デリケートゾーン(VIOライン)の黒ずみがひどい場合のケアの方法とは?

デリケートゾーン・乳首・脇の黒ずみ解消方法

デリケートゾーン(VIOライン)の黒ずみがひどい場合のケアの方法とは?

デリケートゾーンVIO)の黒ずみケアの方法としてネットには様々な情報がありますが、中にはウソで適当な情報も多々あります。

あなたはそんなウソの情報に振り回されたくはないですよね?

黒ずみの根本的な原因である「メラニン」に対し、どの対策が黒ずみに効果があるのか『クロズミケア』が分かりやすく説明します。

あなたがもし、「黒ずみケアで失敗したくない!」と考えているならこの記事はかなり参考になるはずです。

【あなたの予算に応じた】黒ずみケアの費用と効果一覧【成功率の高い方法】

あなたがもし、「黒ずみケアで失敗したくない!」と考えているならこの記事はかなり参考になるはずです。

【あなたの予算に応じた】黒ずみケアの費用と効果一覧【成功率の高い方法】

「デリケートゾーン(VIO)の黒ずみがひどい場合のケアの方法」この情報ウソ?ホント?

「VIOラインなどのデリケートゾーン・バストトップ・脇の黒ずみケア」この情報ウソ?ホント?

まずはインターネット上にあふれている黒ずみケアの情報が、ウソなのかホントなのかをわかりやすく説明します。

美容整形外科・皮膚科のレーザー治療による黒ずみ解消効果を100点とした場合、他の項目がどれくらいの効果があるのかを表しています。

「デリケートゾーン(VIO)・バストトップ・脇の黒ずみ改善」ネット情報の信ぴょう性

デリケートゾーン(VIO)などの黒ずみの原因となるメラニン抑制効果のない順になっています。[情報を見る]をクリックで『クロズミケア』の情報ページが見られます。

「デリケートゾーン(VIO)・バストトップ・脇の黒ずみ改善」ネット情報の信ぴょう性
情報の内容情報の信憑性黒ずみ解消効果価格帯参照ページ
ニベア
黒ずみ改善
根拠のない噂レベル0点使用禁止情報を見る
オロナイン
黒ずみ改善
根拠のない噂レベル0点使用禁止情報を見る
クロキュア・アットノン
黒ずみ改善
根拠のない噂レベル0点使用禁止情報を見る
ワセリン
黒ずみ改善
根拠のない噂レベル10点予防レベル情報を見る
黒ずみ石鹸
黒ずみ改善
石鹸販売業者の
煽り
10点予防レベル情報を見る
医薬部外品
黒ずみ改善
2~3か月から
効果が出だす
70点4000円~情報を見る
ハイドロキノン&トレチノイン
黒ずみ改善
市販品は×
医師の処方の物は〇
75点4000円~情報を見る
美容整形外科、
皮膚科のピンクインティメイト
1か月目から
効果が出だす
80点10000円~情報を見る
美容整形外科、
皮膚科のレーザー治療
小陰唇なら1回、
大陰唇は1回~5回
100点8000円~情報を見る

「デリケートゾーン(VIO)・バストトップ・脇の黒ずみケア」ネット情報の信ぴょう性 解説

デリケートゾーン(VIO)・バストトップ・脇などの黒ずみケアの評価点は、科学的な観点や口コミ情報をもとに『クロズミケア』で独自評価しました。

ひとつひとつの項目に関する説明はここでは割愛しますので、気になる情報があれば各[情報を見る]欄から詳細を確認してください。

ワセリンや石鹸はすでにメラニンの色素沈着してしまったVIOラインやバストトップ、脇の黒ずみを改善する効果は無く、黒ずみを予防するレベルでしか使えません。

クロキュアやアットノンも成分を見ると、メラニンの色素沈着には効果がないことがわかりました。

VIOラインやバストトップ、脇の黒ずみがひどい場合に、ニベア、オロナイン、ワセリン、石鹸などを使って黒ずみをケアできると思っているなら即刻辞めた方が良いでしょう。

美容整形外科のレーザー治療はレーザートーニングが8,000円くらいから、インティマレーザーが10万円前後しますが、当然インティマレーザーの方が効果は高いです。

黒ずみケアに効果が見込める商品を22の候補から3つに絞ってみた記事も参考になるでしょう。
22商品から徹底的に黒ずみケア商品を3つにしぼると?

レーザー脱毛でデリケートゾーン(VIO)の黒ずみがひどい!←大ウソ

レーザー脱毛でデリケートゾーンの黒ずみがひどい!←大ウソ

Vライン、VIOライン、Oラインなどのデリケートゾーンの黒ずみがひどいと悩んでいるあなたの為に、いろいろと情報収集をしているうちにあるサイトが目に留まりました。

レーザー脱毛や光脱毛ではデリケートゾーンは黒くなりません

「レーザー脱毛をしていてデリケートゾーンの黒ずみがひどくなった⇒イビサクリームを使いましょう」

このサイトの説明ではレーザー脱毛の紫外線が原因でデリケートゾーンに黒ずみができてしまい、最終的にはイビサクリームで治しましょうという内容でした。

イビサクリームは黒ずみ解消効果が有ると、当サイトでも推奨していますが、気になったのは

実はレーザー脱毛も、紫外線と似たような効果を持っているんです。

という説明。

紫外線と似たような”効果”っていう日本語もおかしいですけど????

医療レーザー脱毛は紫外線と似たような効果?があるのか徹底的に調べました。

やっぱ効果っていうのはおかしい。

この場合「作用」とか「影響」って言うべきよね?

レーザーは波長の長さによって特定の色や物質に反応する性質があります

脱毛に使われるレーザーには

  • ルビーレーザー(694nm/ナノメートル<以下同>)
  • アレキサンドライトレーザー(755nm)
  • ダイオード(半導体)レーザー(800nm)
  • Nd:YAGレーザー(1064nm)

の波長があります。

これらは毛の黒い色素(メラニン色素)にのみ反応する性質があり、照射するとレーザーの熱が毛の黒い部分に吸収され毛全体に広がり、毛を作り出す組織を破壊します。

シミや皮膚がんの原因や、Vライン、VIOライン、Oラインなどのデリケートゾーンの黒ずみの原因のメラニンを生成するのは紫外線ですが、脱毛で使用するレーザーは人体に無害な赤外線に近い波長です。

脱毛で使われるレーザーの波長と紫外線、赤外線の波長が分かりやすく説明されているのが、聖心美容クリニックでした。

聖心美容引用

引用:聖心美容外科クリニック「レーザーと波長の図」

引用元:聖心美容クリニック

この聖心美容クリニックのレーザーと波長の図を見ると一目瞭然ですが、脱毛で使うレーザーの波長は紫外線よりも赤外線に近いものだということが分かります。

結局レーザー脱毛でデリケートゾーンの黒ずみがひどくなったという話は、憶測か創作である可能性が高いということで、単にイビサクリームを紹介したいだけのアフィリエイトサイトということです。

ちなみに『クロズミケア』でもイビサクリームやイビサセラムPROに関しては色々と検証していますので参考にしてみてください。

イビサクリームをもっと知りたいイビサクリーム関連記事

デリケートゾーン(VIO)の黒ずみがひどい場合のケアの方法とは?【まとめ】

VIOラインの黒ずみがひどい場合のケアの方法とは?【まとめ】

デリケートゾーン(VIO)、バストトップ、脇の黒ずみがひどい場合、改善するのに失敗しない方法としては、

  1. 美容整形外科、皮膚科のレーザー治療
  2. 美容整形外科、皮膚科のピンクインティメイト
  3. ハイドロキノン・トレチノインで黒ずみ改善(医師の処方のみ)
  4. 市販の医薬部外品で黒ずみ改善

の4つが効果が高い方法でしょう。

1と2に関しては、デリケートゾーンの黒ずみを美容整形外科で治すには?を参照。

3のハイドロキノンに関しては、デリケートゾーンの黒ずみに市販のハイドロキノンはおすすめできない理由を参照。

4の医薬部外品に関しては、500件の口コミから選んだデリケートゾーン黒ずみクリームランキングTOP3を参照。

↓黒ずみケアで失敗しない商品選びをするなら?
黒ずみケアクリーム総合ランキングはこちら

タイトルとURLをコピーしました