(楽天レビュー★1

産後の黒ずみに。
一本使い終わりましたが1ミクロも変わりませんでした。2本目を使って効果があるようですが値段も値段なので2本目を買う勇気がでません。(Amazonレビュー★1

1ヶ月毎日丁寧に使いきりましたが、全く効果無し。
お金返して欲しいです。(Amazonレビュー★1

 

 

イビサクリームを実際に使った人たちの口コミ情報 【効果アリ】

効果がある

Iラインに使用(かなり色素沈着してます)
1ヶ月目→特に変化なし
心が折れそうになりましたが続けることにしました。
2ヶ月目→本人が気づく程度には変化(他人から見たら誤差程度かもしれません笑)
変化が見られたため2本目の購入を決意。
3ヶ月目→1ヶ月目の写真と比べ明らかな変化

日焼けが戻るのに時間がかかるのと同じように、黒ずみ系も短期では効果が出ないのだと思います。長期で考えている方&2本目の購入をいとわない方にオススメだと思います。(Amazonレビュー★5

三ヶ月目で効果がでてきました。デリケートゾーンの黒ずみに使用したところ三ヶ月目で明らかに薄くなり、その後も塗り続けて最終的に5ヶ月で元の肌にもどりました。(Amazonレビュー★5

1ヶ月ほどVラインに使用しましたが目に見える高価がないため、諦めかけたのですが、かぶれるということもなかったので根気よく2ヶ月使用しましたが、1.5ヶ月くらいで少しずつ黒ずみが薄くなってきたような気がして、2ヶ月目には高価が実感できるくらいになりました。(Amazonレビュー★5

 

 

イビサセラムProとイビサクリームの口コミ情報【まとめ】

口コミ

イビサクリームの効果が無いという口コミで多いのは、1本1か月しか使っていないで結果を判断しているということ。

逆に効果があったという口コミでは2~3か月以上使ったら効果が出たという人が多いことがわかります。

 

女医さんポイントイビサセラムProやイビサクリームのような黒ずみ改善クリームはメラニンの抑制をして黒ずみを改善するものです。

なので皮膚の奥で生成されたメラニンが排出されるまでは最低でも4週間~6週間という「皮膚のターンオーバー周期」を考えなくてはなりません。  

個人差や若い世代と年齢を重ねた世代、生活習慣などによってもターンオーバー周期には違いがあるので、このターンオーバー周期を待たずして効果のあるなしを評価するのは早合点と言えます。

これはイビサセラムProとイビサクリームに限らずほかの黒ずみケアクリームなどでも同じ現象なのでこれを機会に是非覚えておきましょう。

どんなに優れた黒ずみクリームでも、ターンオーバー周期を考えて4週間~6週間は様子を見ないと評価できないんですね。

皮膚のターンオーバー周期に関してはこちらの記事を参照。

Iラインの黒ずみの原因メラニンの排出とターンオーバー周期との関係
日本人のIラインの黒ずみは平均的に赤黒いと言われているけど、Vライン、Iライン、Oラインなどのデリケートゾーンの黒ずみクリームはなぜ1週間では効果が分からないの?なぜ皮膚は黒ずみが発生するの?皮膚のターンオーバーってなあに?

 

イビサセラムProとイビサクリームの口コミ比較の結論
  • イビサセラムProは高いので本物の購入者レビューがあるサイトが無い。
  • イビサクリームは2~3か月程度で効果を感じる人が多い。
  • 口コミ情報では比較の判断ができない

 

イビサセラムProとイビサクリームの全成分の違い、口コミ比較をした結論

まとめ  

そもそも価格帯が違う黒ずみケアクリームなので、どっちがよいか?と比較すること自体おかしいのかもしれませんが、「予算が許す限り」でどっちを買えばよいか決めればよいと思います。

 

使用されている成分に期待するならイビサセラムPro イビサセラムプロ
イビサセラムProは値段が高い分、黒ずみ改善効果がある成分としては上で説明したようにアルブチンとビタミンC誘導体にどれだけ期待するか?ということになります。
大人気のイビサクリームの上位版なのでこちらの方が効果が高い可能性は十分にあります。
イビサセラムProを出来るだけ安く購入する方法はこちらの記事。 

 

時間がかかっても値段を抑えたければイビサクリーム イビサクリーム
3か月程度で効果を感じる人が多いイビサクリーム。
価格はイビサセラムProの半値程度なので、じっくりと腰を据えて黒ずみ改善をするならイビサクリームの方がコスパは良いでしょう。
イビサクリームは公式サイトでまとめ買いをすればさらに安く購入できるので、それを検討しても良いと思います。

イビサクリームを出来るだけ安く購入する方法に関してはこちらの記事

 

イビサセラムプロに関する詳細は公式サイトで確認できます。

イビサセラムPro公式サイト

イビサクリームに関する詳細は公式サイトで確認できます。

イサビクリーム公式サイト

 

イビサセラムPro、イビサクリームほか黒ずみ対策関連リンク

総当たりになっていませんが、人気黒ずみクリームの成分や価格などの購入条件を比較しました。

人気黒ずみクリーム成分・価格比較
ハーバルラビットイビサクリーム比較を見る
イビサセラムProイビサクリーム比較を見る
ピンキッシュボーテイビサクリーム比較を見る
ホスピピュアイビサクリーム比較を見る
ホスピピュアVIOイビサクリーム比較を見る
ホスピピュアホスピピュアVIO比較を見る

 

デリケートゾーンや乳首の黒ずみを治すケアクリーム比較・ランキング

500件の口コミから選んだデリケートゾーン黒ずみクリームランキングTOP3+α
黒ずみ改善効果が全く見込めない「黒ずみ石鹸ランキング」やステマばかりのランキングサイトに騙されないためにも、ちゃんとした根拠説明がされた黒ずみケアのランキングを探した方が良いです。このページでは500件の口コミ情報を元に、価格や返金保証条件なども加味したランキングを紹介しています。

 

デリケートゾーンや乳首の黒ずみ改善や解決に関する特集記事はカテゴリ一覧からご覧ください。

Iラインの黒ずみは平均的に【赤黒い】バストトップ・脇が黒いのを治そう
そもそも日本人(アジア人)のような黄色人種の場合、Iラインの黒ずみは平均的に【赤黒い】ものです。摩擦や刺激、ストレスなどによっても黒ずみが発生してしまうため、どういうケアをすれば、バストトップ・脇・Iラインの黒ずみをケアできるのか?ということをこの際勉強しましょう。

 

デリケートゾーンケアに関する気になる単語で探してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました